初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型オーリス フルモデルチェンジ最新情報】発売日と価格やスペック予想など

トヨタは、新型オーリスをジュネーブモーターショーで発表!オーリスはカローラハッチバックへと名称変更となる可能性も!フルモデルチェンジした新型オーリスにハイブリッドエンジンが追加され、燃費の大幅な向上が期待できます。新型オーリスの外装・内装のデザイン、性能、実燃費、価格やスペック、日本発売日を予想しています。トヨタのハッチバック「オーリス」のフルモデルチェンジ最新情報をお届けします。

欧州仕様の新型オーリスをフルモデルチェンジして世界初公開!

ジュネーブモーターショー2018で初公開されたトヨタ新型オーリス

2018年3月6日に、スイス ジュネーブモーターショーでトヨタはフルモデルチェンジした新型オーリスを世界初公開しました。
この8日前には、新型オーリスのティザー画像が発表され大きな話題となり、この日の発表を多くの人が待っていました。

今回フルモデルチェンジが発表された新型オーリスは、ヨーロッパで発売されるモデルです。
フルモデルチェンジしたトヨタ新型オーリスは、先代モデルよりもダイナミックな印象のエクステリア(外装)デザインとなりました。
また、新開発の2.0Lのハイブリッドエンジンを搭載するなど、全面的に刷新されました。

この記事ではトヨタ新型オーリス(欧州モデル)について解説しながら、日本で発売されていたオーリスや、日本で発売が決定した新型カローラハッチバック(仮名)についてもご紹介します。

ジュネーブモーターショーについてはこちら

米国仕様の新型カローラハッチバックも公式発表!

米国仕様 新型カローラハッチバック

米国仕様の新型カローラハッチバックも公式発表され、2018年夏より発売開始となることが明らかになりました。米国モデルには6速マニュアルが選択できるほか、人工知能の音声認識「アレクサ」を備えたコネクテッド機能「エンチューン3.0 Audio」が搭載されます。日本モデルではどちらも採用される可能性は低いと思われます。

また、新型カローラハッチバックの日本発売も決定し、発売日は2018年初夏と発表されました。

新型カローラハッチバックについてはこちら

カローラハッチバックの公式ティザーサイト公開!

2018年4月3日、トヨタ新型カローラハッチバックのティザーサイトが公開されました。
同サイトでは「Japan in Summer」と記されています。

ニューヨークモーターショーで発表されたとおり、日本での発売は2018年夏頃となるようです。

ティザーサイトに掲載されている画像は北米仕様モデルのものを使用していますが、「開発段階かつ米国仕様のものであり、 量産モデルとは仕様が異なる場合があります」とのこと。
さらに、日本発売名についてもまだ言及されておらず、どんな名前が付けられるかも不明です。

続報に期待しましょう。

トヨタ新型オーリス(欧州モデル)の主な変更点

欧州モデルのオーリスについて、フルモデルチェンジの変更点をまとめました。

・外装内装を全面的に刷新。
・旧型よりホイールベースが40mm増加、全高は25mm減少。
・180hpを誇る新開発の2.0L直列4気筒ハイブリッドエンジンを採用。
・122hpの1.8Lハイブリッドエンジンをラインナップ。
・トヨタ新世代プラットフォームTNGAを採用。

トヨタ新型オーリスのエクステリアデザイン(外装)

トヨタ新型オーリス(欧州モデル)

新型オーリスのエクステリアは、「インテリア性を損なうことなく、市場でもっとも大胆でダイナミックなハッチバックを作ること」を目指してデザインされています。
ホイールベースが長くなり、欧州の現行モデルより全長が40mm増加、全高は25mm減少しています。

新型日本モデルに関しても、同様にダイナミックな外観が踏襲されると予想します。
ボディサイズが欧州モデルと異なる場合でも、見た目は欧州モデルに近いものとなるでしょう。

