MOBY

運転免許証に必要な視力の最低ラインは?眼鏡やコンタクトはOK?

運転免許証の取得条件には、年齢以外にも視力、運動能力などが細かく設定されています。しかし、眼鏡やコンタクトを使用している方は、どのくらい目が見えればいいの?と不安になってしまいますよね。最低ラインはどこか、矯正器具は付けたままでいいのかなど、取得時や更新時の視力検査について詳しくまとめました!

運転免許証には、取得条件がある!

「車の免許取得は18歳から」というのは皆さんご存知だと思いますが、実は取得条件はそれ以外にも存在します。

視力や運動能力などが運転できない数値だと見なされると、18歳に達していても取得できない場合があるのです。
具体的にはどんなものがあるのでしょうか?見てみましょう。

運転免許に関する様々な知識や、過去問集を見ることができます。

AT限定普通免許の受験資格              
年齢は?  18歳以上でないと受験できません。
視力は?  両眼で0.7以上、1眼でそれぞれ0.3以上(矯正視力を含む)
     1眼が見えない人は、他眼の視野が左右150度以上で
     視力が0.7以上であること。
色彩識別能力は?  赤色、青色、黄色の識別が出来ること。
聴力は?  10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえること。
     通常の会話ができれば大丈夫です。(聞こえること)
     第一種免許、仮免許については、補聴器使用の聴力を含む。        

出典:http://www5b.biglobe.ne.jp/

MT普通免許の受験資格 
年齢は?   18歳以上でないと受験できません。
視力は?  両眼で0.7以上1眼でそれぞれ0.3以上(矯正視力を含む)
      1眼が見えない人は、他眼の視野が左右150度以上で
      視力が0.7以上であること。
色彩識別能力は?  赤色、青色、黄色の識別が出来ること。
聴力は?   10メートルの距離で、90デシベルの警音器の音が聞こえる
      こと。
      通常の会話ができれば大丈夫です。(聞こえること)
      第一種免許、仮免許については、補聴器使用の聴力を含む。          

出典:http://www5b.biglobe.ne.jp/

なるほど~。
AT限定免許とMT免許では、さほど条件の差はないようです。

中でもかなり細かく指定されているのが「視力」ですが、眼科に行く機会がなければなかなか普段検査はしないものですから、自分がどの程度なのか把握するのが難しそうですね。

一体どの程度あればよいのか?免許によって求められる視力が違うのか、加齢による衰えはどうするのかなど、詳しく見ていきましょう。

視力は免許によって基準が違う!

前項では普通自動車免許の条件についてお話しましたが、実は視力の規定は免許の種類によって違います。

大型、中型免許や二輪免許の場合はどのくらい視力を求められるのでしょうか?

 原付免許、小型特殊免許の視力の合格基準は、両眼で0.5以上、又は一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上です。

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

 普通第一種免許、中型第一種免許(8t限定中型)、二輪免許、大型特殊免許の視力の合格基準は、両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上、又は一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上です。

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

 大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)やけん引免許、第二種免許の視力の合格基準は、両眼で0.8以上で、かつ、一眼がそれぞれ0.5以上、さらに、深視力として、三桿(さんかん)法の奥行知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内です。

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/

このように、視力検査の基準は大まかに「原付、小型特殊」「普通自動車、中型第一種(8t限定)、二輪、大型特殊」「大型第一種、中型第一種(限定なし)」で分けられます。

大型と中型第一種免許(限定なし)の場合、気になるのが「深視力」ですよね。
一体どのような検査が行われるのでしょうか?

深視力とは、「視力」と名が付いていますが、一般的に言われる視力とは違い、両眼視機能と呼ばれる眼の能力のうち、遠近感や立体感を感じる動的な遠近感の判断能力のことです。

出典:http://www.optnet.org/

視力検査と同じ器械でやるのですが、覗きこむと3本の黒い棒が見えます。両側の棒は固定されていて、真ん中の棒だけが前後に動きます。3本が同一線上に並んだ時に、ボタンを押すという検査です。これがなかなか真ん中の棒が動いているように見えないのです。

出典:http://www.k5.dion.ne.jp/

深視力の検査は遠近感や立体感を測るものだということですが、苦手とする人も多いようです。
どうして車を運転するのにそんな特殊な検査が必要なの?と思われるでしょうが、大型や中型自動車は車体が大きい分周囲の車との距離感が分かりにくいので、事故を防ぐためにも必要なことなのです。

