車の廃車のことならこれを読め!廃車手続きの仕方から廃車買取や廃車費用まで徹底解説!

廃車を検討されている方、まずはこのまとめ記事をご覧ください!廃車手続きの仕方、廃車に掛る費用までご紹介します。どの方法が一番効率的なのか、経済的に有利になるのかも併せてご紹介しています。廃車を検討されていない方は、今後の予備知識としてぜひご覧ください!

廃車手続き方法とは?

廃車手続き方法

出典:http://www.kuruma-110.com/

「廃車手続き」と一口に言っていることが多いですが、実際の廃車は次の3つの手続き方法があります。

廃車を業者に買い取ってもらう場合は、廃車手続きを業者が行うため、以下の手続きは必要なくなります。

1.永久抹消登録

事故や災害で全く修理不能となった場合や、既に車を解体していたりするときに行うのが「永久抹消登録」です。
お店や工場に依頼するケースが多いですが、自分自身でもすることができます。

2.一時抹消登録

一時的に自動車を使わなくなるときに行うのが「一時抹消登録」です。
ナンバープレートがない状態となり、自動車税や自動車重量税、自賠責保険などの費用が掛からなくなります。
簡単にいえば、一時的な廃車手続きとなります。

3.解体届出

前述の「一時抹消登録」の車を解体した場合に必要なのが「解体届出」です。
この手続きも、お店や工場で行う場合の他、自分自身でも行う場合があります。

上記の3つの廃車手続きの内、最も多いのが「永久抹消登録」となるでしょう。
今回のまとめ記事では、永久抹消登録の手続き方法について詳しくご紹介します。

廃車手続き「永久抹消登録」の方法・必要書類

廃車手続き 永久抹消登録申請書

出典:http://www.tetuzuki.net/

お店などで手続きしてもらう場合

この場合は、すでに解体が済んでいる条件となります。
解体業者へすべて依頼する場合は、この手続きが省略できます。(詳しくは後述します)

必要な書類や情報は、

・所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
・委任状(所有者の実印必要)
・車検証
・ナンバープレート2枚
・リサイクル券(使用済自動車引取証明書)に記載されている「移動報告番号」(メモ書きで可)
・解体報告記録がされた日付(メモ書きで可)

尚、車検が1ヶ月以上残っている場合は、

・マイナンバーが記載された個人番号カード、住民票
・重量税の還付金を振り込む先の金融機関名、口座番号
・重量税還付金の受領権限に関する委任状(所有者の実印、署名)

となります。

自分自身で永久抹消登録をする場合

解体が済んだ車を永久抹消登録する場合には、次の書類と情報が必要となります。

・所有者の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)
・所有者の委任状(所有者の実印必要)
・車検証
・ナンバープレート2枚
・「移動報告番号」「解体報告記録がされた日付」(前項と同じ)
・手数料納付書
・永久抹消登録申請書ないしは解体届出書
・自動車税、自動車重量税申告書(管轄陸運支局によって変わる)

尚、車検が1ヶ月以上残っている場合は下記が必要となります。

・マイナンバーが記載された個人番号カード、住民票
・重量税の還付金を振り込む先の金融機関名、口座番号

廃車手続きに掛る費用

廃車手続き

出典:http://chukoshasatei.org/

お店や業者へ永久抹消登録を頼んだ場合の費用

地域や業者によって大きく差が開いていますが、数千円〜数万円となっています。(解体費用は除く)
陸運支局、自動車検査登録事務所が遠い場所にある業者に頼むと、交通費や移動時間分などの経費が掛かってしまうため、どうしても高くなってしまいます。

解体済みの永久抹消登録を自分自身でしたときの費用

申請用紙50円のみです。
手数料はかかりません。

廃車手続きは面倒!廃車買取り業者に頼むのが得策!?

廃車買い取り

出典:https://www.hai-sya.com/

廃車手続きはいろいろと面倒だ!と思われる方は、廃車買取り業者へ売ってしまうのが得策です。
事故車でも買い取りをしてくれる業者があります。
事故車の買い取りについて詳しくは下記のまとめ記事をご覧ください。

廃車の売却は逆に儲かる?

もちろん車の程度によって変わってきますが、まだ走れる車であれば、発展途上国へ輸出など日本では廃車レベルであっても業者に売却できることが多々あります。
また、事故車でも部品が再利用できるなど価値があれば、専門業者が買い取ってくれます。

廃車の売却は、業者へ名義変更してしまうため、所有者の廃車手続きは不要です。
業者は買い受けてから、廃車にするのか再利用するのを決めるわけです。

廃車買取り業者のご紹介

2016年6月29日時点、Googleで「廃車買取り」で検索した上位3社のご紹介です。

廃車手続きの前に業者に頼むか自分でやるかを考えましょう!

出典:http://ameblo.jp/

廃車手続き方法についてのまとめ記事はいかがでしたか?

廃車手続きは、必要書類がたくさんあり面倒くさいイメージがありあすが、自分自身で申請すれば非常に安価で済みますね。
時間のある人には得策です。
ただ、車の程度によっては、業者へ売却すると手間が掛からず売却したお金を得ることができます。

廃車を考えていらっしゃる方は、どの方法が自分にとって最適なのかをよく考えた方が、経済的にもお得になりそうですね。

車の売却に関するおすすめ関連記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す