初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

レクサス新型UX 2018年3月発表!新コンパクトSUVの発売日と価格やボディサイズは?

レクサスの新型コンパクトクロスオーバーSUV「UX」の欧州モデルのワールドプレミアが、ジュネーブモーターショー2018にて行われました。新型コンパクトSUVとなるUXには、レクサスのスポーツモデルシリーズ「F SPORT(Fスポーツ」がラインナップされることと、エクステリア(外装)、インテリア(内装)やボディサイズ、パワートレインと新開発のプラットフォーム、日本発売予定などが公開されました。まだ明らかにされていないエンジンスペック、新車価格などは予想情報をお届けします。

【最新情報】新型レクサス UXのワールドプレミアをジュネーブで実施

レクサス 新型 UX250h F SPORT 欧州モデル

レクサス 新型 UX200 欧州モデル

レクサスの新型コンパクトクロスオーバーSUV「UX」の欧州モデルが、ジュネーブモーターショー2018でワールドプレミアされました。

UXは、レクサスのラインナップではまったく新しい都会派のコンパクトクロスオーバーとして設計されており、コンセプトは「Creative Urban Explorer(クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー)」となっています。
プラットフォームには新開発のGA-Cが採用されており、ボディの剛性化と軽量化、低重心化を実現しています。
欧州モデルのエンジンは、は2.0L 直列4気筒直噴エンジンや2.0Lハイブリッドシステムなどがラインナップされています。

新型コンパクトSUV レクサスUXの外装

レクサス UX200 フロント

レクサス UX200 サイド

レクサス UX200 リヤ

レクサス UX200 フロントグリル

レクサス UX200 リヤバンパー

レクサス UX200 フェンダー

レクサス 新型UX(欧州モデル)のエクステリアは、タフな力強さと俊敏さを兼ね備えた、大胆かつ洗練されたデザインです。

縦方向に厚みを持ち、なおかつ車の中心部からタイヤにかけてフェンダーが張り出している設計は、タフさや安心感を感じさせます。
加えてブロックメッシュ状のスピンドルグリルは、精悍さや力強さを印象づけます。

そして、GA-Cプラットフォームの採用による低重心化とタイヤの大径化が、俊敏さを演出します。
ヘッドランプは三眼LEDで、その上部に矢じりをモチーフとしたクリアランスランプを配置、リヤコンビネーションランプは左右一体の翼形状となっています。
デザインの細かいこだわりが、UXの俊敏なイメージをより印象づけてくれるでしょう。

フェンダーも整流効果の高い形状となっており、機能美が追求されています。

新型コンパクトSUV レクサスUXの内装

レクサス UX200 インパネ

レクサス UX200 シート全体

レクサス UX200 フロントシート

レクサス UX200 リヤシート

レクサス UX200 メーター

レクサス 新型UX(欧州モデル)のインテリアは、運転時に高揚感を演出するコックピットと、乗車時に開放感を感じる設計、そして日本独自の美的感覚で構成されています。

低めに設定されたドライビングポジションはスポーティーな走りを予感させ、ドライビングの楽しさと高揚感を沸き立たせるでしょう。

また、内装全体がタイヤの位置や視界を車内から認識しやすい開放的な設計となっています。
これは「内と外の境界を曖昧にする」という日本の建築思想に基づいた設計で、具体的にはインパネ上部からフェンダーまでが繋がっているような造形が、この「開放感」の理由となっています。

ほかにもフロントシートの伝統的な刺繍方法「刺し子」をモチーフとしたキルティング、和紙のような質感を表現したインストゥルメントパネル上部のオーナメントなど、内装全体に日本の美意識が多く取り入れられています。
また、ワイヤレス給電技術によって発光するエアコンレジスターノブは世界初の試みです。

HMIが搭載される?

(参考)コンセプトUXの内装

パリモーターショーで公開されたコンセプトの内装は非常に未来的なデザインでしたが、実際の内装はコンセプトほど奇抜にはなりませんでした。

コンセプトには、未来的な内装の他に、「3Dヒューマン・マシン・インターフェース=HMI」とレクサスが名付けたインターフェースが搭載されていました。
これまでの装備とは異なり3Dで操作するインターフェースとなっているようです。

ハンドルの右側にある、透明で角ばった、中心の光っている装置が「HMI」だと思われます。
HMIの搭載については、欧州モデルのワールドプレミアでは発表がありませんでした。

レクサス UXのボディサイズ・エンジンスペック

ボディサイズ

レクサス UX250h F SPORT

レクサス UX200

全長 4,495mm
全幅 1,840mm
全高 1,520mm
ホイールベース 2,640mm
タイヤ&ホイール 17または18インチ

パワートレイン

レクサス UX250h F SPORTのエンジン

レクサス UX200のエンジン

レクサス 新型UXのパワートレインには、熱効率と動力性能を両立しながら小型化と軽量化も実現させた2.0L 直列4気筒直噴エンジンや、2.0L直列4気筒直噴エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムなどがラインナップされています。

MOBY編集では、レクサス UXのベースはトヨタ C-HRだと予想していました。
そのため、パワートレインも1.8Lハイブリッドと1.2Lターボエンジンが採用されると、編集部は考えていました。

また、レクサス UXのグレード名はエンジンの排気量が表されているため、商標の登録が確認されていたUX200、UX250、UX250hに基づいた2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.5Lハイブリッドエンジンの3種類がラインナップされる線も濃厚でした。
しかし、ジュネーブで2.5LエンジンおよびUX250というグレードは発表されませんでした。

3種類のエンジンを比較!

