MOBY

運転免許証をAT限定からMTに変更したい!取り直さなきゃダメ?

最初はとりあえずAT限定免許を取得したものの、後からMT免許が欲しくなった!というあなた。MT車の力強い操作は魅力的ですし、就職先によってはMT免許必須の場合もありますよね。しかし、一応運転免許証は持っているのに、また一から自動車学校に通わなければならないのでしょうか?AT限定免許からMT免許への変更方法と、かかる費用について見てみましょう!

AT限定車ってなに?詳しく教えて!

AT限定の方が簡単だよ、特にこだわりがないならATでいいと思うよ……免許取得の際、こんなアドバイスをされたことはありませんか?
操作が比較的容易なため、以前は「女性向け」なんて言われていましたが、昨今はAT限定車の数が増えてきたこともあり、男女を問わず取得者が増加しています。

実際教習時間もMTに比べて短いですし、エンジントラブルが少ないのが魅力です。
しかし、なぜ操作しやすいと言われるのでしょうか?具体的に見てみましょう。

AT車はMT車とは違い、複雑なクラッチ操作がありません。ペダル操作はアクセルとブレーキのみ。覚えることもMT車に比べると少なく、より「早く、安く」取得したい方にオススメです!

出典:http://www.zao-ds.jp/

自動変速機を装備した自動車。シフトレバーやクラッチペダルの操作が不要で,アクセルペダルだけで変速できる。運転が容易なだけでなく,速度・経済性能ともに向上が著しく,近年急速に普及した。

出典:https://kotobank.jp/

つまりAT車は「クラッチ操作がない」というのが一番の特徴なのですね。
エンジンさえ入れてしまえば、あとはアクセルの踏み方だけで減速したり加速したりできます。

山道や坂道では一応ギアをチェンジしますが、基本的にはアクセルとブレーキしか操作する必要がないため、車体の幅や周囲の車との距離感さえ掴めればあとは問題なく運転できるでしょう。

MT車ってどういうもの?詳しく知りたい!

では、対するMT車とは、一体どのようなものなのでしょうか?
既に免許を取得した方々からは、おそらく「MTはATよりも難しくて辛い」「MTの方が楽しい!」と両極端な声を聞くことがあるかもしれません。

しかし実際にMT車は、それだけ人を選ぶ車なのです。
元々運転が苦手な方は教習が上達しなくて辛い!取得しても運転したくない!と思うでしょうし、得意な方、あるいは好きな方はAT車よりもよりテクニックを活かしやすいため、一度運転するとATでは物足りないと思うようです。

MT車とは、簡単に言うとクラッチ操作が必要な車のこと。
教習所ではギアチェンジ(ミッション)の教習を含めた教習を受けることになります。操作がAT車に比べて複雑で、MT車免許を持っている人は、AT車も運転することができます。

出典:http://www.zao-ds.jp/

MT車は両手両足をフルに使って運転する分操作が面倒ではありますが、車を運転する楽しみを味わうにはオススメと言えます。比較的男性が好む免許でもあります。

出典:http://www.zao-ds.jp/

・まず発進の際、クラッチ操作がスムーズでないと急発進したり、
前後にギクシャクする動きをみせることがあります。

・またギアチェンジの際もクラッチ操作がスムーズでないと、
「ガクンッ」というショックが発生します。

・シフトアップやシフトダウンでは、場合によりアクセル操作が必要になりますが、
この操作が正確でないと、やはり「ガクンッ」というシフトショックになります。

出典:http://enjoy1.bb-east.ne.jp/

・ギア操作を間違えて、たとえば2速から3速にシフトアップするはずが、
間違えて5速に入れてしまったりするシフトミスも起こりえます。

・バックするときに、完全に停止する前にギアを入れると「ガリガリッ」と
ギア鳴りを起こしてしまいます。

・信号などで停止する際も、停止する少し前にクラッチペダルを踏むか、
ギアをニュートラルにしないとエンストします。

出典:http://enjoy1.bb-east.ne.jp/

上記のようにMT車は、クラッチ操作が必要な以外にもギアチェンジを間違えたり、アクセル操作が満足にいかなかったりするとトラブルを起こしやすいのです。

「MT車は下手をすればエンジンすらかからない」と言われますが、これは誇張ではありません。
上の動画を見れば分かるように、全身を使って常に操作に気を配らねばならないところが、苦手な方にとっては地獄となり、好きな方にとっては面白みを感じる所以なのです。

やっぱりMT車にすれば良かった!と後悔する人も……

周囲の薦めや、取得する前は運転についてあまり知らなかったこともあり、とりあえずAT限定で免許を取ったものの後から後悔してしまう、なんて方もいます。

免許を取得し、運転し慣れるとどんどん楽しくなって、もっと色々な操作を試してみたいと考えるようになるのでしょう。
または、運送関係やバスやタクシーの運転手、警察関係や自衛隊などに就職するため、MT免許が必要になったという場合もあるようです。

中にはMT車を運転する人の助手席に乗って、カッコよさに気付いた!という方も。
ギアをガチャガチャ軽快に変える様は、確かに頭の回転が速く見えますし、憧れますよね。

AT限定からMTへの変更は、取り直すしかないの?

