初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ベントレー新型SUVベンテイガ(Bentayga)性能・内装・価格が最強!PHVやミュリナーも

北米国際自動車ショー 2015で発表されたベントレー新型SUV「Bentayga」。 ベントレー初のSUVとして登場した「ベンテイガ」ですが、「最強」をコンセプトにしたとんでもない一台となっています。

最強のSUV「ベントレー ベンテイガ(Bentayga)」はまさしく最強!

ベントレー ロゴ

2015年のフランクフルトモーターショーにて、ベントレー初SUVとして公開されたベントレー「ベンテイガ」。

ベントレーはフォルクスワーゲングループの最高級車を扱うメーカーです。
高級車といえば、セダンを連想する方が多いように、これまでベントレーはSUVの製造はしていませんでした。
高級車≠SUVというイメージがあったのかもしれません。
しかし、ポルシェ カイエンなどを筆頭として、近年のSUV人気を機にベントレーが渾身のSUVを投入することにしたのだと思われます。

超高級車のみを扱うベントレーが作るSUVとはどんなものなのでしょうか。
詳しくご紹介していきます。

ベンテイガの超高級SUVモデル「ミュリナー」を追加!

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 外装
ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 外装

ベントレーモーターズが新型SUVベンテイガに超高級モデルが登場することを発表しました。
その名も「ベンテイガ ミュリナー(Bentayga Mulliner)」です。
超高級SUVベンテイガ ミュリナーにはベンテイガ のラグジュアリー感徹底したSUVになっています。
このベンテイガ ミュリナーはベンテイガ のフラグシップモデルとして登場しただけでなく、高級車の新基準として発表されました。

ベンテイガ ミュリナーの外装には、ベンテイガ としては初のツートーンカラーを採用しました。
バランスのとれた完璧な配色がまるでボンネットとキャビンが浮かんでいるのではないかと、思わせるほどです。
もちろん、パワフルな印象をあたえることも間違いないです。
そして新たに搭載された22インチのホイールも、ミュリナーの高級感に貢献していると言えるでしょう。

ベンテイガ ミュリナーのラグジュアリーな内装

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 内装
ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 内装

ベンテイガーミュリナーの内装は、モダンとトラディショナルの調和をテーマにデザインされました。
車内の色はフロント側かリア側かでシートのカラーが違う仕様になっています。
手縫いの刺繍は差し色と相まってコントラストがあり、エレガントです。

リアには、「ミュリナーボトルクーラー」が設置されていて、好きな飲み物をいつでも冷えた状態で飲めます。
イギリスの伝統的なガラス細工メーカー「カンブリア クリスタル(Cumbria Crystal)」の溝堀が施されたインテリアの節々が光ります。

さらに、車内にはLEDが設置されていて、自分のムード次第で替えることができます。
色は6色のムードから選べ、オーナーが自分で車内のムードを演出できます。

ベントレー ベンテイガにPHVモデルが追加!

2017年7月 新型ベンテイガ PHVが目撃

新型 ベントレー ベンテイガ PHV
新型 ベントレー ベンテイガ PHV
新型 ベントレー ベンテイガ PHV

ベントレー ベンテイガにPHV(プラグインハイブリッド)モデルが追加されることが明らかになりました。さらに2017年7月、新型ベンテイガ PHVモデルのテスト車両が目撃されました。

外装デザインにはほとんど変化はなく、唯一の違いは車体の左側面に充電口が追加される程度です。
パワートレインにはポルシェ パナメーラと共有の2.9L V6エンジン+電気モーターが採用され、最高出力は469psになると予想されています。

また、ベントレーは2012年の時点でPHVモデルをベンテイガに追加することを公表しており、それを実現する形となりました。
今後はハイブリッドモデルを他のベントレーにも採用していくと考えられており、新型コンチネンタルGT/GTコンバーチブルにもPHVモデルがラインナップされると予想されます。

PHV(プラグインハイブリッド)についてはこちら!

パワートレインを共有するポルシェ パナメーラについてはこちら!

新型コンチネンタルGT/GTコンバーチブル 最新情報!