トヨタの新型プラットフォーム GA-C採用

レクサス UX250h F SPORT

レクサス UX200

レクサス 新型UXのプラットフォームは、剛性の向上と軽量化による低重心化が両立したGA-Cプラットフォームを採用しています。
GA-Cプラットフォームは、優れた操舵応答性と操縦安定性を実現しており、減速・操舵・加速の運転操作性繋がりよくリズミカルに行なえます。

レクサス UXコンセプトモデルのサイズは全長4,400×全幅1,900×全高1,520mmとされており、C-HRと同じボディサイズでした。
そのため、C-HRに採用されているTNGAがUXにも取り入れられると思われましたが、新開発のプラットフォームが登場しました。

TNGAについてはこちら

レクサス UXのサスペンションは?

レクサス UX250h F SPORT フロントサスペンション

レクサス UX250h F SPORT リヤサスペンション

新型UXに採用されているGA-Cプラットフォームのサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式、リアにダブルウィッシュボーン式を採用しています。
徹底的な走り込みとチューニングを重ね、高い操舵性と上質な乗り心地を実現しています。

トランスミッションは進化したCVT

レクサス UX250h F SPORT シフトノブ

レクサス UX200 欧州モデル シフトレバー

新型UXのトランスミッションはDirect Shift-CVT(ダイレクト・シフト-CVT)です。
従来のベルトとプーリーによる駆動に発進用ギアを追加、ダイレクトな発進・加速フィーリングを実現しています。
また、CVTらしいスムーズな走りを保ちつつ、燃費性能を向上しています。

レクサス UXはレクサス CTのSUV版?

レクサス UXは、レクサス CTのSUV版であるとも言われていました。
近年のSUV市場の盛り上がりから、SUVバージョンのレクサスCTが登場するのではないかと予想されていたのですが、レクサスUXが登場したことによって、レクサスCTがSUVとなることは無くなったと言われています。
またレクサスUXの登場によってレクサスCTのフルモデルチェンジが遠ざかるのではないかという説もあるようです。

レクサスCTについてはこちら

レクサスUXの安全装備

プリクラッシュセーフティ

レーダークルーズコントロール

アダプティブハイビームシステム

レクサス 新型UXには予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」(レクサス セーフティ システム+)の第2世代版が搭載されます。

レクサスの先進予防安全技術として実績のある「レクサス セーフティ システム+」が進化して、「レクサス セーフティ システム+A」として発表、2017年10月に発売したレクサス新型LSに搭載されました。
MOBY編集部でも、レクサスUXに採用されるのは「レクサス セーフティ システム+A」になると予想していました。
しかし、実際に発表されたのは「レクサス セーフティ システム+」の次世代版となりました。

新型UXに搭載される「レクサス セーフティ システム+」第2世代版は、従来とまったく同じというわけではなく、「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに各機能を進化させた次世代バージョンです。
第2世代の「レクサス セーフティ システム+」には、プリクラッシュセーフティ、レーダークルーズコントロール、アダプティブハイビームシステム、ロードサインアシストなどが搭載されています。

レクサス UX "F SPORT"(Fスポーツ)も登場

Fスポーツのエクステリア(外装)デザイン

レクサス UX250h "F SPORT" フロント

レクサス UX250h "F SPORT" サイド

レクサス UX250h "F SPORT" リヤ

レクサス UX250h "F SPORT" ヘッドランプ

レクサス UX250h "F SPORT" テールランプ

レクサス UX250h "F SPORT" フロントグリル

Fスポーツはグリルメッシュとサイドメッシュが、新しいタイプのFメッシュパターンになっています。
また、バンパー下部の漆黒メッキ、専用アルミホイールなどで車体下部をダークトーンにコーディネイトしています。
三眼LEDの上部にアローヘッド型クリアランスランプが配置されたヘッドランプや、左右一体の翼形状となっているテールランプは標準モデル同様です。

Fスポーツのインテリア(内装)デザイン

レクサス UX250h F SPORT インパネ

レクサス UX250h F SPORT フロントシート

レクサス UX250h F SPORT リアシート

レクサス UX250h F SPORT シート全体

レクサス UX250h F SPORT メーター

シート、ステアリング、メーターがF SPORT専用デザインとなっています。

Fスポーツの走行性能・快適装備

減衰力を制御するリニアソレノイド式AVSのほか、フロントにパフォーマンスロッド、リヤにパフォーマンスダンパーを採用しており、高い操縦安定性と室のいい乗り心地を提供します。
また、スポーティーな走りをサウンドで演出するActive Sound Control(アクティブ・サウンド・コントロール)を採用しています。

新型レクサスUXはミラーレス車に?