では、AT限定を取得したものの、やっぱりMT免許が取りたい!と考え直した場合は、一体どうすれば良いのでしょう?
もしかすると、また一から自動車学校に通うしかないの……?と悩む方もいるでしょうが、実はその必要はありません。

AT限定免許を「限定解除」することで、MT免許を取得することができるのです!
詳しい方法について見てみましょう。

運転できる自動車等の種類を限定された免許を受けている人は、限定解除審査に合格することによって、限定の全部又は一部の解除を受けることができます。

出典:http://www.top.in.arena.ne.jp/

AT限定普通第一種免許の限定解除

公安委員会の運転免許試験場(免許センター等)と指定自動車教習所のどちらでも受けることができます。
指定自動車教習所で受ける場合には、あらかじめ最低4時限の技能教習を受けなければなりません。

出典:http://www.top.in.arena.ne.jp/

ちなみにAT限定解除教習に路上運転はありません。全て教習所内で教習は終わります。

出典:http://paperstreet.iobb.net/

また、最短で行ければ「教習4回」+「卒業検定1回」で卒業出来ます。(ただし、教習期限があり、3ヶ月以内に卒業しないと、また最初からやり直しの様です。忙しい毎日を送っている方は要注意!)

出典:http://paperstreet.iobb.net/

このように、限定解除のためには自動車学校で教習を4回以上受けてから、卒業検定に挑戦する必要があります。
合格したら試験場に更新手続きに行き、晴れてMT免許取得です。

ちなみに学科試験は免除、路上教習はなく、全て所内で終わりますから、拍子抜けしたという方もいるでしょう。
しかし、実際には初めてのMT車に苦戦し、補講を受ける羽目になる方も多いようです。

また、普段は自動車学校時代の規則(減点項目)を気にせず運転している方がほとんどでしょうから、そういった意味でも緊張しますね。

限定解除にはいくらくらいかかる?

さて、方法と同じくらい気になるのが、限定解除にかかる費用ですよね。
取得時には平均20万円程度、高ければ30万円以上かかりましたから、たった4回の教習と試験だけとはいえ身構えてしまいます。

限定解除の値段相場は、どのくらいなのでしょうか?

限定解除はいくらかかるのか?? 入学金を含め、最短時限(4限)での相場が4~6万円です。
今まで私が見た一番安いところ・・・卒業生特価として3万円台の所でしたけれども、関東でしたね。 ちなみに私のところは、デイタイムで42000円、フリータイムで48000円でした(入学金、消費税込)

出典:http://tokihakinnari.fc2web.com/

●料金 : 3~6万円(※おおよそ)
●講習時間 : 4~6時限(最低でも)

出典:http://torack7.blog.fc2.com/

このように、大体3万円~6万円程度が相場のようです。
補講の時間数や再試験の回数によっても変わってきますから、余裕をもって7~8万円ほど用意しておけば間違いはないでしょう。

最初の取得に比べると、かなり安い料金で嬉しいですね。
ちなみに、はじめからMT免許を取得した場合でもAT限定より数万円高くなりますから、全体の費用はそこまで差がないと言えます。

MT免許ならAT車も運転できる!

AT限定免許ではMT車が運転できないので、もしかするとMT免許ではMT車しか運転できなくなる!?と考える方もいるかもしれません。
昨今は全体的にAT車が増えていますから、そちらが運転できなくなるのも困りますよね。

しかし、ご安心ください。
MT免許はAT限定免許の上位互換にあたるため、AT車も運転できます。
今のご自分の車がAT車であっても問題なく、今まで通り使うことができますよ。

MTに興味が出てきたら、限定解除して運転の幅を広げよう!

いかがでしょうか?AT車も便利ですが、MT車にも味わい深い魅力があることが分かりますね。
必要に迫られてMT免許を取得する方もいれば、趣味で取る方もいますが、AT車も運転できるため、どちらにしても持っていて損はありません。
ですから、今AT限定免許を持っているけれど、MTも運転したいな……と少しでも思った方は、時間とお金に余裕がある時に限定解除することをおススメします。

中には仕事で車は使わないし、実生活ではAT車ばかり運転しているけれど、それでも好きだからMT免許を取った!という人もいるくらい、MT車は奥深いものです。
両方の操作を知ることによって世界も広がりますから、興味があればぜひ飛び込んでみてくださいね。

人気の合宿免許の現在の最安値はこちら

└→合宿免許ドリーム

免許に関するオススメ記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す