MOBY

スペーシアカスタムおすすめグレードはGS DCBS 2WD CVTかXS DCBS 2WD CVT!違いを比較

スペーシアカスタムは、スズキから販売されるトールワゴン軽自動車であるスペーシアのカスタムモデルです。軽自動車での最大空間を共に作り出しています。充実装備のXSやベースであるGSのデュアルカメラブレーキサポート搭載車が気になります。では、スペーシアカスタムのおすすめグレードを紹介します。

スズキスペーシアカスタムってどんな車?

スズキスペーシアカスタムの特徴

スズキから発売されるスペーシアカスタムは、2013年にスズキパレットの後継としてデビューしたスペーシアの上位版として数ヶ月遅れてデビューしました。
また、女性にも愛されるように設計されたスペーシアに対して、スペーシアカスタムは男性向けという形で販売されています。

スペーシアカスタムは、スペーシア同様に、先代パレットと比べても145mmも長い2,215mmのクラストップレベルの室内長を誇ります。ボンネットを5mm短くして、屋根は後ろに40mm、左右に60mmのばして、ホイールベースも25mm伸ばして、トールワゴン軽自動車での最大空間を作り出しています。

《スペーシアカスタムの価格》

1,528,200円~1,913,760円

今回ご紹介する「GS DCBS 2WD CVT」「XS DCBS 2WD CVT」の二つのおすすめグレードの価格については、後ほど詳しくご紹介します。

スペーシアカスタムのグレードの違いやオプションの紹介

全部で16のグレードから選べる

スペーシアカスタムには、充実装備のXS、スタンダードのGS、またその中に、ターボとNAの二種類、FFとフルタイム4WDの二種類の駆動方式が選べます。
それに加えて、DCBS=デュアルカメラブレーキサポートの安全機能の有無を選ぶことができ、合計で16のグレードに分かれています。

スズキスペーシアカスタムXS DCBS 2WD CVTの追加装備

スペーシアカスタムGS DCBS 2WD CVTからの追加装備は以下になります。

フルオートエアコンにプラス爽やかな空気環境の「ナノイー」

●「ナノイー」搭載フルオートエアコン[抗菌処理タイプ/カテキン・エアフィルター付

LEDのフロントフォグランプに、縦に連なった6連のLEDイルミネーションがワイルドな演出をしています。

出典:http://gazoo.com/

●LEDフロントフォグランプ
●LEDイルミネーション(フロントバンパー)

フロントグリルがライトアップされるセーフティなグレードです。

出典:http://www.suzuki-as.com/

●ブルーLEDイルミネーション(フロントグリル)
●メッキフロントフードガーニッシュ

●本革巻ステアリングホイール[一部シルバー塗装]
●6スピーカー(フロント2、リヤ2、ツイーター2)
●後席右側ワンアクションパワースライドドア[挟み込み防止機構付]
●フロントオーバーヘッドコンソール
●メッキドアハンドル
●プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)

斬新なデザインの15インチアルミホイール

出典:http://kuruma-ex.jp/

●165/55R15ラジアルタイヤ
●15インチアルミホイール

先進安全装備のデュアルカメラブレーキサポート

軽自動車業界では、初となる2つのステレオカメラで、クルマも歩行者も検知、時速約5km/h〜50km/h未満(また歩行者では約5km/h〜約30km/h未満)の範囲で、表示灯、ブザーでお知らせして、自動ブレーキをかけます。

また、ESP「車両走行安定補助システム」による、カーブでの横滑り制御や、急加速によるホイルスピン制御、急ブレーキ時のロック制御(ABS)をトータルマネージメントするシステムが、今回のおすすめグレードで標準装備されています。

そして、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナルの安全装備もあります。

スズキスペーシアカスタムのそれぞれのグレードを紹介!

スペーシアカスタムXS

スペーシアカスタムXSは、スペーシアカスタムの上位グレードとなります。
ディスチャージヘッドランプの採用や、上級グレードでは、本革巻ステアリングホイールや15インチアルミホイールが標準装備となり、何よりエクステリアが、男前な演出になっています。
XSターボでは外観の差はありませんが、ターボエンジンを搭載しています。

スペーシアカスタムGS

スペーシアカスタムGSは、スペーシアカスタムのベースグレードとなります。
縦6連のLEDイルミネーションがフロントバンパーにない事と、ひとまわり小柄なアルミホイールのデザインも異なります。
男前な表情はXSと差ほど変わりません。こちらでも、ターボとNAでの外観の大きな違いはありません。

スペーシアカスタムのグレードを選ぶポイント

個性のあるスペーシアカスタムの兄弟車を含めてご紹介しました。

その中でも、今回、家族で使える経済的な軽自動車として人気を考えた場合、ターボエンジンの走りやフルタイム4WDの安全性に魅力は感じるのですが、どちらも燃費が落ちる要因にも、つながり経済的ではないため、NAエンジンのFF(前輪駆動)がおすすめかと思います。

ですが、家族をのせて大事故になっては、いけないので安全機能のDCBS装着車をおすすめします。

その中でも値段が控えめで、低燃費を実現しているスペーシアカスタムGS DCBS 2WD CVTをおすすめします。

そして同じエンジンでも、もっと装備を充実して低価格なのに、「ナノイー」搭載フルオートエアコンが標準装備になり、快適なグレードになるスペーシアカスタムXS DCBS 2WD CVTもおすすめです。

軽自動車であってもリセールバリュー(数年後売却を考えた時の価値)を考えて購入することも大切です。
リセールバリューについては以下のポイントを確認しておくと良いでしょう。

グレード選びのワンポイントアドバイス
●流通台数の多いスタンダードタイプを狙え
●多彩な収納スペースのあるものが人気
●個性重視ならカスタムタイプがオススメ

出典:http://www.goo-net.com/

これからの時代に安全装置のDCBSは、付いていて欲しいですが、カッコいいスタイルを欲張って、ターボまで欲張ると、軽自動車なのに、限りなく200万円に近づく事も理由のひとつです。

どちらも、室内の静粛性は、前側隔壁、床、サイドトリム等の吸音材、静振対策材の増量により、クラストップレベルになっています。

また、S-エネチャージの効果によってNAになる、おすすめグレードのJC08モード燃費は、最高32.0km/Lとなっています。

高速道路や長距離ドライブでは、特に快適な空間になるでしょう。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す