MOBY

ハスラーおすすめグレードはJスタイルⅡターボかXターボ!違いを比較

ハスラーはスズキから販売されるSUVワゴン。その中でもターボ付きエンジンで2WDのグレードに人気があります。経済的でありながら、とても可愛らしさを持つ軽自動車として、デビュー以来すごい人気モデルとなっています。では、ハスラーのおすすめグレードを紹介します。

スズキ ハスラーとは

ハスラーの特徴

スズキから発売されるハスラーは2014年1月にデビュー。特別仕様車のJスタイルⅡターボは、2015年12月にS-エネチャージを全車搭載されたタイミングにて追加デビューしました。

ハスラーはスズキKEIの復活的な要素も含まれたSUVワゴンとして人気があります。

また、4ドアのジムニー誕生かともウワサされましたが、そこまで本格的なオフローダーのような訳でもなく、お洒落なイメージを追求されたスタイルでした。ハスラーはアウトドアスポーツを楽しむのに丁度いいパッケージになっています。

スズキハスラーのデュアルカメラブレーキサポート

スズキハスラーのデュアルカメラブレーキサポートは、人も車も感知してランプ、ブザーでお知らせして自動ブレーキをかけます。

2つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用。

人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形をとらえ、そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識します。

また、車線の左右の区画線も認識するなど、カメラでとらえたさまざまな情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートする、先進の安全技術です。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

また、誤発進制御やふらつき警報機能、車線を外れると警報でお知らせする車線逸脱警報機能も搭載しています。

《ハスラーの価格》

1,078,920円~1,737,720円

《ハスラーJスタイルⅡターボ/Xターボのエンジン性能》

エンジン型式       R06A
種類・シリンダー数    DOHC直列3気筒インタークーラーターボ
シリンダー 内径×行程  64.0mm×68.2mm
総排気量         0.658L
圧縮比          9.1
最高出力         47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク        95N・m(9.7kgf・m)/3,000rpm
燃料供給装置       電子制御燃料噴射装置(EPI)
使用燃料無鉛       無鉛レギュラーガソリン
タンク容量        27L

ハスラーはゆったりとした空間

フルフラットシートにも出来て、室内でもゆったりと、くつろげる空間が魅力的です。

スズキハスラーのグレードそれぞれ何が違う!?

スズキ ハスラーは「JスタイルⅡターボ」と「Xターボ」の2種類のグレードがおすすめです。

スズキハスラーXターボ

スズキハスラーXターボの外観では、主にシンプルなフロントグリルで専用アルミホイールによる演出をしています。

LEDではないフォグランプは付いています。写真は、オプションのデカールシール付きでスポーティな演出になっています。

走りを楽しむためでしたら、主流グレードのスズキハスラーXターボでも充分でしょう。

スズキハスラーJスタイルⅡターボ

外観ではアルファベットエンブレムやメッキフロントグリルが付いてる事により華やかな演出をしています。

メッキのドアハンドルや専用エンブレムも装備されまして、アルミホイールのデザインも特別仕様車専用となります。

「ナノイー」のフルオートエアコンやクルーズコントロールで上級仕様の装備になっています。

スズキハスラーJスタイルⅡターボの追加装備

Xターボからの追加装備は以下になります。
●LEDフロントフォグランプ
●「ナノイー」搭載フルオートエアコン[抗菌処理タイプ/カテキン・エアフィルター付]
●クルーズコントロールシステム
●専用色エアコンガーニッシュ[チタンシルバー]
●専用色ステアリングガーニッシュ[チタンシルバー]
●パドルシフト
●専用色エアコンルーバーリング[チタンシルバー]
●専用色インテリア[ブラックパール](インパネ、ドアトリム)
●専用色スピーカーリング[チタンシルバー]
●メッキインサイドドアハンドル
●専用レザー調&ファブリックシート表皮
●プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
●専用メッキフロントグリル
●専用フロントバンパーガーニッシュ
●専用リヤバンパーガーニッシュ
●メッキドアハンドル
●HUSTLERアルファベットエンブレム(フロントグリル)
●J STYLEエンブレム(左右フロントドア)
●専用15インチアルミホイール

スズキ ハスラーの人気グレードとは!?

ハスラー JスタイルⅡターボ

特別仕様車のJスタイルⅡターボでは、プラス43,200円でボディとルーフを別色の2トーンカラーを選ぶ事も出来ます。ルーフのカラーは、ブラック、もしくはホワイトになります。

ハスラー Gターボ

フォグランプやアルミホイールが付いていないGターボの選択肢もあります。

ハスラーのグレード

ハスラーでは、ベーシックのA、中間装備のG、プラスターボエンジンのGターボ、上級グレードのX、プラスターボエンジンのXターボ、特別仕様車のJスタイルⅡ、プラスターボエンジンのJスタイルⅡターボの7グレード展開をしています。

そして2WDと4WDの選択、モノトーン、2トーンの選択がありまして、下から3つ目までのグレードでは、ノンターボエンジンにて、マニュアルギヤチェンジの選択も出来ます。

ハスラーのおすすめグレード

ハスラーのバリエーションをご紹介しましたが、表情豊かなフロントフェイスと豪華装備を持ち合わせながら、走りも良く経済的な2WDのJスタイルⅡターボが1番人気になるでしょう。

そして同じ走りさえ出来れば、おとなしく基本スタイルに基づいた、Xターボが2番人気になるでしょう。

例えば、ターボとノンターボのグレードもありますが、ハスラーで出かける先は、楽しいレジャースポットが多く想定されます。長距離ドライブにもなるでしょう。

その場合にターボエンジンの選択はかかせません。

ノンターボだとどうなる?

