MOBY

復活の超高性能マシン新型フォードGTとは?その実力と話題まとめ

2006年に惜しまれながら生産終了した『フォードGT』。しかし、昨年2015年にデトロイトモーターショーで新型スーパーカー『フォードGT』として復活して、周囲を驚かせました。そして、1966年のルマン24時間レース優勝から50周年たった2016年、遂に販売します。 今回はそんな新型フォードGTの紹介と、様々な新型『フォードGT』にまつわる話題を紹介していきます。

フォードGTとは?

打倒『フェラーリ』から誕生した伝説の車『フォードGT』

フォードGT

出典:http://www.favcars.com/

アメリカのフォードから販売されていた『フォードGT』。これは、1960年にレーシングカーとして誕生した『フォード・GT(またはフォードGT40)』の市販車です。

1960年代、当時ル・マン24時間レースで最強とされていたのがイタリアのスポーツカーメーカー『フェラーリ』でした。
このレースにおいてアメリカは苦渋を舐めさせられ続けました。

そこで誕生したのが『フォード・GT』です。車高が40インチ(1016mm)と驚くべき数値で、当時の記者はこの数字から『フォードGT40』と名付け、その愛称で親しまれました。

当時としては驚異の最大出力500ps/6500rpm、最高時速は330km/hに達していました。

1964年の初参戦は出場車がラップレコードとル・マン初の300km/hオーバーを記録するものの、全車がリタイアするものの、改良を重ねて、来る1966年、最強とされていたフェラーリを退け、優勝。しかも、1-3位を『フォード・GT』で独占するという偉業を達成しました。

1970年のポルシェ・917の優勝まで、GT40は4連覇を達成し、ル・マンにおいて伝説の車として語り継がれました。

伝説の車、市販化へ

フォードGTの画像

出典:http://racingcar.ready.jp/

そんな伝説の車が、2005年-2006年にフォード100周年を記念して限定1,500台で販売されました。

往年の『GT40』を彷彿とさせながら、時代に合わせたスーパーカーとなっています。

車高は当時の40インチではなく44インチほどになっており、V8エンジンを搭載。
最高出力 558PS/6,500rpmにもなります。

限定販売で、日本には正規に輸入されなかったものの、数台が個別で輸入されており、有名なところで、ゲーム『グランツーリスモシリーズ』のプロデューサー山内一典さんが2台所有しています。

価格は現在の日本円で1500万程です。

このフォードGTには幾つかののバリエーションがあり、フォードGTをロードスターに改造した『GTX1』や、フォードGTのガルウイング仕様車『GTB』、最高出力は700hp(約709.7ps)まで引き上げられた『FORD GT700』等が存在します。

高額な車にも関わらず、予約が困難で、限定販売はすぐに終了しました。

出典:http://amesha-world.com/

上は『ヘネシー・パフォーマンス・フォードGT700』の画像です。現在は日本に一台しか存在していない車です。

中古車相場は完全に高値安定。状態次第しだいでは、新車時以上のプレミアム価格となることも珍しくない、現代アメリカを代表するスーパーカーとして君臨している。

出典:http://amesha-world.com/

初めてこの車に乗ってロンドンまで運転すると、まるでハーメルンの笛吹き男のごとき様相を呈してしまった。周りの人たちはこぞって写真を撮り、手を振り、私に向かって親指を立ててきた。私は15年間にわたって車のテストをしてきたが、これほどまでに人を寄せ集めた車はなかった。しかも、集まった人は誰もが好意的だった。

出典:http://blog.livedoor.jp/

待望の新型フォードGTの誕生!

時代に沿った新型フォードGTとは?

新型フォードGT

そして2015年、デトロイトで開かれたモーターショーでフォードは三台の車を発表しました。
一台はピックアップトランクのF-150ラプター、2台目はシェルビーマスタングGT350のサーキット仕様ともいえるGT350R、どれも素晴らしい車の発表でしたが、その2台ですらただのお膳立てにしか過ぎなかったのです。

その車が新型『フォードGT』です。1966年に表彰台を独占してからちょうど50年、『GT』シリーズでは3代目にあたります。

復活に驚いたのは当然のことながら、新型『フォードGT』は今の時代に合ったスーパーカーとして再誕しました。
先代の『フォードGT』は全体的に初代を踏襲したデザインでしたが、新型は敢えてコンセプトのみを生かし、スタイリッシュなフォルムに仕上げました。
空気を切り裂いて進むような流線型のボディは航空機から着想を得て、今の時代を感じます。
ボディにはカーボンファイバーとアルミニウムを合わせ、大幅な軽量化に成功。
リアスポイラーにはアクティブ・リアスポイラーを採用し、走行速度やドライバーの操作に反応して、高さや角度が可変するとされています。

エンジンはV8エンジンではなく、フォード自慢の環境エンジン、3.5LV6エコブーストエンジンを使用、このエンジンはツインターボも搭載し、600ps以上をたたき出す史上最強のエコブーストとなる。

ガルウィングを上げると、そこにはさながらF1マシーンのような、運転席というよりはコックピットという方が相応しい風景があります。

シートは固定式の為、ステアリングやペダルなどはドライバー個人で調整出来るようです。
ウインカーやワイパーのレバーはなく、全てスタアリングのスイッチ類で操作が出来ます。

最新テクノロジーを存分に組み込んだ、今の時代にあった新型『フォードGT』がこの車です。

購入は極めて困難?

