クロカンとは?クロスカントリー車の意味とSUVとの違いと人気車種まで徹底解説!

皆さんは「クロカン」をご存知ですか?クドカンでも黒田官兵衛の略でもなく、クロスカントリーの略語の事です。そして、クロスカントリーを走れる車のことをクロスカントリー車といいます。この記事では、クロスカントリー車の意味とSUVとの違いについて解説しています。

クロカン(クロスカントリー)の意味って?

クロスカントリー=オフロード

「クロスカントリー」とは舗装されていない道、要するに「オフロード」のことを指します。
オフロードは草地や砂地といった場所や、人の歩行が困難な岩場など、舗装路以外で車両が進入できるあらゆる地形のことです。
スキーの競技でもクロスカントリーという競技があるのは同じ意味合いですね。

この記事では、そんなクロスカントリーを走るための車、クロカン車について解説しています。

クロカン車とは?

「クロスカントリービークル」または「クロスカントリー車」、略して「クロカン車」は、オフロード走行することを前提として設計された車両のことです。
サスペンションには、地形が凸凹していても極力衝撃を緩和することが求められ、ふわふわとした乗り心地になるようにつくられています。
また、車体が地面に接触して破損したり、地形に引っかかって動けなくなってしまうことを防ぐために、最低地上高は高く作られています。

クロカン車とSUVとの違いは?

本場のクロカン車とSUVの違いは、フレームにあります。
クロカン車の場合、オフロード走行中にボディが歪んでも走行不能に陥らないように、ラダーフレームを採用しているのです。

SUVの意味とは?

SUVとは、スポーツユーティリティビークルの略称。
元々はクロスカントリー車(クロカン)と同義でしたが、最近はSUVの意味が広義となり、よりお洒落で街並みに溶け込むスタイリッシュなイメージが強くなってきています。

スポーツ・ユーティリティ・ビークルの意味は以下の通りです。
■Sports「運動」
■Utility「実用的な」
■Vehicle「乗り物」

実のところは定義が曖昧で、メーカーがSUVと言えばSUVに扱われるケースもあります。

出典:http://car-moby.jp/

現在世界的にも人気のボディタイプとなっているSUVは、フレームにモノコック構造を採用している物がほとんどであり、フレームの剛性ではラダーフレームを採用したクロカン車に及びません。

このことは取扱説明書にも明確に記されており、ラダ―フレームを採用した本格的なクロカン車の説明書には、川を渡る方法が書かれていますが、モノコック構造のSUVの説明書には、水中走行を行わないようにといった趣旨の注意文が、ほとんどの場合書かれています。

テレビCM等でモノコック構造のSUVが川を渡ったり、荒れた岩場を跳ねるように走りまわる映像が流れることがありますが、これはあくまでイメージ映像であり、実際に同じことをやった場合、フレームが歪んで走れなくなってしまうでしょう。

国産SUVといえば?日産・エクストレイルCM集

CMでは様々な地形で走りまわっていますが、エクストレイルはラダ―フレームではないため、素人が同じことをやろうとしたら間違いなく走れなくなるでしょう。

エクストレイルの裏情報はこちら!

クロカン車の用途は?

乗用車としてのクロカン車

クロカン車はかつて、林業に従事する人達が森のオフロードを通って現場に行くための車両として使われていました。
しかし、余暇に使うお金に余裕がある先進国では、オフロード走行自体がレジャーとなり、趣味の車としてクロカン車を所有する人が大半となっています。

軍用車両としてのクロカン車

軍用車はその性質上、災害地や未舗装の荒れ地での運用が多く、必然的にクロカン車としての設計がされた車両が多くなります。

建設機械としてのクロカン車

モーターグレイダーやスクレイパー、ダンプトラックといった建設用の車両は、未舗装路での運用が当たり前なので、その設計もクロカン車に基づくものとなっています。

農業機械としてのクロカン車

トラクターや田植機といった農業用の車両も、その運用上クロカン車となっています。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す