アルトおすすめグレードはX 2WD CVTかF 2WD 5AGS!違いを比較

アルトはスズキから販売される軽自動車です。最新のフレーム構造により、とても軽量なボディで低燃費を実現しています。今回は、スズキアルトのグレード紹介から、おすすめグレードを解説します。スズキアルトの派生車種についてもご紹介します。

スズキアルトの特徴

8代目スズキアルト

出典:http://www.carsensor.net/

スズキから発売されるアルトは2014年に8代目デビューしました。

初代アルトの爆発的ヒットを再現すべく、650kgまで軽量化に成功して、デビュー当時、市販車トップの37.0km/Lの低燃費を達成させて、シンプルさを強調したデザインのモデルになっています。

ヘッドライトデザインは、「目力」の強さを表現

ヘッドライト周りを囲みこむ眼鏡をモチーフとした、ヘッドライトガーニッシュ「めがねガーニッシュとも呼ばれる」により、変わったイメージのデザインで、新鮮さが評価されています。

2016年3月「e燃費アワード 2015-2016」において、アルトのCVT車が実燃費24.3km/Lを記録して、軽自動車部門で1位を獲得しました。また、総合部門でも1位を獲得する事により、ハイブリッド車をも上回る実燃費の高さが証明されました。

アルトには、兄弟姉妹モデルのアルトラパン、アルトターボRS、アルトワークスがあります。
今回は、純粋な、アルトの人気グレードをご紹介します。

アルトX、F装着車はレーダーブレーキサポート標準装備

《アルトの価格》

30km/h以下で前方車両を感知して表示灯、ブザーでお知らせして自動ブレーキをかけます。
前方車両との時速差15km/h以下で衝突回避、30km/h以下で被害軽減できます。

《アルトCVT/5AGSのエンジン性能》

847,800円~1,245,240円

エンジン型式       R06A
種類・シリンダー数    DOHC直列3気筒
シリンダー 内径×行程  64.0mm×68.2mm
総排気量         0.658L
圧縮比          11.5
最高出力         38kW(52PS)/6,500rpm
最大トルク        63N・m(6.4kgf・m)/4,000rpm
燃料供給装置       電子制御燃料噴射装置(EPI)
使用燃料無鉛       無鉛レギュラーガソリン
タンク容量        27L

スズキアルトのグレードそれぞれ何が違う!?

スズキアルトは、主に以下の4つのグレードから構成されます。

F(847,800円~)
L(894,200円~)
S(1,002,240円~)
X(1,134,000円~)

全てのグレードで、「レーダーブレーキサポートの有無」が選択できます。
(FグレードのMTのみ装備できません。)
また全グレードに2WD(FF)と4WDが用意され、好みの駆動方式を選択できます。

スズキアルト Fの特徴

Fグレードは、4つのグレードのうち最も安価なグレードです。このグレードのみ、MTと5AGSという2つのトランスミッションから選べます。その他のグレードは全てCVTとなります。

Fグレードにのみ搭載されている5AGSは、その他のグレード全てのトランスミッションCVTよりも燃費が悪い点で劣ります。具体的には

5AGS:29.6km/L
CVT:37.0km/L

となっており、大きな差があることが分かります。このグレードはコストカットのためにドアノブやミラーなどが塗装されておらず、樹脂(黒)となっています。またリアガラスが透明になっています。

とにかく安くアルトを購入したい方、どうしてもMTに乗りたい方におすすめです。

スズキアルト L

LグレードはFの次に安価なグレードです。
LはFと同様にドアミラーとドアノブが樹脂製となりコストダウンされていますが、トランスミッションはCVTが採用されています。

Fグレードの5AGSよりも燃費が良い点でこちらをおすすめします。

スズキアルト S

スズキアルトSはLよりも一つ上級グレードです。
F、Lとは異なり、ドアミラー、ドアノブがボディ色に塗装されています。

スズキアルト X

スズキアルトの中で最上級グレードとなるXには、多くの追加装備が存在します。外装においてはボディカラー塗装のドアノブ、ドアミラーに加え、アルミホイールが装着されます。

Xの追加装備は以下のようになります。

アルトX 2WD CVTの装備

内装ではオートエアコンや、プッシュスタートシステムが付いてる事、外観では主に、ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車が選べる所とアルミホイールが魅力的です。

構造的には、アイドリングストップやエネチャージに、CVTのミッションで低燃費を実現しています。

アルトX 2WD CVTの追加装備

アルトF 2WD 5AGS LBSからの追加装備は以下になります。

●フロントシートベルトフォースリミッター
●エコクール
●キーレスプッシュスタートシステム
●電動格納式リモコンドアミラー
●ルーフアンテナ
●チルトステアリング
●ステータスインフォメーションランプ
●エネルギーフローインジケーター
●運転席バニティーミラー[チケットホルダー付]
●助手席バニティーミラー[チケットホルダー付]
●運転席シートリフター
●リヤシートヘッドレスト
●カラードドアミラー
●カラードドアハンドル
●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
●スモークガラス(リヤドア、バックドア)
●エネチャージエンブレム(バックドア)
●エネチャージ
●アイドリングストップシステム
●イモビライザー(国土交通省認可品)
●フロントスタビライザー
●リヤスタビライザー
●15インチアルミホイール
●リヤパワーウインドー

アルトX 2WD CVTには、リヤシートにもヘッドレストが付いている事が違いますね。
走りを楽しむためでしたら、5AGSミッションのアルトF 2WD 5AGS LBSが気になりますね。

F 2WD 5AGS LBSに装備され、X 2WD CVTにないもの

●フロントシートベルト可変フォースリミッター
●キー抜き忘れ警告ブザー
●13インチフルホイールキャップ
●エアコンサイドルーバーリング [ブラック]
●エアコンサイドルーバー [ブラック]
●エアコンセンタールーバー [ブラック]
●エコドライブインジケーター
●ピラーアンテナ

の8点になります。これは、上級装備の代替え装備になります。

スズキアルトの人気グレードとは!?

