MOBY

実は通う時期も重要?運転免許にかかる料金を安くする方法!

少なくとも20万円以上は費用がかかると言われている運転免許。しかし、取得を希望される方には学生さんをはじめ、若い方が多いので、出来るだけ安く済ませたい!という声も多いです。どのような方法なら、安く免許が取れるのでしょうか?実は時期によって違う教習料金の差と、お金を節約する方法についてお教えしましょう!

運転免許には、どのくらい費用がかかる?

独学で免許を取得できる人はほとんどいません。
多くの方が自動車学校に通い、技能や学科を教わりながら試験合格を目指します。英検や漢検などの資格試験はテキストと問題集、受験費用だけで済みますが、免許取得は自動車学校の学費がかかるため、その分お金がたくさん必要になるのです。

では、入校から卒業までには大体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

普通自動車免許(オートマチック車)
通学(ピーク期)で、入会金と授業料を合わせて26~27万円前後が多いようです。合宿免許はさらに数万円安くなります。

出典:http://www.koikatsu-info.com/

普通自動車免許(マニュアル車)
通学(ピーク期)で、28万~29万円の価格帯が最も多いようです。中には30万円以上という教習所もあります。合宿免許はさらに数万円安くなります。

出典:http://www.koikatsu-info.com/

普通自動車AT車限定の運転免許を取得しようと思えば
一般的に30万円前後の費用が必要です。

出典:http://gassyuku001.net/

このように、入校から卒業までには高くて30万円程度、安くて20万円程度というのが相場のようです。
合宿免許のリッチなプランだと、35万円ほどかかるものもあります。

意外と高い!と驚く方も多いのではないでしょうか?
これは、専門学校(分野によっても違いますが)に3ヶ月程度通うのとほぼ同じくらいの金額です。
その分しっかり教えてもらえますし、最後まで真面目にやれば必ず免許が取得できますから、高いお金を払ったのに取れなかった!なんて損をすることはありません。

意外と高額なその金額に、苦しむ人も……

高校を卒業してすぐや、大学生のうちに取得を目指す方が多いので、その高額な料金に悩まされる人もいます。

親御さんに頼み込んだり、アルバイトしたお金を貯めたり、ローンを組んだり……就職に必要な人もいるだけに、皆さん様々な工夫や努力をして捻出されていますね。

このように悩みが多いからこそ、可能なら安くしたい!と思うのは当然のこと。
どうすれば少しでも費用を抑えられるのでしょうか?次の項目から見てみましょう。

最も安い方法は「合宿免許」!

免許を取るためには、大まかに分けて「合宿」と「通学」の2つの方法があります。
通学教習が自宅から、暇を見つけて自動車学校に通うのに比べ、合宿免許は自宅から離れた教習所に宿泊して学習するやり方です。

宿泊費含めるなら高いんじゃない?と考えがちですが、実は通学よりもスケジュール管理がしやすく、次々に生徒が卒業して行くため、その分たくさんの人数を呼び込むことができて効率が良いのです。

必然的に通学教習より利率も高くなるので、費用が安くなるのですね。

合宿免許の相場はおおよそ20万〜25万円あたりだ。宿泊施設や食事の有無によって金額がかわってくるんだぜ。最安だと18万ほどで行ける教習所なんかもあるんだぞ!

出典:http://menkyobancho.com/

基本的な相場としては入学金、教習費、検定日、免許交付手数料、宿泊費、食費などを全て含めて25~30万円前後となっています。

出典:http://lodgingtogetherlicense.com/

プランや場所によって差がありますが、安ければ20万円を切る料金で参加することができます。

30万円前後かかるところもその分ホテルが豪華だったり、観光地が豊富だったりと楽しみが多いですし、何より2週間程度で取得できるので、通学教習よりも時間に縛られません。

時間より高いものはないという言葉もありますから、まとまった期間休める方は、合宿免許の方がメリットが大きいと言えるでしょう。

しかし、実は時期も重要!

