初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型オーリス最新情報!フルモデルチェンジで発売日は2017年?価格・性能・燃費を予想

トヨタのコンパクトハッチバック「オーリス」が、2017年のフルモデルチェンジを計画しているようです。その高い環境性能で世界的にも人気の高いオーリスが、更に燃費性能を向上させるとのこと。この記事では、流出した新型オーリスのプロトタイプの画像と、予想されるフルモデルチェンジの内容について紹介しています。

トヨタ・オーリスがフルモデルチェンジ!

新型オーリスの発売は2017年12月か?

トヨタ オーリスHYBRID G Package 2016年

トヨタ・オーリスが2017年の12月にフルモデルチェンジを計画しているようです。
新型オーリスの性能や実燃費から、価格・発売日に関する最新情報について解説します。

【最新情報】新型オーリス プロトタイプの画像が流出!

トヨタ オーリス プロトタイプ
トヨタ オーリス プロトタイプ
トヨタ オーリス プロトタイプ

2017年の秋、新型オーリスのテスト車両が改めてスクープされました。
前回のスクープ画像と比較してもカモフラージュがかなり薄くなっており、新型オーリスの風貌がわかりやすくなっています。

今回のテスト車両は前科のテスト車両よりシャープな印象になっており、リアに向かっての傾斜が急になっていることも確認できます。
新型オーリスは旧型モデルよりもスポーティーな装いになりそうです。

オーリスの名称がカローラハッチバックに?

新型オーリスの名称がカローラハッチバックに変更になるという噂が出回っています。
今になって「カローラ」の名前を冠する理由として、全世界でモデルを統一する際に、海外でも馴染みのある「カローラ」の名前を使用したほうがグローバル化が容易であることなどが考えられます。

トヨタ・オーリスとは?

トヨタ オーリス RS S Package 2012年

トヨタ オーリス RS S Package 2012年

オーリスは、トヨタ自動車が2006年から製造・販売しているコンパクトハッチバックおよびステーションワゴンです。
2代目である現行モデルは2012年から販売されています。

2代目オーリスのフロントマスクには、トヨタ車の共通デザインである「キーンルック」を初めて採用し、その車体は空力性能と走行安定性を考慮した低重心のボディとなっています。

トヨタのグローバル展開における主力車両として、欧州地域でも通用する高い環境性能を持っており、2016年の4月から追加されたハイブリッドモデルは、JC08モードで30.4km/Lという燃費性能を実現し、「平成32年度燃費基準+20%」も達成しています。

「機動戦士ガンダム」とコラボした「シャア専用オーリス」の一般販売も話題を呼び、普段車に興味が無い層にもオーリスの名を知らしめました。

車名の「オーリス(AURIS)」は、ラテン語で「金」を意味する「Aurum」および「Aura(オーラ)」からの造語で、金の様な存在感と独特のオーラを持つ車になって欲しいという願いが込められています。

新型オーリスのテスト車両をスクープ!

2017年10月 最新情報

トヨタ 新型オーリス(カローラハッチバック) スパイショット
トヨタ 新型オーリス(カローラハッチバック) スパイショット
トヨタ 新型オーリス(カローラハッチバック) スパイショット

オーリスの後継車となるとも噂されている、新型カローラハッチバックのテスト走行姿が目撃されました。

ヘッドランプは現行型オーリスより薄くワイドな形状であることがわかります。
また、CピラーとDピラーにあるリアクォーターガラスがなくなったことで、リアウィンドウが現行型オーリスより傾斜したデザインです。

2017年4月 最新情報

トヨタ オーリス 新型 スパイショット
トヨタ オーリス 新型 スパイショット

2017年4月、フルモデルチェンジする新型オーリスと思われるテスト車両が、スカンジナビアで目撃されました。
カモフラージュに覆われ詳細なデザインは判明していませんが、新型オーリスは現行モデルよりもやや大型化すると見られています。

フロントマスクも黄色い布で覆われ、ライトやグリル、バンパーの形状も謎に包まれたままですが、市販モデルでは現行モデル同様にキーンルックが採用され、ヘッドライトもよりシャープなデザインになると予想されています。

トヨタ 新型オーリスはどう進化する?実燃費は?

新プラットフォーム TNGAを採用?

トヨタ TNGA プラットフォーム 2015年

新型オーリスには、トヨタの次世代プラットフォーム「TNGA」が採用される予定です。
これにより、低重心・高剛性のボディとなり、走行安定性が向上します。
また、車体の大きさも現行モデルより若干大きくなり、より広い室内空間が確保されるようです。

トヨタの最新プラットフォーム「TNGA」に関する詳しい情報は以下の記事で解説しています。

新型オーリスのパワートレイン

新型オーリスのパワートレインは、トヨタの新型SUV「C-HR」から流用されるとの予想です。
現行モデルと比較して、燃費は約25%、動力性能では約15%以上の向上が期待できます。

エンジンのラインナップは、1.8L直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッドと、1.4L直列4気筒直噴ターボエンジンが用意されるそうです。

1.8L直列4気筒エンジン+モーター1.2L直列4気筒直噴ターボエンジン
最高出力98ps/5,200rpm116ps/5,200-5,600rpm
最大トルク14.5kgm/3,600rpm18.9kgm/1,500-4,000rpm
モーター最高出力72ps
モーター最大トルク16.6kgm
駆動方式FF/AWD(E-Four)FF/AWD
JC08モード燃費35.0km/L20.0km/L

新型オーリスには「トヨタセーフティーセンスC」が標準搭載!

新型オーリスには、現行モデルと同様の安全運転支援パッケージ「トヨタセーフティーセンスC」が標準搭載される予定です。

エマージェンシーブレーキや車線逸脱防止機能といった装備により、安全性能を高めます。

トヨタ 新型オーリスの実燃費は?

新型オーリスに、C-HRと同じパワートレインが採用されると仮定して実燃費を推測します。

C-HRのハイブリッドモデル(2WD)のカタログ燃費はJC08モードで30.2km/Lとなっており、新型オーリスの燃費性能もこの数値にかなり近づくと思われますが、ボディサイズや発売時期を考慮すると新型オーリスのカタログ燃費はややアップし、35km/L近くになると予想されます。

新型オーリス ハイブリッドモデルのカタログ燃費が仮に35km/Lだと想定して、その約70%
が実燃費だとすると、24.5km/L前後が実際の数値になるのではないでしょうか。

しかしながら、2017年5月現在では新型オーリスのパワートレインは明かされておらず、まったく異なるエンジンやハイブリッドシステムが採用される可能性もあります。

最新情報が入り次第、更新してまいります。

新型オーリスの価格と発売日は?

2017年5月に目撃された新型オーリス

トヨタ オーリス 新型 スパイショット

トヨタ 新型オーリスの発売日は2017年末になると予想されていましたが、2017年秋にスクープされた車両の様子から、発売は2018年に持ち越しになると考えられます。
価格は現行モデルから大きな変更はなく、約200〜300万円程度になると考えます。

新型オーリスはプリウスやアクアにも迫る燃費性能を発揮し、欧州を中心に人気となることでしょう。

MOBYでは今後も新型オーリスの最新情報を追っていきますので、どうぞご期待ください!

トヨタの新型車に関連する記事!

ステーションワゴン・ハイブリッドに関するおすすめ記事!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK