初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車を売るなら知っておきたい手続きの流れを解説!車売却の査定相場を知る方法も

車を売却する理由は様々だと思いますが、避けては通れないのが売却手続き。でも、車を売る手続きってどうすればいいの? 業者さんはどこまでやってくれるの?自分は何をすればいいの? という方のために気になる車売却の流れや注意点、必要書類や査定相場を知る方法も紹介していきます。

車を売る手続きの流れ

車売却の流れ① 車を売る手段を選ぶ

車 鍵 売却

車を売却するには大きく分けて下記の三つの方法があります。

①中古車買取り業者に売る「買取」
②ディーラーに「下取り」してもらう
③個人売買(オークション)

この中から自分の希望に合った方法を選択しましょう。

中古車買取り業者に売る「買取」のメリット・デメリット

「買取」は、ガリバー、ビッグモーター、カーチス、カーセブン、ラビット、オートバックスなどの中古車買取専門業者に車を売ることを言います。
下取りや個人売買などの売却方法と比較すると、買取価格が高くなりやすいことや、プロがチェックして査定をするので、売却後のトラブルも少ないのがメリットです。

デメリットは、どこよりも高く買い取ってくれる業者を探すためには何店舗かまわる必要があることなのですが、最近は複数の買取業者で大体の相場を簡単に無料で出してくれる「一括査定サービス」があるので、特別な理由がない限りは一括査定で買取業者への売却がおすすめです。

「下取り」のメリット・デメリット

車を購入するときに今乗っている車をディーラーや販売店に売り、購入する車の代金の一部に充てる方法「下取り」と言います。 下取り価格はそれぞれの販売店で用意している基本価格を元に、車の状態を加味して決める方法がほとんどです。

メリットとしては、車の購入する手続きと一緒に下取りもできるので手間が省けること、納車と同時に車の引き渡しができるため、新車が届くギリギリまで車が使えるということでしょう。

逆にデメリットとしては、一括査定をするなどの「買取」と比較すると買取金額が安くなる傾向があります。値段でいうと、下取りと比べて買取の方が16万円以上高くなることもあるようです。

下取りと買取りの差額

個人売買(オークション)のメリット・デメリット

個人売買とは、業者を介さずに個人から個人に車を売る方法のことで、知人に売る場合もあれば、オークション代行やネットオークションを使って車を売る場合もあります。

メリットは、古いことや希少性に応じて高く売れる車を売却する場合や、買い手によっては業者よりも高く売れる可能性があることです。

個人売買は手軽だと思われがちですが、売却後のトラブルが起こる可能性が高い、買取価格も思ったより高くつかない、本来なら買取業者が用意してくれる必要書類をまとめる手間がかかる、などのデメリットがあります。

車売却の流れ② 車の査定相場を知る

値段 価格 電卓 お金

大切な車ですから、できるだけ高く買取って欲しいですよね。自分の車の大体の売却価格を知っておくことは、大いに参考になるでしょう。
そうした売却価格の相場を知るには、インターネットの一括査定が便利です。一括査定を利用すれば一度の情報入力で複数店舗から愛車の査定相場を確認でき、売却することができます。

例えば、「ズバット車買取比較」に一括査定の依頼(無料)をすると、以下画像のように現在の査定相場と、6か月前後の査定相場を提示してくれます。

ズバット車買取の査定相場

一見値段のふり幅が大きすぎて参考にならないように見えますが、ここからさらに複数の車買取業者から詳細な査定相場をメールか電話で連絡してもらい、実際に車を見てもらう流れになります。

車売却の流れ③ 必要書類を集めて売却手続き

書類に記載

納得のいく価格を提示されたら、いざ売却手続きです。
買取店やディーラーに買取りしてもらう場合は、必要書類を揃えたら名義変更も代行してもらえます。
この際、代行手数料が必要になる場合もありますので、必ず事前に確認しましょう。

車売却の必要書類は以下の7種類です。

・自動車検査証(車検証)
・印鑑登録証明書(印鑑証明)
・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)
・自動車納税証明書
・リサイクル券
・譲渡証明書
・委任状

※譲渡証明書、委任状は車買取業者が用意してくれます。

これに実印や、車検証に記載された住所と印鑑証明書の住所が違う場合に、住民票も必要になってくる場合があります。

個人売買の場合は、名義変更の手続きを自分で行う必要がある場合があります。
売却する相手とよく話し合って、どちらが名義変更の手続きを行うか決めましょう。
可能であれば、一緒に手続きに行けば、トラブルになりにくいでしょう。

車売却の流れ④ 代金の振込みを確認

費用 お金

車の売却代金がいつ振り込まれるのか、契約時に確認しておくと安心です。
確認しておいた場合は、入金予定日に代金の振込みがきちんとあったかを確認しましょう。
また、名義変更、もしくは抹消登録の完了通知を受け取れば、手続きは全て完了です!

個人売買でトラブルにならないための注意点

個人売買の場合は、代金の支払い段階でトラブルになる事も多いため、代金と引き換えに車を受け渡すようにすると安心です。
車の名義変更も同様に、代金と引き換えの車両受け渡しが終わった後に、行うようにした方がいいでしょう。
また、個人間の分割払い等も揉める原因になりやすいので、控えたほうが良いでしょう。

車を売るまでにどれくらいの期間(日数)がかかる?

車 お金

「なるべく早めにお金に変えたい」「あまり時間がないので早めに終わらせたい」ということで、車を売るまでにどれくらいの期間がかかるのか気になる方もいるでしょう。

結論から言うと、必要書類がすべて揃っていて査定の内容に納得しているのであれば、車の査定から売却の手続きまで最短で即日(その日のうち)で完了します。
ただし、必要書類をすべて用意するのに時間がかかるので、その日のうちに準備というのは難しそうです。そのため、早めに車を売ってしまいたいという方は必要書類を集めておくといいでしょう。

また、車売却自体が即日で完了したとしても、買取業者のほうでは様々な手続きを行うため、入金(振り込み)までに1週間~1か月かかってしまいます。
早めに車を売った現金が必要という方は、査定の段階で買取業者に「現金買取は可能か」という旨を聞いておくといいでしょう。
現金買取とは、買取後すぐに買取金額を受け取れることで、業者によって対応している場合と、対応していない場合があります。

車を売るなら一括査定がおすすめ!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

「ズバット車買取比較」は、利用者の7割が、下取りと比べて5万円以上の査定金額アップを体験している車の一括査定サービスです。
およそ1分でできる簡単な車種などの情報入力をするだけで、全国200社を超える車買取業者の中から申し込み者の地域に合わせた10社が査定額を提示してくれます。

ズバット車買取比較の流れ

車買取の一括査定サービスは「カーセンサーネット」や「かんたん車査定ガイド」などがありますが、サービス内容に大きな差はなく、ズバット車買取比較は情報の入力項目が少ないので簡単で、査定相場を提示してくる業者の数も最大10社とちょうど良い数(カーセンサーは30社から連絡がくる)なので車を売る際に、「お金や時間をかけずに少しでも高く売れる業者を探したい」という方にピッタリのサービスです。

車の売却手続きは流れを知っておくと安心

車の売却手続きの流れやおすすめの一括車買取査定サービスについて紹介してまいりました。

車の売却が初めてでも、手続きの流れさえ知っておけば安心できるのではないでしょうか?
車は購入も、売却も、大きな金額のお金が係わってきますので、トラブルのないように取引を終えたいですよね!

正しい知識を身に着け、ミスやトラブルのない車売却を行いましょう!

車の売却に関するおすすめ関連記事はこちら!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す