欧州と日本の現行型オーリスを比較

欧州現行モデル

日本現行モデル

全長 4,330mm
全幅 1,760mm
全高 1,480~1,500mm
ホイールベース 2,600mm

欧州モデル・日本モデルの現行型はボディサイズが同じです。
もし新型日本モデルのボディサイズが変更されるのであれば、欧州モデル同様に全長(ホイールベース)が増加、全高が減少する可能性も十分あるでしょう。

トヨタ新型オーリスのインテリアデザイン(内装)

【2018年1月】トヨタ新型オーリス(欧州モデル)のスパイショット

新型オーリス(欧州モデル)のインテリア(内装)デザインは公開されていません。
しかし、プロトタイプの内装は捉えています。

ダッシュボードにはカモフラージュがなされていますが、おそらくトヨタ最新のインフォテインメントシステムが搭載されることが予想されました。
7インチの高精度カラー液晶画面を搭載しているとの情報も流れていました。

新型日本モデルに関しても、トヨタ最新のインフォテインメントシステムが搭載されると見てよいでしょう。

トヨタ 新型オーリスのプラットフォームは?

新プラットフォーム TNGAを採用

トヨタ新型オーリス(欧州モデル)のプラットフォームには、「TNGA」が採用されます。
これにより、低重心・高剛性のボディとなり、走行安定性が向上します。
また、ホイールベースの延長で車体の大きさも現行モデルより若干大きくなり、より広い室内空間が確保されます。

新型日本モデルに関しても、TNGAプラットフォームを採用する可能性が高いです。

また、新型オーリスおよびカローラハッチバックは、現行オーリスの車格である3ナンバーサイズで開発が進められているという情報があります。
または、カローラシリーズのセダンおよびワゴンである「アクシオ」「フィールダー」の新型についても、海外仕様車同様の3ナンバーサイズで国内販売されるとの情報もあります。
その場合、新型カローラシリーズは全て3ナンバーサイズとなるため、トヨタのラインナップが大きく変動しそうです。

トヨタ 新型オーリスのパワートレインと実燃費は?

新型オーリスのパワートレイン

トヨタが発表した新型パワートレイン「ダイナミックフォースエンジン」

トヨタはジュネーブモーターショーに先立って2月26日、新型パワートレインを発表しました。
新開発の「ダイナミックフォースエンジン」は、180hpの2.0L 直4直噴エンジンで、ハイブリッドは世界トップレベルの熱効率41%を達成しています。
(※熱効率が高いほど、燃料が燃える際のエネルギーがムダなく使われていることを意味します)

さらに新型オーリス(欧州モデル)には122hpの1.8L直列4気筒ハイブリッドエンジンと、1.2Lダウンサイジングターボエンジンもラインナップします。
1.8Lハイブリッドは現行モデルのエンジンを継承します。

新型オーリスには新開発のハイブリッドシステム「2.0L THSⅡ」を採用か

トヨタ新型オーリスのハイブリッドモデルについては、欧州では2.0Lハイブリッドエンジンを採用することが発表されています。
詳細は不明ですが、その場合新開発のハイブリッドシステム「2.0L THSⅡ」を搭載した「ダイナミックフォースエンジン」が採用となる可能性が高いです。
2.0Lハイブリッドエンジンの搭載が決定しているため、「2.0L THSⅡ」採用の線は濃厚です。

新型ダイナミックフォースエンジンのスペック

新型Dynamic Force Engine新型Dynamic Force Engine

新型THSⅡ
エンジン種類直列4気筒 直噴直列4気筒 直噴 +THSⅡ
排気量2.0L2.0L
最高出力126/6,600107/6,000
最大トルク205/4,800180/4,400
モーター最高出力-80[109]
最大トルク-202[20.6]
トランスミッション新型CVTを採用か新型CVTを採用か
駆動方式--
使用燃料ガソリンガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型オーリス 日本モデルのエンジンはどうなる?