明確な違いが判明します。それはハスラーターボ車の試乗同様、坂道坂道でキックダウンで踏み込んだ時に感じました。

踏んでから3秒後に回転数が上がるのを感じたのはターボ車と同じですが、そこからがとにかく重いのです。

マニュアル車でギアを変えずに急な角を曲がったあとで重苦しく加速する感覚と似たものがあります。

つまりトルクが圧倒的に違うのです。ゆっくりゆっくり加速していきますが、これでは人が乗って荷物も載せて・・・となった時に間違いなくパワー不足を感じるでしょう。

出典:http://www.ikkyu-land.gr.jp/

オフロードの走破性も通常の軽自動車よりは、高い車高となっていますが事実上、本当の悪路に進入したら危険な最低地上高になっています。

フルタイムの場合は、いつでも4輪を回していますので燃費も悪いでしょうし、車重も50kgも重くなります。割り切って2WDのターボが経済的で長距離ドライブも疲れない優れものであると考えます。

1番人気のJスタイルⅡターボとは

ハスラーJスタイルⅡターボのエクステリア

今回一番人気のハスラーJスタイルⅡターボのエクステリア。独特のアイラインを持つハスラーですが、メッキのフロントグリルでより一層華やかな演出になっています。

またアルファベットのエンブレムをボンネット正面に見せつけるのは、元祖、英国のレンジローバーの手法にとても似たデザインになっています。

ハスラーJスタイルⅡターボ メーカー希望小売価格

2WD CVT : 1,611,360円
(消費税抜き1,492,000円)
2トーンルーフ仕様車は43,200円高(消費税込み)

ハスラーJスタイルⅡターボの内装(インテリア)

専用色ブラックパールのインパネを持つハスラーJスタイルⅡターボは、落ち着いた内装に仕上がっていますので、年配の方や若い方でもシックなイメージを好まれる方に最適な配色になっています。カーナビはオプションです。

シートもレザー調とファブリックのコンビになっていてシックな演出をしています。フルフラットシートや助手席前倒し機構も付いて使い勝手の良い空間になっています。

2番人気のXターボってどんな車?

スズキ ハスラーXターボのエクステリア

2番人気のXターボ。スッキリとした表情を見せるフロントグリル周りと輝くアルミホイールが印象的です。写真のボディカラーは、シフォンアイボリーメタリックです。この風合いでメタリック塗装がされている事に、驚かされます。

パールよりソリッドより手入れが楽だと言われるメタリックでは、通常シックな色が多いですが、可愛らしい明るい色ですよね。もしくは、スチールシルバーメタリックの単色のみが、ルーフもメタリックになります。一番お掃除が大変で変色もしやすいルーフですから、おすすめのボディカラーになります。

スズキハスラーXターボ メーカー希望小売価格

モノトーン2WD CVT : 1,547,640円 (消費税抜き1,433,000円)
2トーン2WD CVT : 1,590,840円 (消費税抜き1,473,000円)

ハスラーXターボの内装(インテリア)

ボディ色により、オレンジ、イエローは、ボデイと同色のインパネになります。

その他は、ホワイトのインパネです。かなりポップな演出になっていますので、それだけで、こちらのグレードの方が好みの人もいるかもしれませんね。カーナビはオプションです。

シートでは、お洒落なパイピングが、あしらわれましてオレンジ、ブルー、ピンク、イエロー、グリーンは、ボディ色近似色になります。

モノトーンと赤い2トーンのボディカラーでは、ホワイトのパイピングになります。

スズキ ハスラー JスタイルⅡターボかXターボならどちらを選びますか!?

出典:http://www.geocities.co.jp/

ハスラーという名前は、かつてスズキ2ストロークオフロードバイクのTSで使われていた愛称を改めて流用して名付けられました。「ラフロードを軽やかに走る、活き活きと走る」というイメージだそうです。
みんなで楽しめるクルマになって欲しい願いが込められているのでしょう。

今回、家族や友人4人で、思いっきりアウトドアを楽しめる2WDターボの上級グレードと同構造の表情の違う特別仕様車2種類のグレードをおすすめしました。

そのままノーマルで乗っても嬉しくなるスズキハスラーJスタイルⅡターボもしくはXターボ。

お手入れを気にされる人は、シフォンアイボリーメタリックの選べるXターボ。

シックな内装を好まれる人は、JスタイルⅡターボ。ポップな内装を好まれる人はXターボ。

何年後かの売却時の査定を気にされる人は、特別仕様車のJスタイルⅡターボがおすすめです。

メーカー希望小売価格の差は、わずかに63,720円になりますので、この価格差でしたら装備の充実した、ハスラーJスタイルⅡターボに軍配があがるのではないでしょうか。

購入後のアレンジも楽しいハスラー

スズキ ハスラー

出典:http://8-design.jp/

このようなスポーティなハスラーも!

ハスラーのグレードや装備について詳しくなることはできましたでしょうか。この記事を読んで気に入ったハスラーを見つけられたら幸いです。

ハスラーに関連するおすすめ記事

軽自動車に関連するおすすめ記事

スズキの車種に関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す