MOBY

当て逃げが駐車場で起きた時は!駐車場での事故対応・罰則まとめ

駐車場で起きた当て逃げは、どのような扱いになるのでしょうか?当て逃げに遭ったときの対処方法、事故対応についてご紹介します。駐車場での事故については勘違いされている方が多いようです。ぜひこの機会に、駐車場で起きる事故について正しい知識を身につけていただければと思います。

【勘違い注意!】スーパーなどの駐車場内でも交通事故になります!

当て逃げ 駐車場

駐車場は最も当て逃げが多く発生する場所の一つとなっています。
「駐車場は道路じゃないから、交通事故にならない」
と思っていたら大間違いです。

道路交通法などの法律では「道路上」で起きたもののみを事故としていますが、そもそも法律上の道路の定義は「道路および隣接する土地で不特定、多数の人の出入りがある場所」と定められています。

道路運送法 第二条 7

この法律で「道路」とは、道路法 (昭和二十七年法律第百八十号)による道路及びその他の一般交通の用に供する場所並びに自動車道をいう。

出典:http://law.e-gov.go.jp/

この「一般交通の用に供する場所」は、スーパーなどの私有地での駐車場、公共の駐車場も含まれます。不特定多数の人が自由に行き来できる駐車場はどこでも道路と同じ扱いになります。

質問サイト、Q&Aサイトなどで調べると、「スーパーなどの駐車場は、公道ではないため交通事故にならない」というような表記が目立ちますが、これらは間違いです。駐車場での当て逃げは立派な違法行為、犯罪となります。

当て逃げに遭ったら、すぐ警察に電話しましょう。

駐車場で当て逃げに遭った場合の事故対応方法は?

当て逃げ 警察

まず警察に電話!

まずは、110番に電話を掛けて交通事故の連絡をしましょう。
当て逃げでも、事故証明を作成してくれます。
(ネット上では、駐車場での当て逃げは相手にしてくれないというものが目立ちますが、そんなことはありません。もし、警察が嫌がったら徹底的に対応してください。)

駐車場の管理者へ連絡

基本的に、駐車場内で起きた事故は、駐車場の管理者の責任は問えません。
当て逃げなどの事故についても、駐車場管理者の責任は、余程の管理責任に問題がない限り責任はありません。当て逃げが起きたときに駐車場管理者が対応する義務もありません。

ただ、駐車場内に設置した防犯カメラなどの映像が当て逃げ犯を捕まえる証拠となる場合があります。しかしながら、警察がどこまで捜査してくれるかは期待できないのが実情です。
それでも、当て逃げした車が明らかで相手のナンバープレートがしっかり写っていれば、警察も捜査は楽ですから、駐車場管理者の協力で証拠映像の提供が得られれば、当て逃げ犯特定が期待できます。

保険会社へ連絡

相手の分からない当て逃げは、車両保険のみでの扱いとなります。車両保険のうち、当て逃げでも保険がおりるタイプの保険に加入していなければ、残念ながら全額自腹となってしまいます。

当て逃げでも保険金がおりる車両保険に加入されているなら、前述の警察への届け出はなおさら必須です。保険金請求に警察が発行する事故証明書は必須となるからです。
自分の加入している保険が当て逃げでも使えるかどうか不明な場合は、この機会にチェックしてみてください。

車両保険について詳しくは下記のまとめ記事をご覧ください。

当て逃げの罰則はどうなっている?

当て逃げ 罰則

出典:http://www.drivers-work.com/

当て逃げは、道路運送法で「危険防止措置義務違反」となり

・1年以下の懲役又は10万円以下の罰金
・違反点数:5点


が科せられます。

現状では当て逃げ犯が捕まるケースは少ない

当て逃げ 逃げ得

当て逃げに遭って警察へ通報したとしても、当て逃げ犯が捕まる確率は、ひき逃げに比較すると相当に低い割合となるようです。
悲しいかな、当て逃げ犯は逃げ得となってしまっているのが実情です。

当て逃げされた場合を考え、高い車両保険に加入するのも一つの手段かもしれません。

当て逃げの被害に遭わないよう対策を!

駐車場の画像

出典:http://kenrent.jp/

当て逃げについてのまとめ記事は、いかがでしたでしょうか?

残念ながら、当て逃げに遭ったら不運としか言いようがない印象を受けられたのではないでしょうか?自衛策としては、防犯カメラのある駐車場に停める、物理的に当て逃げされない立体駐車場に停めるなどといったことになるでしょう。

もしも駐車場などで他人の車を傷つけてしまったら、素直に所有者に告げ、法的措置をとりましょう。

道路交通法に関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す