上記の通り、新型オーリス欧州モデルは2.0Lおよび1.8Lのハイブリッドエンジンをラインナップします。
そのほか、1.2Lターボのガソリンエンジンと、合計3種類のエンジンです。

日本モデルは3種類すべてのエンジンを採用するかどうかは不明です。
ハイブリッドのみがラインナップされる可能性もありますので、続報に期待しましょう。

その他トヨタ新型オーリスに採用される可能性があるエンジン

トヨタ新型オーリスおよび新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)のパワートレイン予想で候補に上がったものを以下にまとめました。

・1.4Lターボ
・2.0Lターボ

欧州モデルは3つのエンジンが発表されていますが、今後もまだハイパワーなエンジンがラインナップされるかもしれません。
その場合、スポーツグレード用である可能性もあるため、「GT」モデルとなるのか「GR」ブランドから販売されるのかにも注目が集まっていました。

また、パワートレインはトヨタの新型SUV「C-HR」から流用されるという予想もあります。
その場合、現行モデルと比較して、燃費は約25%、動力性能では約15%以上の向上が期待できます。

新型オーリスと新型カローラハッチバック(カローラスポーツ)がそれぞれ発売される場合、エンジンラインナップが異なる可能性があります。
こちらも続報に期待しましょう。

<参考>現行型オーリスのスペック

全長全幅全高
4,3301,7601,480(1,500)
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6001,515~1,5355
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ( )内は4WD
1.8L+モーター1.2Lターボ1.8L
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC
排気量1.8L1.2L1.8L
最高出力73[99]/5,20085[116]/5,200~5,600105[143]/6,200
最大トルク142[14.5]/4,000185[18.9]/1,500~4,000173[17.6]/4,000
モーター最高出力60[82]--
最大トルク207[21.1]--
トランスミッションCVTCVT6速MT、CVT
駆動方式FFFFFF
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

<参考>トヨタ C-HRのパワートレイン

1.8L直列4気筒エンジン+モーター1.2L直列4気筒直噴ターボエンジン
最高出力98ps/5,200rpm116ps/5,200-5,600rpm
最大トルク14.5kgm/3,600rpm18.9kgm/1,500-4,000rpm
モーター最高出力72ps
モーター最大トルク16.6kgm
駆動方式FF/AWD(E-Four)FF/AWD
JC08モード燃費35.0km/L20.0km/L

新型オーリスには「トヨタセーフティセンス」が標準搭載!

新型オーリス欧州モデルには、最新型の「トヨタセーフティセンス」が搭載されます。

エマージェンシーブレーキや車線逸脱防止機能といった装備により、安全性能を高めます。

トヨタ 新型オーリスの実燃費は?

トヨタ新型オーリスの燃費については情報がありません。
しかし新開発のハイブリッドエンジンは、新開発の直噴 直列4気筒エンジンで、ハイブリッド仕様は熱効率41%を達成しているため、現行オーリスよりも燃費アップとなることは確実でしょう。

ここでは、インターネット上に「新型オーリスに搭載される」という情報があるC-HRのパワートレインを参考にし、実燃費を推測してみました。

C-HRのハイブリッドモデル(2WD)のカタログ燃費はJC08モードで30.2km/Lとなっており、新型オーリスの燃費性能もこの数値にかなり近づくと思われますが、ボディサイズや発売時期を考慮すると新型オーリスのカタログ燃費はややアップし、35km/L近くになると予想されます。

新型オーリス ハイブリッドモデルのカタログ燃費が仮に35km/Lだと想定して、その約70%が実燃費だとすると、24.5km/L前後が実際の数値になるのではないでしょうか。

最新情報が入り次第、更新してまいります。

トヨタ オーリスとは?