レクサス UX200 ダッシュボード

レクサスUXのコンセプトカーは、ミラーレス車だったことで大きな注目を集めました。
MOBY編集部では、カメラを利用した電子ミラーを採用することで、新型レクサスUXはエクステリアを未来のコンパクトクロスオーバーSUVとして無駄のない洗練されたデザインに進化させると予想していました。
しかしジュネーブで発表された欧州モデルはミラーレス車ではありませんでした。
日本モデルもミラーレスにはならない可能性が高いでしょう。

ただし、今後レクサスの新型車でミラーレス技術を導入していくこともあるかもしれません。
これからの車の当たり前を作るレクサスの、今後の動向にも期待しましょう。

ミラーレス車や電子ミラーについて詳細はこちら

新型コンパクトSUV レクサス UXの新車価格

ジュネーブモーターショー2018でのレクサス新型UXの発表時、新車車両価格についてのアナウンスは一切ありませんでした。

価格は、現行モデルのトヨタ車とレクサス車の価格差異の割合、レクサスのSUVのエントリーモデルとなること、およびCTとNXの価格帯から、350万〜450万円と予想しています。

レクサス 新型UXの日本モデルはどうなる?【予想】

レクサス 新型UX F SPORT エンジン

新型UXの日本モデルは、外装・内装については欧州モデルとほとんど変わらないでしょう。
エンジンラインナップは、2.0L 直4エンジンとF SPORTの2グレードになると予想します。

レクサス新型UXの日本発売日

カレンダー

©everystockphoto.com/ yoppy

トヨタは、ジュネーブモーターショーでのワールドプレミアにて、レクサス新型UXの日本発売日は2018年冬頃を予定していることを発表しました。

レクサスUXがデビューするまで

【2016年9月】レクサスがUX コンセプトを発表

2016年9月、レクサスはパリモーターショー16で、コンセプトカー「UX コンセプト」を初公開しました。

「レクサス UX」のコンセプトカーは大胆なエクステリアと人間工学に基づいたインテリアなどが特徴的で、加えてホログラムなどを用いたヒューマンマシンインターフェースのような先進技術に、多くのファンから注目されました。

レクサスの新たなキネティックシート

(参考)コンセプトUXの内装:キネティックシート

レクサスが新たに提案する「キネティックシート」と呼ばれるもので、蜘蛛の巣を参考に開発された新シートが、UXコンセプトに採用されていました。

放射線状に広がる蜘蛛の巣のようなデザインで、座った際に発生する負荷を分散させる効果があるようで、長時間座っていても快適に過ごすことが可能となると同時に、シートが薄くなることで車重全体の軽量化にも貢献するとのことでした。

【2017年3月】レクサスUXの存在が明らかに

ジュネーブモーターショー 2016

©iStockphoto.com/ VanderWolf-Images

レクサスUXの存在が最初に明かされたのは、ジュネーブモーターショー2017でした。
レクサスインターナショナルの澤良宏上級副社長が海外メディアに向け“Please expect UX, it’s not so far away.”(UXに期待していて下さい。デビューはそんなに遠くないですよ。)と公表、そして澤良宏上級副社長が新型レクサス・UXは「若い世代の人々に魅力のある車種になるだろう」と考えていることも明らかになりました。

すでに「UX200」「UX250」「UX250h」が米国にて商標登録の申請がなされており、新型レクサス UXの開発は着実に進んでいることが分かります。

【2018年2月】新型レクサスUXがジュネーブモーターショーにて公開されることが発表

2月20日、レクサスは新型コンパクトクロスオーバーSUV「UX」をジュネーブモーターショー2018にて世界初公開することを明らかにしました。
ワールドプレミアに向けて、ティザー動画が公開されています。
ティザー動画からはリアデザインの一部を確認することができ、横に長く伸びた特徴的なテールランプが採用されていることが見て取れます。

【2018年2月】新型レクサスUXのエクステリア(外装)デザイン公開

レクサス 新型UX 欧州仕様

発表された動画

2月28日、ジュネーブモーターショーに先駆けて、UXのデザイン画と動画が公開されました。

デザイン画からは力強い厚みのあるボディ、俊敏さを感じさせるフェンダーなどタ洗練されたエクステリア(外装)デザインが見て取れます。

コンパクトクロスオーバーとしてラインナップに加わるUXは、新たな選択肢を提案するモデルになるとレクサスは発言しています。

ジュネーブモーターショーについてはこちら

レクサスUXは発売前から大人気の注目車種!

UX200

レクサスUXは都会派クロスオーバーSUVという、これまでのレクサスのラインナップに無かった新たな選択肢として登場します。
レクサス中もっとも手が届きやすい価格帯になることも考えられ、多くの人から愛される車となるでしょう。

ついにその姿が明らかになったレクサスUXの、今後の動向に目が離せません。

注目の新型車はこちら

SUVやレクサスの人気ランキングはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!