MOBY

中型免許の限定解除とは|中型限定解除の試験方法や費用、大型免許との違いは?

中型免許の「中型車は中型車(8t)に限る」と書かれた条件についてのまとめ記事です。中型免許の限定解除とはどういうことか?大型免許、普通免許との比較、違いとは何か?限定解除の試験の方法、費用はどうなっているのかなど2009年に改正された道路交通法の新しい免許区分についてご紹介します。

中型免許とは?〜運転できる車の区分〜

中型貨物 免許

出典:http://www.kenren.or.jp/

中型免許とは、下記の車を運転できる免許となります。


・乗車定員:11人以上29人以下
・車両総重量:5トン以上11トン未満
・最大積載量:3トン以上6.5トン未満

2007年の法改正で変わった中型免許の区分

中型8トン限定運転免許証

出典:http://www.takaishi-driving.com/

2007年(平姓19年6月2日)からの道路交通法改正で、「中型自動車免許」が新設されました。
それまでの自動車の運転免許は「普通自動車」と「大型自動車」の2種類でした。

8トン限定中型免許(旧普通自動車免許)とは?

2007年の道路交通法改正前の「普通自動車免許」を取得していた人は、「8トン限定中型免許」の免許区分となります。
免許証の条件欄に「中型車は中型(8t)に限る」と記載されます。
その免許で運転できる車の範囲は、


・貨物車:車両総重量8トン未満、最大積載量8トン未満
・乗用車:車両総重量8トン未満、乗車定員10人以下


となります。
AT限定免許は8トン限定中型免許においても同じとなります。

免許区分の道路交通法改正の背景

改正前までの普通自動車免許で乗れる貨物車、特にトラックはだんだんと大型化していきました。
これは普通車と大型車の区別がつきにくくなるほどのもので、普通免許で未熟な運転者の事故を増加させている要因となっていました。そこで、事故防止のために道路交通法が改正されたと言われています。

普通自動車・中型自動車・大型自動車の免許区分一覧表

免許区分普通中型大型
運転資格年齢18歳以上20歳以上
普通免許経歴2年以上
21歳以上
普通免許経歴3年以上
車両総重量5トン未満5トン以上11トン未満11トン以上
最大積載量3トン未満3トン以上6.5トン未満6.5トン以上
乗車定員10人以下11人以上29人以下30人以上

中型限定解除の試験方法

中型乗用

出典:http://www.kyosyujyo.co.jp/

中型免許限定解除の方法は2つあります。

運転免許試験場で直接受験する

「一発試験」「飛び込み」などと言われる自動車学校に行かずに直接限定解除試験を受ける方法となります。試験内容は技能のみとなります。
メリットとしては、費用が安くすむこととが挙げられますが、試験の合格基準は非常に細かく厳しくなっていますので、運転に自信のある人でも合格率は20〜30%以下となっています。そのため、1回で受かるかどうかが分からないというデメリットが挙げられます。

また、ほとんどの運転免許試験場で、試験に落ちた後の2回めの試験の予約が相当日数先(場合によっては1ヶ月以上など)になることも大きなデメリットと言えるでしょう。

費用は、3,000円(内訳:受験料1,450円、試験車使用料1,550円)となっています。(都内警視庁管轄において)

自動車学校で技能講義の後、運転免許試験場で申請

自動車学校では技能講習のみとなり、4〜6時間の教習を受け、その後、運転免許試験場で事務手続きをする方法となります。自動車学校では、審査はありますが、運転に自信のない人でも限定解除は可能です。(教習時間が増加することはあります)

前述の直接運転免許試験場で受験するより費用はかかりますが、試験合格率を考慮すると限定解除できるまでの日数がとても早くなることがメリットです。早ければ5日程度から限定解除可能だと言われています。

費用は自動車学校によって差がありますが、総合計で7〜12万円が相場となっています。

人気の高まる中型免許・中型限定解除の背景は?

中型トラック

出典:http://www.truck123.co.jp/

中型免許のついてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか?

物流の中核は中型免許の貨物車となってきています。
中型免許限定解除のニーズが高まってきているのは、このような背景があります。

これから中型免許を取得しようとされる方、限定解除をされようとされる方の参考となりましたでしょうか?

関連するおすすめ記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す