ホンダ フィットの裏情報!実燃費や悪い口コミと評判値引き目標額は?

ホンダのコンパクトカー売り上げNo.1のフィット。高い走行性能と燃費性能を誇り、室内空間の広さも十分確保しています。この記事では、そんなフィットの裏情報についてまとめているので、フィットの実際の評判について気になっているという人は、どうぞご覧になっていってください。

ホンダ フィットとは?

現行モデルのフィット

フィットの画像です。

出典:http://www.goo-net.com/

ホンダが製造・販売しているコンパクトハッチバックのフィット(FIT)の初代モデルは、同社の「ロゴ」の後継車種として、2001年に発売されました。

燃料タンクを前席下に配置することで、広い室内空間を確保するホンダ独自の技術「センタータンクレイアウト」を採用している他、その優れた走行性能と燃費性能でも人気を博し、トヨタ「ヴィッツ」日産「マーチ」と共に「日本のコンパクトカー御三家」と呼ばれたこともあります。

現行モデルは3代目で、2013年に発売されました。
初代モデルから継続して「センタータンクレイアウト」を採用しつつ、室内空間の自由度を高め、新設計のプラットフォームにより軽量・高剛性で静粛性の高いボディを実現しています。

フィットの特徴的な機能

安全性能においても、先進安全装備の「シティブレーキアクティブシステム」や「サイドカーテンエアバッグシステム」「前席用i-サイドエアバッグシステム」を含む「あんしんパッケージ」が全車標準装備となっており、万が一にも安心です。
また、ハイブリッド仕様車であるフィットハイブリッドは、JC08モードで36.4km/Lという優れた燃費性能を発揮することができます。

人気も高く非常に魅力的なフィットですが、その分悪い評判も当然あります。
この記事では、そんなフィットの実燃費やリコール情報、口コミや値引き情報について紹介しているので、フィットを購入する際の参考にしてみてください。

フィットの実燃費は?

フィットの実燃費は、JC08モードのカタログ燃費と比較すると以下の通りです。

カタログ燃費(JC08モード)
■フィット:19.0~26.0km/L
■フィットハイブリッド:27.6~36.4km/L

実燃費
■フィット:15.34~18.12km/L
■フィットハイブリッド:21.88~23.49km/L

実燃費の値は、カタログ燃費の70%程度の値だと言われているので、カタログ燃費と実燃費の値の差は妥当と言えます。

実燃費の参考データはこちら!

フィットはリコールが多い!

故障した車の画像です。

フィットは、リコールが多い車としても有名です。
発売から1年の間に5回もリコールを行い、国土交通省にも再発防止を指導されました。
そのため、ホンダの役員13名が責任を取り、報酬の一部を3ヶ月の間自主返上していました。
ホンダが品質問題で役員報酬を返上するのも、これが初めてだったのです。

リコールの内容としては、パワートレインの不具合が最も多く、走行中にエンジンが停止してしまうというトラブルを引き起こしています。
最近では、電気装置の不具合によって火災が2件と部分焼損が4件発生しており、今年の4月に約16万台のリコールを実施しています。

フィットの詳しいリコール情報はこちら!

ホンダのリコール情報です。

フィットの口コミ・評判は?

口コミの画像です。

フィットの価格や燃費、エクステリアやインテリアについては、非常に多くのユーザーが満足しており、文句の付け所が無いようです。
しかしながら、度重なるリコールに不満を持つ人も多く、中には中古販売価格が下がってしまうと危惧する人もいます。
また、現在は安定したとはいえ、それでも不具合は見つかるので、過去のリコール事例と合わせてフィットを敬遠している人もいるようです。

発進時のギクシャク、リコール直後は改善されたように
感じていたのですが、最近になりまた気になり始めました。
以前よりはマシな気もしますが、リコール直後よりは戻ってしまっているような(?_?)


また、運転中、先行車が右折待ちの為に突然車線を塞ぐ(合図遅い)に
遭遇することがありますが、ブレーキを踏み、直後に発進しようとする際などに
吹き上がりに似た挙動になりかけることがあります。
以前ほど露骨ではないですが、潜在要因は解消しきれていないと感じます。


4度のリコールで市場価値(中古買取価格)が早くも落ち込んでいるのも
不満な点です。

10年程度は乗るつもりで新車購入していますので早期に乗り換える予定は元々ありませんが、
年月が経つにつれ、人の事情は変わってくるもので、転勤や乗り換えたい魅力ある車が
出てくるかもしれません。

そんなとき下取り価格が落ち込んでいては大きく損をしてしまいます・・・
今の走りを最初から出してくれていれば短期に4度のリコールで
市場価値を落とすこともなかったでしょう。悔やまれます。

出典:http://bbs.kakaku.com/

このまま乗り続けることに不安を感じ、乗り換えました。
繰り返されたリコールやサービスキャンペーンの適用で別物の車になってしまった感があります。
ディラーや客相とのやり取りも、ほとほと疲れましたね。もう勘弁してほしいです。
私の使用環境では残念ながら、この車は不適合でした。初期モデルのためかまだまだ問題が残っている車であったと思います。

出典:http://review.kakaku.com/

普通に考えればリコールというのは
体に病気が見つかったので医者に治療してもらうようなもの。
治療後はさらに体調が良くなるというのに、
病気が見つかったことを悔やんだりしている人がいるのが不思議でしょうがない。
ガンを告知されたんじゃないんです、単なる軽い病気程度ですよ。
治療をさっさと済ませて、晴れ晴れとした気持ちでまたドライブに行けるんです。
私はこの車を選んだことを全く後悔してません。

私はリコールごときで車の市場価値が下がるとは思いません。
発売後、月日、年月がたてば市場価値は徐々に下がっていくものでは?

出典:http://bbs.kakaku.com/

フィットの値引き相場は?

フィットとフィットハイブリッドの値引き相場は、共に【14万円】となっています。
フィットならヴィッツやノート、フィットハイブリッドならアクア等の名前を出してディーラーで交渉すれば、更なる値引きも期待できるでしょう。
購入時期もボーナス前や年度末に合わせて、賢くフィットを購入しましょう。

フィットをほぼ新車で安く買える!?

ホンダのNo.1コンパクトカー フィット

フィットの裏情報はいかがでしたでしょうか?

フィットは確かにリコールが多く、その分悪評も付きましたが、リコールの度に品質の改善も繰り返してきたので、現在では大分安定しています。
どんな商品にも完璧はありえませんが、フィットもその例にもれず、不完全です。
しかし、その不完全を補って余りある魅力をフィットが備えているのも事実です。

フィットの品質向上に今後も期待していきましょう。

フィットやホンダ車を知りたい方におすすめの記事

コンパクトカーについて知りたい方にオススメの記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す