初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【高齢者マーク(もみじマーク)まとめ】年齢は何歳から?表示義務や罰則は?

70歳以上の高齢ドライバーが車に表示する「高齢者マーク(もみじマーク)」。正式名称は「高齢運転者標識」といいます。この記事では、そんな高齢者マーク(もみじマーク)の変遷についてまとめています。身近に高齢ドライバーがいる人や、もうすぐ高齢ドライバーになるという人はどうぞご覧になっていってください。

高齢者マーク(高齢運転者標識)とは?

高齢者マークの表示は70歳からの努力義務

高齢者マーク(高齢運転者標識)とは、道路交通法に基づく標識の一つです。70歳以上のドライバーが運転する普通自動車に表示されます。

形状は四葉のクローバーをモチーフとしており、高齢者を示す「シニア(Senior)」の「S」を組み合わせた葉の部分が4色に塗り分けられています。
このことからよくもみじマークとも呼ばれます。

道路交通法では、70歳以上のドライバーは「加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある」場合に、高齢者マークを表示して運転するように努めなければならないとしています。

ただし、これはあくまで努力義務であり、表示していなくても罰則が科せられるという事はありませんとされていましたが、現在はすでに改定されており、2008年から75歳以上を対象に表示が義務化されました。
努力義務であったから貼らなかったりしたりしていると、道路交通法違反となってしまいますので気をつけましょう。

紅葉マークの主な理由として、高齢者マークを表示した車に無理な幅寄せや割り込みをした場合、初心運転者等保護義務違反に問われるため、そういった危険運転に対する抑止力になるからです。

道路交通法第71条の5第3項

普通自動車対応免許を受けた者で七十歳以上七十五歳未満のものは、加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあるときは、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けて普通自動車を運転するように努めなければならない。

出典:http://www.houko.com/

初心運転者等保護義務違反の罰則

【反則金】
大型車(中型車を含む):7,000円
普通車・二輪車:6,000円
小型特殊:5,000円

行政処分:基礎点数点1点

もみじマークの変遷

1997年 努力義務規定として導入

紅葉マーク

SONY DSC

もみじマーク(高齢者マーク)は、1997年10月30日の道路交通法改正により、75歳以上を対象とした努力義務規定の標識として導入されました。

この時はまだ「紅葉マーク」「シルバーマーク」と呼ばれるオレンジと黄色の葉形のデザインで、高齢者のイメージから「枯れ葉マーク」とも呼ばれていました。

2002年 対象年齢が70歳以上に引き下げ

2002年の6月1日には、努力義務の対象年齢が75歳から70歳に引き下げられました。

2008年 75歳以上を対象に表示の義務化

2008年の6月1日からは、75歳以上を対象に高齢者マークの表示が義務化されました。

2009年 表示義務の不適用化

2009年4月24日、75歳以上の高齢者マークの表示義務が撤回され、70歳以上のドライバーを対象とした努力義務となりました。

2009年 新デザインの公募開始

2009年の7月23日、枯れ葉マークといった失礼な通称のイメージを払拭するために、高齢者マークのデザイン変更を検討することが発表されました。
2009年11月から2010年1月にかけて、新デザイン案の一般公募が行われ、応募総数14,573点の中から4案に絞られました。

2010年 新デザインの決定

2010年の8月19日には、現在の四葉のクローバーのマークに決定されました。

2011年 新デザインの公布、施工開始

2011年の2月1日からは、新デザインの高齢者マークの使用が開始されました。
なお、従来の「紅葉マーク」もそのまま使用することが可能となっています。

もみじマークを取り付ける位置、入手方法は?

もみじマークの取り付け位置

もみじマーク(高齢者マーク)の取り付け位置は「地上〇・四メートル以上一・二メートル以下の位置に前方又は後方から見やすいように表示するものとする。」と、道路交通法によって定められています。

取り付ける位置は多少ずれていても問題はありませんが、他のドライバーからなるべく見やすい位置に貼っておきましょう。

高齢者マークの入手方法

高齢者マーク(もみじマーク)は、免許センターや自動車学校、警察署やホームセンターでも購入できます。

安く済ませたいなら100円ショップでも購入できるので、時間や財布と相談して決めましょう。

高齢ドライバーが注意すること

高齢ドライバー

高齢者マーク(もみじマーク)を愛車に貼るようになった高齢ドライバーは、以下の点に注意しましょう。

・追突に注意し、車間距離を取る。
・周囲の状況にも注意を払い、危険を素早く察知する。
・一時停止の場所ではしっかり止まり、発進するときは徐行運転。
・交差点での右折時には、対向車の走行スピードにも注意する。
・疲労を感じたら、無理せずにしっかり休憩を取る。

アマゾンプライムのもみじマークおすすめ商品

もみじマークと一言で言ってもその貼り付け方に種類があります。
手軽に剥がすことができるマグネットタイプ。
非金属部分にも貼れるシートタイプ。
盗まれたり飛ばされない社内に貼る吸盤タイプ。
以降ではアマゾンプライムのおすすめ高齢者マークを紹介します。

高齢者マーク マグネット2枚組(マグネットタイプ)

マグネットであるこちらの高齢者マークは価格も安く送料も無料で買いやすいのが特徴です。
100円ショップのものよりも厚みがあり、しっかりとした作りになっているおすすめ商品です。

コレデコレ 高齢者マーク2枚セット(シートタイプ)

車体の金属部分にしか貼れないマグネットタイプと打って変わって、こちらのシートタイプは非金属部分にも貼れます。
粘着力の低下が危惧されますが、洗って汚れを落とすことで粘着力を回復することが可能なおすすめ商品です。

高齢者マーク 1枚入り(吸盤タイプ)

車内に貼れてマグネットタイプやシートタイプのように飛ばされることが絶対にない吸盤タイプのおすすめ商品です。
盗まれる可能性も限りなく低いため何時の間にか無くなっていて表示義務化に違反することもないです。

もみじマーク車を追い抜いたらどうなるの?

ドライブ ハンドル 運転 夕焼け

©Shutterstock.com/ Pushish Images

道路交通法において、もみじマーク(高齢者マーク)が貼られている車を追い越しては行けない等のルールはありません。
ですが高齢運転者標識には保護義務規定という周囲の車の運転手が守らないといけない規定があります。
道路交通法第71条第5号の4では、もみじマークをつけた車に対してやむを得ない場合を除き、煽ったり幅寄せをしたり割り込みなどの行為は禁止されています。
これは初心運転者等保護義務とも言い、高齢者マークをつけた車だけでなく、仮免許練習中の標識、初心運転者標識、身体障害者標識、そして聴覚障害者標識などにもあてはまります。

他のマークについてはこちら

70歳を超えたらもみじマークを付けよう

もみじマーク

もみじマーク(高齢者マーク)の意味や変遷についてはいかがでしたでしょうか?

もみじマーク(高齢者マーク)の表示は努力義務であり、表示していなくても罰則はありませんが、表示せずに検挙された場合、注意されることもあります。
自分だけの問題ではなく、周囲の安全にも関わることでもあるので、高齢者マークの表示を忘れないようにしましょう。

道路交通法に関するおすすめ記事

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す