運転免許証の更新って何をするの?忘れた場合や運転免許証更新のスケジュール詳細を解説

運転免許証を取得してもそれで終わりではなく、定期的に「更新」の機会が訪れます。これは必ずしなければならないものです。しかし、中には「いつも運転してるし違反もしてないし、確認することなんてないけど……」と疑問に思う方もいるはず。更新に行ったら一体何をするのか?人によってやり方は違うのかなど、気になる免許の更新スケジュールをご紹介します!

再確認!運転免許はどのように取得する?

出典:https://ja.wikipedia.org/

時間とお金に余裕が無いうちは、自動車学校に通うのは大変です。普通免許を取るだけでも、最低でも50時限以上を費やさなくてはいけません。

教習所へ通い始めたのは良いけれど、忙しくてなかなか授業を受けられない。その結果、教習期間を延長し余計なお金がかかってしまうこともあるのです。

「お金ができたからとりあえず通っておこう」といった安易な気持ちでスタートした場合、挫折する可能性を拭いきれません。自分の生活リズムに合わせた教習予定を、事前に立てておきましょう。

自分の免許はいつまで有効?

どんな免許にも、有効期限が存在します。
いくら運転が上手くても、期限の切れた免許を所持していては、無免許運転となるのです。

免許の色は大きく3種類になります。
同じ色の免許でも、違反運転者とそうでない場合では有効期限が違うので注意しましょう。

更新は面倒と感じる人も多いでしょう。
しかし、安全な運転が保障されなければ自動車は走ることは許されません。
車における車検のように、私たちドライバーも定期的に運転技術や知識をチェックしておく必要があるのです。

運転免許証の「更新」ってなに?

自動車学校に通い、2度3度と試験を乗り越えてようやく取得できた運転免許。
しかし、実はそれで終わりではないのです。

実は運転免許には「有効期限」というものがあり、それが切れる前に「更新」する必要があります。

1、更新期間 平成14年6月の道路交通法改正施行時からは免許証の更新期間が誕生日の前後1カ月間(計2カ月間)となりました。例えば、誕生日が5月5日の人は4月5日から6月5日までが更新期間となります。

出典:http://www.takaragaike.co.jp/

運転免許の更新手続きを運転免許証に記載されている有効期間内に行わなかった場合は、運転免許証は失効することとなりますが、失効後所定の手続を行うことによって、保有していた運転免許を再取得することが出来る場合があります。

出典:http://www.unten-menkyo.com/

失効後6ヶ月以内であれば、「どのような理由に関わらず」、申請することによって保有していた運転免許証を再取得することが出来ます。

出典:http://www.unten-menkyo.com/

有効期限内に更新しない場合、お手持ちの免許証はいったん失効(使用不可)になってしまいます。

半年以内であれば学科試験免除、技能試験免除で、所定の講習を受ければ再取得が可能です。
とはいえ住民票をはじめとした書類が必要になりますし、通常の更新よりも費用が高くついてしまうので、安心はできませんね。

更新って何年ごとにするの?

更新のタイミングは、誕生日を目安にその都度決められています。
「今年更新しなければいけませんよ」というハガキがご自宅に送られてきますので、それをしっかり確認しておけば大丈夫です。

では、一体何年ごとに更新が必要なのでしょうか?

【新しい免許証の有効期間は3年か5年か】
「優良運転者講習」と「一般運転者講習」の人が5年です。

出典:http://www008.upp.so-net.ne.jp/

つまり、5年間(と40日間)に、1回も取り締まりを受けたことがない人と、1~3点の違反で1回取り締まりを受けただけの人が、5年なのです。ゴールド免許ではないけれども5年免許、の人もいるわけです。

出典:http://www008.upp.so-net.ne.jp/

グリーン  免許取得時  運転免許取得時から3年間
ブルー  更新後   一般運転者・違反運転者・初回更新者に区分される
ゴールド  更新前5年以上無事故無違反 自動車保険割引を受けられる

出典:http://www.hajimete-carhoken.com/

ちょっと難しいですが、つまり免許取得から3年で一度更新(グリーンからブルーへ)され、その後は違反があっても軽度なら5年ごとになるということです。

例えば取得から3年以内に重度の違反(事故等)を犯してしまった場合は、次の更新の時も有効期限は3年になります。
2度目の更新でようやく5年になり、次の更新まで違反が少なければ晴れてゴールドです。

つまり3年から5年に一度更新の期間がやって来るということですね。
何だ、かなり長い期間必要ないじゃん!と思う方もいるかもしれませんが、実際更新ハガキが来ると「え、もう!?」とビックリしてしまいますよ。

どこで更新すればいい?