この新型『フォードGT』。世界中の車好きが注目し、入手したいと考えるでしょうが、その入手は極めて困難とされています。

先ずは価格。フォード車史上最高額と考えられる、日本円で約4,200万円とされています。
また販売台数は前期と後期に分けられており、250台づつの合計500台の限定販売です。

第一弾の注文はすでに終了しており、販売は2016年の後半に購入者の元に届く予定ですが、250台に対して7000件もの申し込みがあったそうです。

しかも、抽選で運よく買えるわけではありません。フォード社は、購入優先者として、先代のフォードGTの所有者や、フォード車を多く購入していたり、所有している人を優先するとされています。
また、所有するためにはには幾つかの条件もあります。

一つが、購入者は一定期間この車を所有すること。これは、転売をさせないためです。
次に、ディーラ側には条件が出されています。
ディーラは、取り扱いには少なくとも3万ドル(約320万円)のサービス・センターへの設備投資が必要とされています。
これは例えば、クリーンルームと呼ばれる作業場の新設、またはそれに準じた現行施設の改造の費用です。
この作業場には専用の台車セットが必要で、それにも費用がかかります。

また、フォードGTの保証修理には輸送サービスが含まれているため、オーナーの自宅や職場からフォードGTを輸送するためのトレーラーの購入も求められています。

購入者にも厳しい選定がされていますが、ディーラ側にも厳しい条件が突きつけられています。

これは、購入者がスーパーカー並みの保障やサービスを受けれる環境を提供したいと考えるフォードのこの車に対する『愛』ともいえるものでしょう。

購入者の審査が終了!

2016年8月16日、前述した、新型「フォードGT」の購入を巡った審査が終了し、応募者にはすでに結果が知らされているようです。
新型フォードGTを購入することができる500人はどのようにして選ばれたのでしょうか。
フォードは審査に当たって、応募者にフォード車の所有歴やスーパーカーの運転頻度などについては質問しなかったそうです。そういった審査の中で、スーパーカーに乗る有名「YOUTUBER」やプロヂューサーを通過車として選んだため、フォードファンたちの間では大きな議論となりました。
フォードに長年乗り続けてきた真のファンの存在は無視し、宣伝効果のある有名人を優遇するのか、という怒りでしょう。

宣伝効果ばかりを考え、フォードが購入者審査を行ったのなら、フォードファンの怒りはもっともですが、製品開発責任者のナイール氏の発言で、実は新型フォードGTの購入者審査を通過した69%の人は過去のフォードGTのオーナーであることが判明しました。
さらに、同氏は、「フォードGTオーナーに価する応募者の期待に応える」とこれから生産台数を増やす可能性を示唆しました。

やはり、フォードのファンへの愛は健在だったようですね。

新型『フォードGT』の評判

新型フォードGTの評判はすでに高く様々な所で、期待を口にされています。






また、フォードの公式サイトには新型スーパーカー「GT」のコンフィギュレーター(個人の仮想で色付け等が出来る)サイトがあり、様々な記者や車通が、こぞって自分の『フォードGT』を発表しあったりもしています。

期待からの表れでしょう。

こちらから、フォードGTのコンフィギュレーターのサイトにいけます。購入出来ない方でもイマジネーションで自分なりのGTを創り、気分だけでも味わえるかもしれません。

【最新】新型フォードGTの生産が2年延長される!

Ford-GT

出典:http://www.carscoops.com/

新型フォードGTの生産スケジュールが2年間延長されるそうです。生産予定台数500台に対して購入希望者6500人となったことが今回の生産スケジュールの延長の原因のようです。このスケジュール延長によってプラス500台の新型フォードGTが生産されるそうです。

またこの2年間の延長によってFIA WEC(World Endurance Championship)」や「IMSA WSCC(WeatherTech SportsCar Championship)」といった耐久レースへの参加も2019年まで延長されることになったとのこと。

新型『フォードGT』の動画

またLM GTE Proカテゴリ用レースマシンも発表しています。
その走行動画が下の動画です。

選ばれた者しか乗れない伝説のフォードGT

伝説が記念すべき年に復活し、周囲を熱狂させた新型『フォードGT』。生産台数は先代と比べ、大幅に少なくなりましたが、希望者はその数ははるかに超えています。

金額、条件、倍率と激しい競争を勝ち抜いた者しか、この新たな伝説のステアリングを握ることは許されません。
すでに、購入者を選ぶ審査は終了したようですが、日本での購入者は現れるのでしょうか?
気になるところです。

復活の名車に関連するおすすめ記事!

アメリカ車に関連するおすすめ記事!

フォード GTが驚きの落札価格に!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す