一番人気は最上級グレードのX!

数あるグレードをご紹介してきましたが、今回アルトのオススメグレードとしてご紹介するのは「アルト X 2WD CVT」です。

安価なモデルであるFは、振動や騒音に関してはしっかりと対策ができているが、路面のから来るうねりなどの衝撃の緩和などの乗り心地は特出したものではありません。

そしてこれらに関してXは圧倒的に乗り心地も滑らかになるよう設計されています。
軽自動車であっても、Xであればある程度の距離の走行も可能ではないでしょうか。

装備が充実し、新型車として十分な性能を発揮しつつも、113万円という価格に抑えられたX 2WD CVTをおすすめします。

最廉価グレードFもおすすめ!

5AGSのオートマ免許でも乗れる本格的なマニュアルミッションをコンピューター制御により行われるアルトF 2WD 5AGSが2番人気になるでしょう。

CVTのミッションは、無段変速によるスムースな走りを実現しているもので、5AGSは、シフトチェンジをしっかりと行うミッションなので走った感じは、大きく異なります。

アルトの位置づけでは、業務仕様での販売台数を増やすばかりで、プライベートで乗りたいクルマとして考えた場合に、やはり、リセールバリュー(数年後売却を考えた時の価値)をも考慮した上級グレードのアルトXに魅力を感じます。

1番人気のアルトXとは

アルトX 2WD CVT

今回一番人気のアルトX 2WD CVT ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車のエクステリア。

ミディアムグレーバックドアに合わせてガンメタリックのアルミホイールになります。

リヤルーフのセンターアンテナが今風ですがFには無いので魅力的です。

アルトX メーカー希望小売価格

ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車
2WD CVT : 1,150,200円 (消費税抜き1,065,000円)

ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車
4WD CVT : 1,245,240円 (消費税抜き1,153,000円)

2WD CVT : 1,134,000円 (消費税抜き1,050,000円)

4WD CVT : 1,229,040円 (消費税抜き1,138,000円)

アルトXの内装(インテリア)

アルトXでは、全高1,550mm未満の2BOX軽自動車クラスにおいて、室内長クラストップレベルの2,040mmとなっています。ですので、ゆったりとした室内空間に仕上がっています。

乗り降りにも配慮したシート高で、ドアの開閉も2ステップにストッパーがあり安心です。

運転視界の良いドライビングポジションは、シートリフター調整量:上下60mmとチルトステアリング調整量:上下35mmの2種類の調整が出来ますので、乗る人それぞれに、ピッタリのポジションが合わせられます。

2番人気のアルトFってどんな車?

アルトF

アルトF メーカー希望小売価格

レーダーブレーキサポート装着車 2WD 5AGS : 869,400円 (消費税抜き805,000円)

レーダーブレーキサポート装着車 4WD 5AGS : 975,240円 (消費税抜き903,000円)

2WD 5AGS : 847,800円 (消費税抜き785,000円)

4WD 5AGS : 953,640円 (消費税抜き883,000円)

2WD 5MT : 847,800円 (消費税抜き785,000円)

4WD 5MT : 953,640円 (消費税抜き883,000円)

アルトFの内装(インテリア)

アルトFでは、エアコンルーバーという風の出口は、ブラックで統一されて、ステアリングもロゴエンブレムを含めてモノトーンになっています。

昔ながらのエアコンスイッチに慣れている人は、こちらのエアコンスイッチの方が使いやすいかも知れませんね。

リヤシートにヘッドレストがありませんので、よく4人乗られる人は気を付けてください。

写真では見にくいですが、リヤのパワーウインドーがありません。また前席パワーウインドーの挟み込み防止も省略されています。

アルトXかアルトF! あなたならどちらを選びますか!?

小回りもスイスイのアルト

アルトワークスなどのスポーツカー的なモデルもありますが経済的で気軽なアルトの2WDのグレードに人気があります。

CVTや5AGSのミッションの違いによる走りの楽しみ方はそれぞれですが、アルトのデザインはシンプルでどんな風景にも馴染みやすく、男女を問わず受け入れられる雰囲気をもっています。

ミッションや装備の異なるFとX

そのままノーマルで乗っても嬉しくなるアルトX 2WD CVT ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車。

アフターマーケットでアルミホイールをチョイスしたい人はアルトF 2WD 5AGSレーダーブレーキサポート装着車。

スペシャルな2トーンカラ―を楽しみたい人は、アルトX 2WD CVT ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車。

とにかく低燃費を外せない人はアルトX 2WD CVT ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車。

アルトX 2WD CVT ミディアムグレー2トーンバックドア仕様車と、アルトF 2WD 5AGSレーダーブレーキサポート装着車との、メーカー希望小売価格の差は、280,800円になりますので、この価格差でしたら5AGSのアルトF 2WDに軍配があがるのではないでしょうか。

購入後のアレンジも楽しいアルト

出典:http://news.goo.ne.jp/

違うクルマのエンブレムを付けてみたり、ペイントやステッカーなどをアレンジしてみたり、色々な楽しみ方がありますね。

このようにアルトは自分好みにカスタムして楽しむことが出来ます。

アルトのグレードや装備について詳しくなることはできましたでしょうか。
この記事を読んで気に入ったアルトを見つけられたら幸いです。

自動車の購入の際には、グレードによる装備や価格の違いを理解、自分のライフスタイルにあったグレードを選びましょう!

スズキアルトの派生車種に関する記事はこちら!

軽自動車に関連するおすすめ記事!