トヨタ オーリス RS S Package 2012年

オーリスは、トヨタ自動車が2006年から製造・販売しているコンパクトハッチバックおよびステーションワゴンです。
2代目である現行モデルは2012年から販売されています。

2代目オーリスのフロントマスクには、トヨタ車の共通デザインである「キーンルック」を初めて採用し、その車体は空力性能と走行安定性を考慮した低重心のボディとなっています。

トヨタのグローバル展開における主力車両として、欧州地域でも通用する高い環境性能を持っており、2016年の4月から追加されたハイブリッドモデルは、JC08モードで30.4km/Lという燃費性能を実現し、「平成32年度燃費基準+20%」も達成しています。

「機動戦士ガンダム」とコラボした「シャア専用オーリス」の一般販売も話題を呼び、普段車に興味が無い層にもオーリスの名を知らしめました。

車名の「オーリス(AURIS)」は、ラテン語で「金」を意味する「Aurum」および「Aura(オーラ)」からの造語で、金の様な存在感と独特のオーラを持つ車になって欲しいという願いが込められています。

トヨタ オーリスの中古車情報

最新「オーリス」中古車情報!

本日の在庫数 742
平均価格 131.6万円
本体価格 18〜267.3万円
Pick up!
Pick up!

オーリスについてはこちらの記事もおすすめ

新型オーリスが発表されるまで

【2017年4月】雪上テストがスクープされる

2017年4月、フルモデルチェンジする新型オーリスと思われるテスト車両が、スカンジナビアで目撃されました。
カモフラージュに覆われ詳細なデザインは判明していませんが、新型オーリスは現行モデルよりもやや大型化すると見られています。

フロントマスクも黄色い布で覆われ、ライトやグリル、バンパーの形状も謎に包まれたままですが、市販モデルでは現行モデル同様にキーンルックが採用され、ヘッドライトもよりシャープなデザインになると予想されていました。

【2017年10月】カモフラージュが薄くなった姿がスクープ

2017年の秋、新型オーリスのテスト車両が改めてスクープされました。
前回のスクープ画像と比較してもカモフラージュがかなり薄くなっており、新型オーリスの風貌がわかりやすくなっています。

今回のテスト車両は前回のテスト車両よりシャープな印象になっており、リアに向かっての傾斜が急になっていることも確認できます。

ヘッドランプは現行型オーリスより薄くワイドな形状であることがわかります。
また、CピラーとDピラーにあるリアクォーターガラスがなくなったことで、リアウィンドウが現行型オーリスより傾斜したデザインです。

新型オーリスは旧型モデルよりもスポーティーな装いになることが予想されました。

【2017年12月】ヘッドライト点灯の様子がスクープ

2017年の冬にも新型オーリスのテスト車両がスクープされました。

ヘッドライトが点灯している様子を初めてとらえたスパイショットです。
フロント部のカモフラージュが前回よりも薄くなっているため、トヨタ C-HRのように外側に向かって切れ長のデザインであることがよくわかります。

【2018年1月】市販型に近いことが予想されるスパイショットが撮影される

新型カローラハッチバック(オーリス)のスパイショットが2018年1月にも撮影されました。

昨年ご紹介したスパイショットの車体とほぼ変わらない外観であることから、トヨタ新型カローラハッチバックはこの姿が市販型としてデビューすることがほぼ確実と考えられます。

また、今回はヘッドライトとテールライトのアップの画像も届いています。
こちらも薄くワイドな形状であることは変わらず、プリウスPHVやC-HRを思わせるスタイリングです。

【2018年2月】走行テストが撮影される

新型オーリスの走行テストの様子が動画で撮影されました。

スパイショットは長くスレンダーに見えます。
これはTNGAプラットフォームの採用によりドライビングポジションおよび重心が下がっているからでしょう。

【2018年2月】ティザー画像が公開

公開された新型オーリスのティザー画像

トヨタ新型オーリスが、3月に開催されるジュネーブモーターショーで世界初公開されることが決定した時、トヨタは1枚のティザー画像を公開しました。

公開されたティザー画像の明度を上げると、ボディシルエットが新型オーリス(カローラスポーツ)のスパイショットと似ていることから、これらは同一車両である可能性が考えられてきました。