合宿免許にしても通学教習にしても、プランを眺めていると料金の差が目に付くと思います。
合宿は泊まるところが違うし、観光できたり乗馬体験できたりするから納得だけれど、通学教習は何が変わるの?と疑問に感じる方も多いでしょう。

実は、自動車学校は長期休暇をはじめとした繁忙期になると、たくさんの生徒の面倒を一度に看なければならないため、その分料金が高くなるのです。

同じ自動車学校でも4万円~10万円前後もの教習料金の差がある事に驚かされます。

出典:http://gassyuku001.net/

大きな理由の1つは、需要と供給の関係があるからです。ぶっちゃけた話をすると繁忙期は価格が高くても教習生は集まります。

出典:http://gassyuku001.net/

なるほど~。
生徒が少ない時期は自動車学校同士で奪い合いになるため、うちが一番安いですよ!うちが一番お得なプランが多いですよ!とアピールしなければならず、自然に料金が安くなるようです。

繁忙期とは自動車学校が特に込み合う、2月3月と7月8月あたりのことを言います。
この時期の自動車教習所内は大変混雑しています。

出典:http://untenmenkyomennkyo.cocolog-nifty.com/

2月3月は卒業前シーズンで、就職や入学の前に免許を取ろう!という高校生が多いほか、大学生にとっても春休み期間なので集中してしまいます。

7月8月は言わずもがな、夏休みですね。
合宿免許の場合は特に、地方でのリゾートをついでに満喫する目的で希望する方も多いようです。
この時期の合宿免許は、30万円~35万円程度のプランが目立ちます。

通学教習でも、閑散期は結構お得に!

合宿免許だけでなく、通学教習も可能なら閑散期を選んだ方がオトクです。
料金の違いはもちろん、教官も他に受け持つ生徒が少ないので、優先的に技能教習の時間を取ってくれる可能性もあります。

どのくらい差があるのか、詳しく見てみましょう。

4月から6月、この時期は繁忙期になることもあれば閑散期になることもあるので実際のところなんともいえないのが現状です。

出典:http://licenseget-schoolvscamp.com/

9月下旬から1月、こちらは比較的閑散期です。夏に入所した人たちが卒業をしていきます。

出典:http://licenseget-schoolvscamp.com/

「通学」で安いコースを探すコツは、やはり閑散期を狙うことです。料金が安いのを希望するなら、学生さんの夏休み期間(7月末~9月上旬)や春からの進学・就職に備える1月下旬~3月上旬の繁忙期以外で検討しましょう。

出典:http://www.kansaids.jp/

料金は上の項目で引用した通り「4万~6万円」程度差が出るようですが、自動車学校によってはもっと安くなるところもあります。

4月から6月は入学式直後で考える余裕がない!と思う人もいれば、一旦落ち着いたから夏休みの繁忙期前に取っておこうと思う人もいるので、閑散期とは限りません。
9月から1月の間は、夏が最大の繁忙期であることもあって比較的空いている可能性が高いとのこと。

通学でも出来るだけ安く、早く取りたいという方は、上記の期間を狙いましょう。

自信があるなら「一発免許」もおススメ!

教習所には通わず、自力で免許取得を目指すのが「一発免許」。
試験場に真っ直ぐ試験を受けに行き、合格すれば仮免許や本免許を取得することができます。

受験費用と試験車の使用費などを払うだけで済むので、費用は自動車学校に通うのに比べると恐ろしく少額です。
しかし、路上練習も含め全て自力で行わなければなりませんから、これまで運転の経験がない人にとってはかなり難しいと言われています。

一般的には一度免許をはく奪された方が、再受験のために利用する場合が多いようです。
運転の練習ができるほど広大な私有地を持っているといった理由がなければ、あまりおススメはできません。

可能なら閑散期に、集中して教習しよう!

いかがでしょうか?免許を安く取るためには、合宿免許に参加する、閑散期を狙う、一発免許を目指すなど様々な方法がありましたね。
この他にも、合宿免許の場合は相部屋を選ぶ、ホテルのランクを下げる、観光地の自由行動やイベントなどのオプションがないものを選ぶなど、様々に工夫すればかなり節約できます。

何より大切なのは、仮免や卒検などの試験になるべく少ない回数で合格すること。
再試験のたびに余計なお金がかかっていきますから、積み重ねれば非常に勿体ない金額になってしまいます。

可能であれば閑散期を狙い、しっかりと集中して教習を受け、技術を身に付けていきましょう。
真面目な努力が実れば、スムーズに免許を取得できるはずです。

人気の合宿免許の現在の最安値はこちら

└→合宿免許ドリーム

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す