初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【アメ車・ビンテージカー】シボレー・ベルエア|中古車価格とレストアやカスタム

アメ車を代表するビンテージカー、世界を代表するビンテージカーといって過言ではないシボレー・ベルエアを初代モデルから最終型まですべてご紹介します!また、中古車価格やレストア、カスタムについてもご紹介します!日本版ウィキ○ディアの情報は少なく誤っているようですのでご注意を!この記事をぜひ参考にしてください。

シボレー・ベルエアとはどんな車?

シボレー ベルエア 1957年型

ベルエアは1950年から1975年までに生産販売された、シボレーの最上級セダン・ハードトップです。(1975年以降1981年まではカナダで継続して生産された)

ボティタイプはコンバーチブル、ワゴンの派生もあります。
4代目までのシボレー・ベルエアはビンテージカーとして今でも日米で人気が高く、アメ車のビンテージカーの代表の1つとなっています。

シボレーの歴史などのついてのまとめ記事

ベルエア 中古車価格の相場

シボレー ベルエア 黒 1957年型

ベルエアでは2代目が一番人気のあるモデルとなっていて、2代目はビンテージカーというだけあって500万円〜1,300万円の間が相場となっています。

中古車ディーラーでは応相談価格となっていることが多々ある上、1959年型ベルエアも高い人気があるビンテージカーですが流通量が極端に少なく(初代よりも少ない様子)価格相場そのものが不明です。

4代目以降のベルエアはビンテージカーというよりアメ車好きのカスタムカーといった感じがあり、価格はこなれてはいますが、レストア済みで走行に問題がない状態のもので200万円台〜500万円台といった中古車価格となっています。


中古車情報
システムメンテナンス中


カスタムカーとしてのベルエアとレストア

シボレー ベルエア 1957年型

古いアメ車はおしなべてカスタムカーが多い傾向にあります。
ベルエアも例に漏れずローダウン、銀メッキを多用した外装カスタムパーツなどによってカスタムされていることが多い車です。

また、同時にフルレストアされている車がほとんどです。60年以上昔の車ですからフルレストアされていないベルエアを探す方が困難でしょう。

従って、現在、日本の中古車市場で買えるベルエアのほとんどがレストアされカスタムされている状況です。

それでは、歴代のシボレー・ベルエアを初代から最終型までの全モデルをご紹介します!

カスタムといえばローダウン!関連のおすすめ記事はこちら

次のページ

この記事の執筆者

サトー・ルノーこの執筆者の詳細プロフィール

自動車専門のライターをしています。愛車遍歴はシボレー・カマロから近所の自動車修理工場で放置されていた3万円のカローラ2まで多岐に渡ります。自動車整備から保険まで幅広い経験を持っています。最も愛する車は1960〜70年代のシトロエンDSとシボレー・インパラ。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社