ベントレー ベンテイガのコンセプトは最強!

ベントレーベンテイガの外装(エクステリア)

ベントレー ベンテイガ 2017年
ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 外装

さすがに高級車メーカーであるベントレーが作るSUVとあって、とんでもない存在感をはなっています。
前身となったコンセプトカーの外装(エクステリア)デザインは、ヘッドライトを中心に否定的な意見が目立ちましたが、市販モデルで改善され最強のSUVにふさわしいラグリュアリーなデザインになりました。

また、ベンテイガのプラットフォームは同じくフォルクスワーゲングループであるアウディの最上級SUV「Q7」と共有しているそうです。

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 外装
ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 外装

ベントレーベンテイガのデザインにおいて最も重要視されたのが、高速で走行した際のスタビリティを保つエアロダイナミクスであったそうです。このエアロダイナミクスを実現するため、2m近い全幅となりました。
このようなベントレーベンテイガの高性能な走破性をアピールするためにフロント・バンパーの下部分にはスキッドプレートが組み込まれるといった工夫もなされています。

SUVらしさを形成するためにもホイールアーチとフェンダー、そしてボンネットがスポーティなデザインとなっています。
またSUVのスポーティさと、大きなマトリックス・グリルや「B」をモチーフにしているウィンク・ベントといったベントレーらしい堂々としたデザインが融合しています。

アウディのSUVに関連する記事はこちら

ベントレー ベンテイガの内装はラグジュアリーさも最強

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 内装

ベントレーベンテイガの内装は、ベントレー曰く「世界最高級の自動車インテリア」と称するほどラグジュアリーなものとなっています。
高級感あふれるウッドパネルや、金属部品がはめ込まれた装飾など全て手作業で制作されています。
またベントレーベンテイガのダッシュボードはベントレーのエンブレムマークをモチーフにしたデザインとなっています。

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 内装

ウッドパネルは15枚7種類が用意されています。金属部分も全て手作業で磨きあげられています。またドライブモード・セレクター、シフト・ノブ、伝統のブルズ・アイベント、オルガンプルはベントレーならではのローレット加工が採用されています。

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 内装

ベンテイガのフロントシートも完全に手作業で作られたものです。フロントシートは22通り調節が出来るようになっており、シートヒーター機能、マーサージ機能、6種類のベンチレーション機能も付いているので機能性も抜群。
大きな荷物を積載するため、リアシートを倒すこともできます。いずれは7シーター加わることも検討されています。

シートの素材はヨーロッパの涼しい気候で育てられた雄牛から採取された最高級品質の本革を使用。余計な加工がされていない段階で職人が選んだレザーを用いて作られるそうです。

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 内装

ベンテイガの内装は、これまでのSUVとは根本的に違う、贅の限りを尽くしたものになっています。

本皮レザーシート、後部座席にそれぞれつけられた大型ディスプレイなどでも十分豪華と言えますが、やはり最大特長は中央につけられた時計。
この時計、実は標準装備ではなく、オプションとなっています。
最高級時計メーカー「トゥールビヨン」製で価格は衝撃約2000万円。
2000万円というと、超高級車がもう一台、買えますね・・・。

また、後述しますが走破性も非常に高く、アウトドアシーンでも活躍します。
豪華なキャンプを表す「グランピング」という言葉が最近では流行っていますが、ベンテイガは最高のグランピングにもうってつけの一台。
ワインセラーや、食器を入れる収納スペースまで用意されています。

以上のようにまさしく、「最強すぎる」としか言えない内装になっています。

ベントレー ベンテイガのスペックは?最強・最速のSUV

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー 外装

ベンテイガは、内装・外装ともにラグジュアリーを極めた高級車ですが、性能に関しても最強といえるものとなっています。

基本スペックは以下の通りです。
エンジン:6.0リッター W12 ツインターボTSI
排気量:5950 cc
圧縮比:10.5 : 1
ボア x ストローク:84 x 89.5
最高出力 :608 馬力
最大トルク:900 Nm / 664 lb.ft @1250-4500 rpm
パフォーマンス:
0-60mph 4.0秒
0-100km/h 4.1秒
最高速度 301 km/h

最高出力608馬力という数字は、市販モデルのSUVの中では最高で、豪華なだけでなく最速のSUVでもあります。

ベントレーベンテイガのエンジンは?

