アダプティブクルーズコントロールとは?搭載車種で徹底比較!

クルーズ・コントロールという言葉を耳にした事はありませんか?先行車両に自動で追従走行してくれるクルーズ・コントロールですが、ブレーキ制御も自動で行ってくれるものをアダプティブ・クルーズ・コントロールと呼びます。この機能は各メーカーごとに呼び名が異なり、性能も少しずつ違ってきます。それぞれのメーカーの自動追従機能をご紹介します。

アダプティブ・クルーズ・コントロールって何?

車間距離を一定に保ちつつ自動走行する機能

出典:http://www.honda.co.jp/

アダプティブ・クルーズ・コントロール(Adaptive Cruise Control)とは、前の車との車間距離を一定にとりつつ、一定速度で自動走行してくれる機能の事です。正式名称を「低速走行・車間距離制御装置」といいます。主に高速道路や自動車専用道路で利用します。

CMなどで「クルーズ・コントロール」という言葉を聞いた事はありませんか?
クルーズ・コントロールも一定速度で走行してくれる機能ですが、車間距離を保つためのブレーキ制御はドライバー自身が行う必要がありました。

アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)では、

・ミリ波レーダー
・光学式カメラセンサー
・ステレオカメラ
・赤外線センサー

などのセンサーにより前方の状況を把握し、アクセル操作やブレーキ操作を自動で行います。

クルーズコントロールについてはこちら!

アダプティブ・クルーズ・コントロールの動画(ボルボ)

アダプティブ・クルーズ・コントロールのメリット

自動で先行車両を追従してくれるアダプティブ・クルーズ・コントロールはドライバーの負担を軽減してくれます。高速道路で長い渋滞に捕まった時や、長時間の運転を行う際など、蓄積する疲労を低減します。

また、アクセル操作やブレーキ操作が減る事で燃費が良くなる場合もあるようです。
適切な速度や車間距離を保つ事で渋滞緩和の役にも立ちます。さらに、走行時は判断が難しい、速度ごとの適正な車間距離を保つ事で安全にもつながります。

これらのメリットはあくまでドライバーが注意を怠らず利用した場合の事ですので、システムに任せきりにせず人の目でも注意確認を行ってください。

アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)で気をつけること

アダプティブ・クルーズ・コントロールは高速道路や自動車専用道路など、一定速度で一方向に向けて走行する場合を想定している場合がほとんどです。そのため、入り組んだ一般道路ではバイクや自転車、歩行者を検知しきれなかったり、割り込みに対応しきれなかったりする場合がありますので、一般道路では使用しないようにしましょう。

センサーが反応しきれないような環境ではACCは切っておきましょう。
大雨や豪雪、濃霧状態ではセンサーが通常通り作動しない可能性があります。

一定速度で走行を続けない状況ではACCは切っておきましょう。
料金所や合流地点などではドライバーが手動で操作してください。

カーブのきつい道、山道などではACCは使わない方がいいでしょう。
センサーや車線逸脱防止機能も万能ではありません。

アダプティブ・クルーズ・コントロールはメーカーによって性能に差異があります。
割り込みに対応する能力や、停車時からの復帰、低速走行時の対応など、異なる部分もありますので機能を把握して利用しましょう。

アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)のメーカーごとの呼び名

出典:http://www.honda.co.jp/

ACCは各メーカーごとに呼び名が違い、それぞれ基本的なコンセプトは共通ながら、センサーや性能などに違いがあります。
以下に各メーカーの呼び名を記しておきます。

トヨタ:レーダークルーズコントロール
ホンダ:アダプティブクルーズコントロール
日産:インテリジェンスクルーズコントロール
マツダ:マツダレーダークルーズコントロール
スバル:アイサイト(全車速追従機能付クルーズコントロール)
三菱:Eアシスト
スズキ:アクティブクルーズコントロールシステム
メルセデスベンツ:ディストロニックプラス
BMW:アクティブクルーズコントロール
フォルクスワーゲン:アダプティブクルーズコントロール
ボルボ:アダプティブクルーズコントロール

各メーカーが独自のシステムで違う名称を名付けています。

アダプティブ・クルーズ・コントロール搭載車種

トヨタ・プリウスなど

プリウスの画像

出典:http://toyota.jp/

トヨタのクルーズコントロールは、トヨタの安全機能パッケージであるトヨタセーフティセンスPに含まれており、プリウスやランドクルーザーなどに搭載されています。

ミリ波レーダーと単眼カメラによって周囲の状況を検知し、車両だけでなく歩行者も認識します。
ミリ波レーダーで先行車との車間距離を検知し、設定速度(50km/h~100km/h)で車間距離を保ちながら走行します。

全車速追従機能ありの場合は、先行車の減速、停止に追従して減速、停止し、先行車が発進すると再び追従走行を再開します。
全車速追従機能がない場合は、30km/h以下の操縦はドライバーが手動で行います。

トヨタの安全装置についてはこちら!