全然受かる気がしない!という方のために、深視力検査のコツについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。

①棒の太さを見て、同じ太さになったところで押す。②少し斜めから見て、距離感を測る。③始めますと言われて3秒後に押す。④睡眠をよくとり、朝一に行くのは避ける。⑤検定前は、目を閉じて休める。

出典:http://www.k5.dion.ne.jp/

⑥器械から20ないし30センチ離れて覗きこむ。⑦動かない棒の1本を注視する。⑧メガネで、左右の視力差をなくす。⑨前に受けた人のタイミングを覚えておく。⑩ネットで、「深視力シミュレータNEOのスクリーンショット」を見る。⑪深視力ソフトを購入する。

出典:http://www.k5.dion.ne.jp/

更新の時にも視力検査があるの?

いくら取得の時に検査しても、歳を取って目が見えなくなってしまったら意味がないんじゃない?と思われるでしょうが、それを把握するため、更新ごとに視力検査の機会が設けられています。

ですから、テレビやパソコンの画面を長時間見ることが多い方、細かい字を読むことが多い方などは、特に気を付けて自分の視力を確認しておく必要があるでしょう。

メガネやコンタクトをしたまま検査できるの?

裸眼での視力に自信がない方は、視力検査も不安ですよね。
ですが、心配することはありません。
普通自動車免許の場合、基本的にはメガネやコンタクトを外さずに視力検査を受けることができるのです。

上記の視力は眼鏡・コンタクトレンズでの矯正、レーシック(視力回復手術)での矯正も可です。

出典:http://www.unten-menkyo.com/

眼鏡やコンタクトレンズで矯正することで視力条件を満たす場合、(眼鏡等)の条件で運転免許証を取得、更新することができます。また普通と大型の運転免許証を持っている人で、普通は裸眼でOKだが大型は眼鏡をかけなければ通らない場合、「眼鏡等(大型車に限る)」という条件になります。

出典:https://gazoo.com/

万が一、眼鏡等の条件付きの運転免許で眼鏡やコンタクトレンズをせずに運転すると、免許条件違反となり、違反点数2点・反則金7,000円となります。事故を起こしてしまうと過失が上乗せされ、自動車保険金の支払いも減額されることがあります。

出典:https://gazoo.com/

メガネやコンタクトをしたまま視力検査を受け、合格した場合は、運転の際矯正器具の着用が義務付けられます。

それが面倒で「コンタクトはしていません」と嘘の申告を行おうとする方もいるようですが、万が一違反や事故を起こした時に恐ろしいことになりますので、絶対にやめましょう。

万が一視力検査に落ちたらどうする?

規定の視力に達していなかった場合は、不合格になってしまうこともあります。
では、不合格になったら二度と免許を取れないのか?といえば、そういうことではありません。

失明しない限りはメガネやコンタクトの矯正器具の度が合っていない、あるいは裸眼の視力が下がっているものと思われますので、一旦取得や更新は中止されますが、再度受け直すことが可能です。

 まず、通常の視力検査の場合ですが、万が一検査に落ちてしまっても当日の
内に再検査、もしくは後日改めて検査をおこなう事になります。
 ただ、その際に注意点が一つあり、免許証の有効期限内に合格出来ない様で
あれば、免許が失効されることになるので注意しましょう。

出典:http://torack7.blog.fc2.com/

万が一基準視力に満たなかった場合、対応は教習所によっても異なりますが、基本的には眼鏡かコンタクトを作ることになります。

出典:https://www.ai-menkyo.jp/

眼鏡やコンタクトを既に持っている人は、それを持って視力検査を行えば問題はありません。持っていない場合には、前述した通り眼科で診察を受けて眼鏡かコンタクトを作らなければなりません。

出典:https://www.ai-menkyo.jp/

安全に運転するため、視力はまめに測っておこう!

いかがでしょうか?運転免許を取得、更新するには、しっかりとした視力が必要になります。
技能も学科も合格したのに視力検査で躓いた方は、まさかこんなことで!?と思われるでしょうが、目が見えなければ事故や違反の確率はうんと高くなりますから、決して不必要なことではありません。

取得や更新の際に手間をかけなくていいように、というのはもちろんですが、車間距離や障害物をすぐに感知できるように、自分の視力は常日頃から把握しておいた方がいいでしょう。
そして、必要ならば眼科にかかり、相応しい度数のメガネやコンタクトを作ってもらってください。

人気の合宿免許の現在の最安値はこちら

└→合宿免許ドリーム

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す