MOBY

ニュルブルクリンク24時間耐久レースとは?概要と各世界最速記録をご紹介

ニュルブルクリンク24時間耐久レースは、ドイツで行われる大きなレース。本戦は夜通し行われますが、新車開発のテストによく使われる公道の北コース(ノルドシュライフェ)を含めた草レースが原点の耐久レースです。これからも続けてほしい世界の有名なレースのひとつをご紹介いたします。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースとは?

出典:http://www.nuerburgring.de/

ニュルブルクリンク24時間耐久レースとは、毎年5月〜6月にドイツのニュルブルクリンクで開催される耐久レースです。様々なスポーツカーが24時間内でどれだけ長い距離を走れるかを競います。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースの筆頭スポンサーはADACチューリッヒ保険会社で、ドイツではADAC Zurich 24h Rennenと呼ばれています。Nur24Hとも呼ばれることもあります。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースは、1970年より開催されており、2016年で44回目を迎えます。新車開発のテストによく使われる公道の北コース(ノルドシュライフェ)を含めた草レースが原点と言われている耐久レースです。24時間内に一番長い距離を多く走ったチームが優勝します。

レースが初めて開催された当初は、ドイツ車の参戦が目立っていましたが、徐々にレースの規模が大きくなり、今や世界各国のマシンがレースに参加しています。2016年度は158台ものマシンが参戦しており、今や世界的な規模のレースとなっていることが伺えます。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースはどこで開催されている?

ニュルブルクリンク24時間耐久レースはドイツのニュルにあるニュルブルクリンクというレース会場で開催されています。

多くの方はドイツのニュルブルクリンクがどこにあるのかご存じないかと思われます。ニュルブルクリンクはドイツのフランクフルト空港から北西に約150km。アウトバーンを使えばクルマで約1時間程度の距離にあります。

ニュルブルクリンクという名称は、ニュル(地名)のお城(ブルク)のサーキット(リンク)という意味からそう呼ばれています。
ニュルブルクリンクは下の小さな周回で1周5km程、そこから北コースへ飛び出して全周で25kmもあります。

北コースは一般道とされています。時間により有料で一般利用出来ますが、基本的にクローズコースになっています。

出典:http://nurburgring.jp/

全長20kmにおよぶニュルブルクリンク北コースにあるコーナーの数は170以上。自然の地形を利用したコースなのでストレートの地形が少ないのです。

コースを覚えるのは大変だと言われており、日産のGTアカデミーではニュルブルクリンクのコースを覚えるのに、プレイステーションのグランツーリスモを繰り返して遊んでコールを覚えるドライバーも多いようです。

名前が付けられているコーナーも全体の一部ですが、30個近くはあります。歴史的な由来を持った名前になっているそうです。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースの概要

ツーリングカー耐久レースの世界最高峰

出典:https://gazoo.com/

ニュルブルクリンク24時間耐久レースはツーリングカー耐久レースの世界最高峰であり、アマチュアリズムとの共生が出来ているレースです。

最大210台も同時エントリーが可能で、ワークスだけでなくアマチュアチームやドライバーも参戦しています。

ピットを何台ものマシンでシェアするなかで、混乱が起きないフェアプレー精神や、譲り合いの心はこのレースならでは見所です。その精神が他チームとの交流にもなり、レースがより楽しいものになるようです。

ワークスのトップドライバーとも、セイフティゾーンのない山の中を一緒に走り、同じ時間を共有したという仲間意識が芽生えます。このレースに出場した人だけが分かる独特な雰囲気ができることが他のレースと違う点だと言われています。

【11種類のクラス】

車のクラスで分かれてレースが行われており、クラスは全部で11つに分かられています。

■SP-PROクラス(SP6~8のリストリクター要装着クラス)
■SP10クラス(SRO-GT4ホモロゲーションに準じたクラス)
■SP9クラス(FIA-GT3ホモロゲーションに準じたクラス)
■SP2T ~SP8Tクラス(排気量1350cc~4000ccまでの排気量ごとのターボエンジン搭載クラス)
■SP3~SP8クラス(排気量1750cc~6250ccまでの排気量ごとの自然吸気エンジン搭載クラス)
■V2~V6クラス(ニュルブルクリンク耐久シリーズVLNクラス)
■D1T~D4Tクラス(排気量ごとのディーゼルエンジン搭載クラス)
■SP-Xクラス(特別承認による参戦クラス)
■Cup1・5クラス(ドイツのワンメイクカークラス)
■TCRクラス(安価なツーリングカーレース用クラス)
■ATクラス(バイオフュエル等の代替燃料エンジン搭載クラス)

ニュルブルクリンク24時間耐久レースの世界最速記録!

ファルケンモータースポーツ ポルシェ 991 GT3R

出典:http://gtpurelyporsche.com/

Fastest  8:29.488

ファルケンモータースポーツは1999年の初参戦以来17回目の挑戦となる本年は、昨年、日本勢初の表彰台となる総合3位入賞を果たしましたが、Wolf Henzler / Peter Dumbreck / Martin Ragginger / Alexandre Imperatoriの4名のドライバーで総合9位になりました。

チームWRT アウディ R8 LMS

出典:http://e-nenpi.com/

Fastest  8:23.615

昨年度は総合優勝したアウディですが、今年度はベルギーアウディクラブ チームWRTの2号車が、ガードレールに接触したりサスペンション交換を余儀なくされながらも、着実に周回を重ねて総合8位になりました。

ベントレーチーム ABT ベントレーコンチネンタル GT3

出典:http://www.adac-gt-masters.de/

Fastest  8:26.759

新ベントレー・ボーイズのガイ・スミスもドライバーを務め彼は2003年のル・マンで優勝した実績の持ち主です。

エンジン出力をカーボンファイバー製プロペラシャフトを通じて、リアアクスルのLSD付き6段シーケンシャルギアボックスに伝えて、後輪駆動にする伝統的なレーシングカー。セッティング前後重量配分も52:48とバランス良く総合7位になりました。

ROWE レーシング BMW M6 GT3

出典:http://rowe-mineraloel.com/

Fastest  8:19.697

4.4リッターV8の“Mツインパワー・ターボ・エンジン”は、市販のM6クーペに搭載されるエンジンを少しモディファイしたもので585馬力を発生します。ハンドリング特性も大幅に向上して車重は1300kg以下のBMW M6 GT3です。

ランニングコストの低下も図られ、BMWモータースポーツの代表イエンス・マルカルトも「BMW史上最も経済的なGTカー」と語っています。総合5位になりました。

AMGチーム ブラックファルコン メルセデスAMG GT3

出典:http://www.automobilsport.com/

Fastest  8:19.002

2回の予選で最上位になったブラックファルコンMercedes-Benz SLS AMG GT3です。25kmのラップを8:27.363で駆け抜けました。

コースコンディションが非常に滑りやすいなか、タイヤを徹底的に準備した事が優勝への勝因となりました。

メルセデスAMG GT3は総合1位~4位。

次のページ