免許の更新は、基本的には本免を受けたのと同じ試験場で行います。
しかし、実はゴールド免許所持者(優良運転者)の場合は、そこまで足を運ばなくても最寄りの免許センターで澄ませることができるのです。

それだけでなく、何と全国の免許センターを利用できるというからビックリですね。

運転免許の更新手続は原則として住所地を管轄する公安委員会(都道府県)の運転免許センター、警察署等で手続きを行うこととなっていますが、「優良運転者」の方のみ、全国の都道府県を経由して更新手続きを行うことが可能となっています。

出典:http://www.unten-menkyo.com/

運転免許センターでは、月曜日~金曜日(祝休日等を除く)および日曜日に下記のとおり運転免許更新業務を行っていますが、道路交通法改正による更新時期の変化により、年始、GW、お盆等は混雑が予想されます。

出典:http://www.police.pref.nara.jp/

特に日曜日午前中は混雑が予想されるため、運転免許センターで更新を予定されている方は、可能な限り日曜日の午前中を避け、日曜日の午後あるいは平日での更新をお願いします。

出典:http://www.police.pref.nara.jp/

繁忙期には混雑するので、可能なら平日を利用した方がスムーズにいくようです。
手続きする人が多いと待ち時間が生じるため、その分長い間拘束されることになります。

都合が付かない場合は仕方がありませんが、予想よりも長時間必要になることを覚悟して行った方が良いでしょう。

一体何をしなきゃいけないの?

それでは、一体更新に行くと、どのようなことをしなければならないのでしょうか?
更新のスケジュールと必要な手続きについて見てみましょう。

運転免許の初回講習の時に必要な流れについて、詳しく紹介されています。

1、受付
2、必要事項記入
3、収入印紙の支払い
4、視力検査
5、パスワード登録
6、写真撮影
7、講習
8、免許証配布

出典:http://dumbo-na-blog.com/

・免許センター到着時間は平日なら指定された時間の少し前にいくのがよい(日にちによる)
・初回更新時の金額は4250円
・視力が落ちていたらしっかり矯正する
・写真撮影の前は時間があまりない
,講習には4〜5時間かかる

出典:http://dumbo-na-blog.com/

こうして1つ1つに分けるとたくさんの項目がありますね。
しかし、実際はそう難しいことではありません。
受付で免許証を見せ、更新ハガキを出した後は、流れに乗って次々に窓口に行き、手続きを済ませるだけです。

あとは視力検査と写真撮影を行い、講習を受けるのみ。
窓口ではどういう風に書類に記入すれば良いのかを丁寧に教えてくれるので、予想以上にどんどん作業が進んで行って驚くことでしょう。

講習って、毎回2時間なの?

初めての免許更新で、最もグッタリしてしまうのが「講習」です。
初回講習は2時間受けなければなりませんから、大学の授業よりも長いですね。
一応10分間の休憩は挟まれますが、時間短縮のために休憩なしで、早めに終わりますというところもあるようです。

毎回これが続くようでは、何だか行くのも億劫になってしまいますよね。
でも大丈夫。
2時間あるのは初回講習と違反者講習だけで、あとは段々短くなっていくのです。

優良運転者講習 30分
一般運転者講習 1時間
違反運転者講習 2時間
初回更新者講習 2時間

出典:http://www.pref.fukui.jp/

人生はじめての・・優良運転者講習だぁぁあ( ゚∀゚ )ノ
30分で終わるってなんて短くてステキw

出典:http://tanu3.xsrv.jp/

一般講習は1時間と、初回からすれば半分で済みます。
最も短い優良運転者講習になると何と30分ですから、4分の1になりますね。

ゴールド免許はなかなか難しいものですが、取得すれば非常に更新が楽になります。
しかし、違反者講習の場合は初回講習と同じ2時間になってしまいますから、延々と辛い思いをしなければなりません。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す