MOBY

LSD(リミテッドスリップデフ)とは?トラクションコントロールとの違いは?

リミテッドスリップデフ(LSD)の構造と仕組み、特徴やメリットとデメリットを総まとめしました!代表的な「トルセンLSD」、「ヘリカルLSD」、「ビスカスカップリング」、「多板クラッチ式(機械式LSD)」をわかりやすくご紹介します!

LSD(リミテッドスリップデフ)とは?

出典:http://www.clublexus.com/

LSDは「Limited Slip Defferential Gear」
の頭文字を取った略称で、日本語では「差動制限装置」といいます。

車はカーブを曲がる時に内側の車輪と外側の車輪の軌跡の長さに差(内輪差)が発生します。外側の方が長い距離を回るため、外側の車輪の方が回転数が多くなります。

この回転数の差を吸収するために「デフ」( Defferential Gear:デファレンシャルギア)と呼ばれる差動ギアが全車もれなく付いています。
このデフの働きによって内側よりも回転数の多い外側の駆動輪に駆動力を多く配分してスムーズにカーブが曲がれるようになっています。

しかし、スポーツ走行やカーレースなどでは、コーナリングや悪路を走行する時などで片側の駆動輪が宙に浮いてしまうことがあります。このとき、デフの働きによって接地している方の駆動輪よりも宙に浮いている方の駆動輪に駆動力が配分されてしまうという現象が起きます。

すると浮いた駆動輪が空転して地に付いた駆動輪が回転せず、前に進まないという現象が起きます。これはコーナリング速度の低下や悪路ではスタックするなどの問題を引き起こします。

この現象を改善するため、デフの動作を制限して(作動制限力)、駆動輪の空転を抑えるために装備されるのが、リミテッドスリップデフ(LSD)です。

LSDとトラクションコントロールシステム(TCS)の違いとは?

出典:http://www.mazda.com/

トラクションコントロールシステムは、雪道や濡れた道路など滑りやすい路面や急発進や加速時にタイヤが空転し、クルマがぐらつきやすくなります。このタイヤの空転を防ぐのがトラクションコントロールで、LSDとは装置の目的が異なります。

また、トラクションコントロールシステムは電子制御でエンジンの回転数を制御するなど車のさまざまなセンサーからのデータとコンピューターで計算しますが、LSDは電子制御されていない機械的な仕組みとなることが大きな違いです。

トラクションコントロールについて詳しくは下記のまとめ記事をご覧ください。

複数の方式があるLSD

機械式LSD

出典:http://221616.com/

LSDには複数の方式があり、車の特徴や目的によって採用されるLSDの種類が異なります。

LSDはまず、以下の2種類に分類されます。
・回転感応式
・ギアやクラッチを使う摩擦式

また、回転感応式と摩擦式の中にもそれぞれ複数の種類が存在します。
回転感応式は主に以下の2種類が存在します。
・ビスカスLSD.
・多板クラッチLSD(機械式)

摩擦式には主に以下の2種類が存在します。
・トルセンLSD(トルクセンシングLSD)
・ヘリカルLSD

一般走行向けのクルマではビスカスLSD、高性能なスポーツ車でトルセンLSDやヘリカルLSDが多く採用されている傾向があります。

今回のまとめ記事ではこの代表的な4つのLSDをご紹介します。

1.トルセンLSDの仕組みと特徴

出典:http://toyota.jp/

トヨタ86はトルセンLSDを標準装備しています。

新型トヨタ86についてはこちら!

トルセンLSDの仕組みと構造、メリット

出典:http://www.westatic.com/

トルセンLSDはトルク感応式のリミテッドスリップデフで、アメリカのグリーソン社の商品名となっています。トルセンとは「トルクセンシング」の略語で「トルクをセンシング(検知、判別する)」が由来となっています。

現在は、ボッシュオートモーティブシステム社が技術提携して生産しています。
トルセンLSDの構造は、複数のギアを組み合わせて各ギアの噛みあわせの抵抗とデフケースとの摩擦力を利用した仕組みになっています。

機械式LSDには劣るとされていますが、強い差動制限力を発揮し、メンテナンスもほとんど不要というメリットがあります。

トルセンLSDには、差動制限力の強い「タイプA」、差動制限力の設定可能幅が広い「タイプB」、センターデフ用の不等トルク分配式の「タイプC」、オープンデフの内部にタイプCを内蔵したツインデフ(フロントデフとセンターデフの機能の両方)があります。

2.ヘリカルLSDの仕組みと特徴

スバル インプレッサ 機械式LED搭載車

出典:https://www.kurumaerabi.com/

スバル インプレッサはフロントにヘリカルLSD、リアにトルセンLSDを搭載しています。

出典:http://www.westatic.com/

トルセンLSD「タイプB」に似た形式となるリミテッドスリップデフとなります。すべて「ヘリカルギア」と呼ばれる形状のギアで構成されています。

プラネタリーギアを左右不等形状として、プラネタリーギアがデフケースに不均等に押しつけられる力を利用して、差動制限力の向上させる仕組みとなっています。

ヘリカルLSDの構造は、4個の“ロング”ピニオンギヤと4個の“ショート”ピニオンギヤと2個のサイドギヤで構成されています。デフケースに組み込まれているピニオンギヤは常時噛み合っており、サイドギヤの上を自転しながら公転する構造をとります。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す