ホンダ・アコードなど

アコードの画像

出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダの渋滞追従機能付きアダプティブクルーズコントロールは、レジェンド、アコード、クラリティなどに搭載されています。
渋滞追従機能付きACCは、前走車の停止にあわせて停車し、走り出すと追従再開します。
アダプティブクルーズコントロールのみなら、オデッセイやステップワゴンなどにも搭載されています。

単眼カメラとミリ波レーダーにより歩行者や先行車両を認識し、設定した一定速度を保ちつつ先行車両との車間を制御します。
前方に割り込まれた場合も自動でブレーキをかけ、衝突の危険がある場合は警報でドライバーにブレーキ操作を促します。
ホンダのアダプティブクルーズコントロールは2002年ごろから開発されていましたが、2014年には渋滞追従機能付きACCへと進化しています。

ホンダが開発した最新の安全技術はこちら!

マツダ・アクセラなど

アクセラの画像

出典:http://www.mazda.co.jp/

マツダの「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」(MRCC)はミリ波レーダーにより先行車との速度差や車間距離を測定し、自動で速度調整する機能です。
設定した速度内で車間距離や速度を調整しながら自動走行します。

また、近距離を高精度で検知できる近赤外線レーザーレーダーで衝突回避をサポートします。
レーンキープアシストシステムが、車線逸脱を予測してステアリングをアシストしてくれます。

MRCCはアクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5などに搭載されています。

マツダの安全装置についてはこちら!

スバル・レヴォーグなど

レヴォーグの画像

出典:http://www.subaru.jp/

スバルの安全パッケージ「アイサイト」には全車速追従機能付クルーズコントロールが含まれています。
0km/h~100km/hの車速域で先行車両に追従し、先行車が停止するとブレーキ操作で減速、停止、停止状態を保持します。

アクティブレーンキープ機能も付いているので車線も維持してくれます。

スバルのアイサイトver.3はレヴォーグ、レガシーシリーズ、S4、フォレスター、インプレッサ、XVなどに搭載されています。

2017年、スバルアイサイトは自動運転になる?

メルセデスベンツ・Eクラスなど

ベンツの画像

出典:http://caxury.com/

メルセデスベンツの車にはディストロニックプラスという先行車追従機能が搭載されています。
0-200km/hの範囲で先行車を認識して車間距離を維持し、状況に応じてスロットルやブレーキを自動調整します。
機能の作動スタートは30km/hからです。
ディストロニックプラスはレーダーセーフティパッケージに含まれています。

ステアリングアシスト機能も搭載されており、レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラにより車線を維持しながらステアリングをアシストします。
さらにアクティブレーンキーピングアシストにより車線を逸脱した場合にブレーキを制御し車線内に戻そうとします。

ディストロニックプラスはベンツのほとんどのクラスに搭載されています。

ボルボ・V60など

ボルボの画像

出典:http://www.volvocars.com/

三点式シートベルトや完全停止するオートブレーキなど、安全性能の先端を切り開いてきたボルボ。
ボルボのアダプティブクルーズコントロールシステムは、前方車両との車間距離を保ちつつ一定速度を維持し、車速が30km/h未満の場合は渋滞アシスト機能が作動します。
渋滞アシスタント機能は、追従する車の変更や、30km/h未満の走行時や停止時のサポートを行います。

走行時は0-200km/hの範囲で追従走行を行いますが、停車時間が3秒より長くなる場合はスタンバイモードとなります。
スタンバイ状態からは、ステアリングホイールのボタンを押すか、アクセルを踏み込む事でクルーズコントロールの追従走行を再開します。

ボルボのアダプティブクルーズコントロールはVシリーズやXCシリーズ、Sシリーズなどに搭載されています。

アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)を利用する場合も注意を怠らないようにしましょう

ディストロニックプラスの画像

出典:http://special.mercedes-benz.co.jp/

運転者の負担を減らし、燃費にも良いなど、便利なアダプティブ・クルーズ・コントロールですが、常に万全ではありません。
あくまでドライバーをサポートしてくれるシステムなので、任せきりにせず、しっかりと注意して利用してください。

自動運転は今後もさらに進化していく分野ですので、今後の発展が楽しみですね。

自動車の最新技術に関する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す