ベンタイガ ベンティガ ベンテイガ ベントレー エンジン

ベントレーベンテイガに搭載されているエンジンは、6LツインターボW12 TSIユニット。608ps/6000rpmのパワーと91.8kg-m/1250-4000rpmのトルクを持っています。

CO2排出量を減らすために、直接噴射式と間接噴射式の両方を採用。この2種類を切り替えながらエンジンを稼働させている。この稼働方式を用いることで出力とトルクの最大限の伝達が可能になるといいます。

今回のエンジンは従来のベントレーのエンジンよりも11.9%も効率が向上しています。

高級車ベントレーのSUVベンテイガは価格も最強!

スペック、豪華さともに最強だったベントレー ベンテイガですが、価格についてもそれに見合った2695万円となっています。

ベントレー ベンテイガの走破性もやっぱり最強!試乗動画をご紹介

さすがに最強のSUVを名乗るだけあって、オフロードの走破性も最強クラスです。
アウディQ7を共有する軽量プラットフォームと搭載されている、ベントレーのV12エンジンだからこそなし得る走破性といえるでしょう。

ベンテイガの走行テストは南アフリカの砂地や、イギリスの泥濘、マイナス40度の北極圏、そして日中50度を超す中東やアリゾナの極致で行われたそうです。

ベントレー ベンテイガのオプション

ベントレーベンテイガのエクステリアのカラーは17色から選ぶことができます。さらにオプションも含めると最大で90色が用意されます。
カーペットの種類も15種類用意されており組み合わせが無限大と言っていいでしょう。

安全装備も充実しています。
アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)が搭載されており、ドライバーは前に走っている車との距離を一定に保つことが可能。
他にも状況によって車の速度を変化させるプレディクティブACC、各種道路標識をドライバーに知らせる道路標識認識システム、バックの際レーダーで後ろの車を、完治するリア・クロッシング・トラフィック・ウォーニング、ステアリング操作を手助けしてくれるパーク・アシストなど多種多様な安全機能が備わっています。

ナビゲーションシステムとして8インチのタッチスクリーンに60GBのHDDが搭載されていて、30カ国語に対応もしています。
リアシートにはタブレットも標準装備。4G、WiFi、Bluetoothで通信することで様々なエンターテイメントが楽しめるようです。

【最新情報】ベントレー ベンテイガにクーペやハイパフォーマンスが?

ベントレー CEO デュラハイマー

ベントレー社のCEO、ウルフギャング・デュラハイマー氏がベンテイガの種類を増やしたいと発言しました。
種類を増やしたいと思った理由は、今後ランボルギーニ ウルスやロールスロイス カリナンが発売された時に、ベンテイガの新鮮さが褪せてしまうことを考慮したためだそうです。
ベントレーのように簡単に新車種を登場させることのできないメーカーが話題性を保つには、どうしても限定車やバリエーションの増加で保つしかなくなります。
そういった状況の中、デュラハイマー氏が新バリエーションとして最有力候補に挙げているのが「クーペ」と「ハイパフォーマンス版」です。
まだ正式な発表には至っていませんが、楽しみですね。

ランボルギーニ ウルスとロールスロイス カリナンについて

2016年秋には納車!ベントレー ベンテイガ

最強のSUV、ベントレー ベンテイガはいかがでしたか。
あまりのラグジュアリーさに驚いてしまったのではないかと思います。

価格には2695万円。
2016年の秋には納車が始まりましたが、日本での公開時にはすでに目標販売数である80台は完売したとのこと。
多くの機能が標準装備になっていますが、前述した時計のオプションをつけるとその価格は2倍近くになります。

簡単には手に入れられそうにありませんが、いつか手にしてみたいものですね。

高級外車に関連するおすすめの記事

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す