目的別ドライブレコーダーの選び方|高性能?激安?あなたが買うべきドラレコは?

ドライブレコーダーを取り付けたいけど、種類が多すぎてどれを選んだらいいか分からないという方は多いのではないでしょうか?ルームミラーの裏に隠したくてもモニターが目立ってしまったり、デザインはいいのに必要な機能が搭載されていないなど、なかなか理想のモデルを見つけるのも大変ですね。今回は、目的別にドライブレコーダーの特徴をまとめてみたので、購入の参考にしてみてください。

目次

【1ページ目】
・ドライブレコーダーの購入を考えている方へ
・ドライブレコーダーの機能と役割をおさらい
・あなたがドライブレコーダーに求めるものは?
・Wi-Fi対応のドライブレコーダー
・駐車監視モード付のドライブレコーダー
・安全運転支援機能付きドライブレコーダー
・ルームミラー型ドライブレコーダー

2ページ目
・価格を抑えたい人におすすめ!格安ドライブレコーダー
・スマホで使えるドラレコアプリ
・あなたにぴったりの1台を

ドライブレコーダーの購入を考えている方へ

「ドライブレコーダー」の一般ドライバーへの普及に伴い、多数のメーカーから様々な機能を持つモデルが販売されています。

カー用品店でも「ドライブレコーダー」の専門コーナーが設けられるなど、カーナビと同じくらいドライブの必須装備になりつつあります。

いざ「ドライブレコーダー」を購入しようとしても、種類が多すぎて、自分に合ったモデルを見つけるのも困難になっています。

今回は、目的別に「ドライブレコーダー」の機能や用途、おすすめモデルをご紹介し、あなたにぴったりのドラレコを見つけるお手伝いをさせていただきます。

ドライブレコーダーの機能と役割をおさらい

出典:http://traffic-accident.biz/

「ドライブレコーダー」の最大の目的は運転中の映像と音声を記録することです。

万が一事故に遭ってしまった場合の大事な証拠となります。実際の交通事故では、事故の興奮で正しい状況把握ができなかったり、相手が自分の過失を認めないというトラブルは少なくありません。そんな場合に「ドライブレコーダー」の映像があれば、相手の理不尽な証言も覆すことができます。

また、ドライバーの運転を監視するという意味合いもあり、危険運転や交通事故を減少させる効果もあると言われています。あとは、ドライブ中の楽しい思い出を記録するのも有効なアイテムと言えます。

あなたがドライブレコーダーに求めるものは?

「ドライブレコーダー」は運転中の映像を記録するものですが、デザイン、モニターの有無、駐車場録画、Wi-Fi機能、と何を重視するかによっておすすめする製品は違ってきます。

以下では、現在販売されているドライブレコーダーが強みとしている特徴を紹介していきます。

さらに詳しく知りたい方は、各項目ごとにより詳細な説明とおすすめモデルをご紹介するページへのリンクを掲載しているので参考にしてみてください。

Wi-Fi対応のドライブレコーダー

Wi-Fi機能が搭載されているドライブレコーダーはお持ちのスマートフォンやタブレットとワイヤレスで繋げることができます。主にできることは、記録した映像の再生やダウンロード、詳細設定、映像のリアルタイム表示などです。

スマホ側にほとんどの機能を依存しているので、本体のモニターやボタンを取っ払ったシンプルなモデルもあります。スタイリッシュで視界の妨げにならないモデルを探されている方にはおすすめのモデルです。

しかし、Wi-Fi通信での動画のダウンロードはやや時間がかかるという欠点があります。ほとんどの人は映像チェックはパソコンでするので、それほどマイナスポイントでもないかもしれません。

Wi-Fi対応ドライブレコーダーの特徴・おすすめモデルを詳しくご紹介しています。

駐車監視モード付のドライブレコーダー

ドライブレコーダーの付加機能として、人気なのが「駐車監視モード」を備えたモデルです。

「パーキングモード」とも言い、運転中だけでなく、車を駐車場に置いて離れている時も、映像を記録できる優れものです。

当て逃げやいたずらの対策を考えている方には特におすすめです。

しかし、購入する上で注意したいのが、「バッテリー保護機能」が搭載されているかどうかです。駐車中もドライブレコーダーは作動することになるので、車に乗る頻度が少ないとすぐにバッテリー上りを起こしてしまいます。
購入の際はこの「バッテリー保護機能」を基準に選ぶと良いでしょう。

取付の際は、エンジンを切っても電力の供給ができる常時電源で繋げる必要があります。アクセサリー電源は通常エンジンを切ってしまうと、電力の供給も停止してしまうので、「駐車監視モード」を機能させることができません。

配線の加工が必要な場合があり取付の際はやや専門知識が必要となります。

駐車監視モード付ドライブレコーダーの特徴・おすすめモデルを詳しくご紹介しています。

安全運転支援機能付きドライブレコーダー

出典:https://www.asus.com/

近年は車の自動ブレーキや追従機能など、先進的な装備が充実しています。
そんな至れり尽くせりの機能に「最新の車はいいなあ」と思う方も多いのではないでしょうか?
安全運転支援機能付きの「ドライブレコーダー」を搭載すれば、あなたの車も最新鋭の車に早変わりさせることができます。

この機能を持つ「ドライブレコーダー」は前の車や、道路の白線、標識の速度制限などをモニタリングし、あなたの安全運転をサポートします。

白線をはみ出ると「車線逸脱警告」、前の車が進んだのに停車したままでいると「発進遅延警告」がなったりと、事前に危険を察知してアラートしてくれます。

ただし、当然ながらハンドルの補正機能や自動ブレーキを搭載している訳ではないので注意してください。

しかし、予期せぬタイミングで警報がなったりと、機能としてはまだ完全でない部分もあるようです。警報の機能を個別でオフできるので、必要な機能だけ作動させることもできます。

安全運転支援機能付ドライブレコーダーの特徴・おすすめモデルを詳しくご紹介しています。

ルームミラー型ドライブレコーダー

出典:https://goo.gl/

ドライブレコーダーはフロントガラスに貼り付ける派とこのルームミラー型派に大きく2つに分かれるのではないでしょうか?

フロントガラスに貼り付けるタイプは位置決めが難しく、何度も貼り直していると粘着力が落ちてしまいますが、ルームミラー型なら取付場所はひとつだけ。一発で位置決めができます。

メリットはやはり、視界を遮らないので運転中に気になることがないことでしょう。フロントガラス周辺をすっきり見せることができるのも人気の理由になっています。

さらに、映像が鏡面部分に内蔵されている液晶に表示できるのも先進性を感じさせてくれます。

ルームミラー型ドライブレコーダーの特徴・おすすめモデルを詳しくご紹介しています。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す