車を売却したいは必見?車売却の詳細な方法を解説<必要手続き編>

大切に乗ってきたはじめての愛車、いよいよ手放すときがやってきました。 売却する理由は様々だと思いますが、必ずつきものなのが売却手続き。 それってどうすればいいの?業者さんはどこまでやってくれるの?自分は何をすればいいの? 気になる売却の流れをまとめてみました!

まずは車をどこに売るか決めましょう!

テキスト:車を売却するには大きく分けて下記の三つの方法があります。

①中古車買取り業者に売る。
②ディーラーに下取りしてもらう。
③個人売買

この3つの選択肢の中から自分の希望に合った方法を選択しましょう。

次に、車の査定相場を知りましょう!

大切な車ですから、できるだけ高く買取って欲しいですよね。
ディーラーに下取りしてもらう場合でも、個人で売買する場合でも、自分の車の大体の売却価格を知っておくことは、大いに参考になるでしょう。
そうした売却価格を知るには、インターネットの一括査定が便利です。

一括査定サービスのサイトの案内です。こちらの外部サイトにて詳しく書かれています。

それは、一度の入力で多くの買取店に網を掛け複数社の査定を競争させることのできる一括査定サービスです。

出典:http://curentee.com/

一括査定を利用すれば、たった数分の簡単な入力で複数社の査定を一度に比べることができます。

出典:http://curentee.com/

相場がわかるだけでなく、どこが愛車を最高額で買い取ってくれるのかも簡単にわかるのです。

出典:http://curentee.com/

自分に合った売却方法を決めたら、いざ手続きです!

納得のいく価格を提示されたら、いざ売却手続きです。
買取り業者やディーラーに買取りしてもらう場合は、必要書類を揃えたら名義変更も代行してもらえます。
この際、代行手数料が必要になる場合もありますので、必ず事前に確認しましょう。

必要な書類は以下です。

□自動車検査証(車検証)

□自動車税納税証明書

□印鑑証明書

□自賠責保険証

□委任状

□リサクル券

□譲渡証明書

これに実印や、車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合に、住民票も必要になってくる場合があります。
自分のケースに併せて業者に確認を取ってください。

個人売買の場合は、名義変更の手続きを自分で行う必要がある場合があります。
売却する相手をよく話し合って、どちらが名義変更の手続きを行うか決めましょう。

可能であれば、一緒に手続きに行けば、トラブルになりにくいでしょう。

車を売った後、相手が名義変更の手続きをしてくれないと、自動車税の請求が自分に届いてしまいます。自動車税は、毎年4月の時点で車を所有している人に支払い義務があります。

出典:http://www.good-carlife.info/knowledge/personal-trading.html

代金の振込みを確認しましょう!

車の売却代金がいつ振り込まれるのか、契約時に確認しておくと安心です。
確認しておいた場合は、入金予定日に代金の振込みがきちんとあったかを確認しましょう。
また、名義変更、もしくは抹消登録の完了通知を受け取れば、手続きは全て完了です!


個人売買の場合は、代金の支払い段階でトラブルになる事も多いですので、代金と引き換えに車を受け渡すようにすると安心です。
車の名義変更も同様に、代金と引き換えの車両受け渡しが終わった後に、行うようにした方がいいでしょう。
また、個人間の分割払い等も揉める原因になりやすいので、控えたほうが良いでしょう。

難しくない!売却手続き!

いかがでしたか?売却が初めてでも、手続きの流れさえ知っておけば安心できるのではないでしょうか?
車は購入も、売却も、大きな金額のお金が係わってきますので、トラブルのないように取引を終えたいですよね!

車売却の際の、必要書類について記載した、車を売却したいは必見?車売却の詳細な方法を解説<必要書類編>の記事もありますので合わせてご確認ください!

ミスのない車売却を行いましょう!

車の売却に関するおすすめ関連記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す