フルモデルチェンジにより「カローラスポーツ」に改名される可能性があるとも言われていましたが、やはりオーリスの名前での発表となりました。

また、「新型カローラスポーツ(カローラのハッチバックタイプ)」と「新型オーリス」が、ボディパネル共用でデザインや足回りを変更した兄弟車として日本発売される、という情報もあります。

新型オーリスのティザー画像とスパイショット比較

上:ティザー画像 下:新型オーリスのスパイショット

トヨタ オーリス

© MOBY

ジュネーブモーターショーに先駆けて公開された新型オーリスのティザー画像を、スパイショットと比較した図です。

切れ長の特徴的なヘッドライトや、ボディのシルエットなど、共通点が多く見られたため、すでにスクープ画像が出回っている車両の正式な市販モデルがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる可能性が高まり、多くのオーリスファンの期待が膨らみました。

トヨタ新型オーリスは「カローラスポーツ」に改名か?

(参考)カローラアクシオ

MOBY編集部は、トヨタ新型オーリスがフルモデルチェンジにより「カローラスポーツ」に改名されるという有力な情報を入手しました。

3月6日、スイス ジュネーブモーターショーにてトヨタ新型オーリスハイブリッド(欧州仕様車)が世界初公開されました。
続く3月30日には、ニューヨークモーターショーにてトヨタ新型カローラハッチバック(北米仕様車)が公開予定です。
また、新型オーリス/カローラハッチバックの日本販売名候補として「カローラスポーツ」が有力と予想されています。

欧州で「オーリス」の名前で販売されているモデルの新旧名を以下にまとめました。

現行モデル名新モデル名(予想)
日本オーリスカローラスポーツ?
欧州オーリスオーリス
北米カローラiM(サイオンiM)カローラハッチバック
オーストラリアカローラハッチバックカローラハッチバック?

なぜ新型オーリスの日本販売名称を変えるのか調べてみたとところ、以下のような見解を見つけることができました。

【理由1】国内販売チャネルの影響?

日本販売名称を「カローラスポーツ」とした場合、販売店は「トヨタ カローラ店」となります。

従来のオーリスはトヨペット店とネッツ店で販売されていましたが、同店ではワゴンのアベンシスも販売されています。
アベンシスとの競合を避けるためにも、名称を変更してカローラ店専売ワゴンとしたいとトヨタが考えている可能性もあるでしょう。

【理由2】グローバルカー&若々しさを強調?

全世界でモデルを統一する際に、海外でも馴染みのある「カローラ」の名前を使用したほうがグローバル化が容易であることなどが考えられます。

さらに「スポーツ」の名前をつけることで、他メーカーでも主流になってきたスポーティハッチバックと同じ土俵で戦うという、トヨタの意図も感じられます。

現行カローラはセダンの「アクシオ」とステーションワゴンの「フィールダー」というラインナップです。
トヨタは、そこに「スポーツ」というモデルを投入することでカローラ兄弟の若返りを図りたいと考えている可能性もあります。

カローラスポーツについてはこちら

カローラアクシオ・フィールダーについて詳しくはこちら

トヨタ新型オーリスの発売日は?

新型オーリスの発売に関する情報はありませんが、MOBY編集部が情報収集してみました。

日本で発売が決定したカローラハッチバックは、2018年夏頃発売と発表されました。
そのためオーリス名称変更の有無を問わず、2018年5月のカローラシリーズ発売第1弾として、カローラハッチバックまたはオーリスが年内に国内発売される可能性が高いです。
また、セダンの「カローラアクシオ」と、ステーションワゴンの「カローラフィールダー」が2019年9月頃に発売されると予想しています。

続報にご期待ください。

トヨタやその他のメーカーの新型車についてはこちら

ステーションワゴン・ハッチバックに関するおすすめ記事!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!