エンジンフラッシングの効果はほとんどない?意味からやり方まで総まとめ

ディーラーやカー用品店でオイル交換を行うときに同時に『フラッシング』を勧められたことはありませんか?簡単に言うとフラッシングは専用のオイルを使いエンジン内部を洗浄するというものです。しかし実際にどのような作業が行われているか、また効果があるのかという疑問を持たれている方も多いようです。そこで『フラッシング』についてまとめてみましたのでご覧ください。

エンジンフラッシングって何?

エンジンフラッシングの意味とは

出典:www.scuderia-sfida.jp

エンジンフラッシングとは、「エンジン内部の汚れをエンジン外に排出してしまう事」です。
エンジンフラッシングには、主に3つの方法があります。

1つ目はエンジンオイル交換前に専用のエンジンオイル添加剤を投入し、しばらく走行した後に排出するというもの。 
2つ目はエンジンオイルを抜き、専用のフラッシングオイルをエンジンオイルのゲージ上限まで入れ、しばらくエンジンを動かし、新しいオイルと交換するもの。
3つ目が専用のフラッシングマシンを使用する、というものです。

エンジン内部にたまったスラッジと呼ばれるヘドロ状や固形の汚れはエンジンオイルに含まれる清浄成分では落ちないことも多く、それらを洗い流すのがフラッシングの主な目的となります。

実際にエンジンフラッシングをされた方の意見は?

実際にフラッシングをした人からは、『調子が良くなった』や『すごい汚れが出た』などの感想が聞かれます。

しかしながら中には『あまり変わらない』という声もあります。

効果の違いの謎を解くカギは存在するのでしょうか?

エンジンフラッシングは意味ないって本当?

エンジンフラッシングの効果を期待出来る時と出来ない時の違いは?

汚れがたまると、エンジンのパフォーマンスは低下し、汚れを取り除くとエンジンのパフォーマンスは向上します。
従って、エンジンフラッシングが必要なエンジンは汚れが溜まっているエンジンです。エンジンフラッシングの効果が期待できるのも同じく汚れが溜まってしまっているエンジンです。

ではなぜ汚れが溜まってしまうのか、それはエンジンオイルの管理が大きく関わっているようです。

エンジンオイルはメーカーによりさまざまですが推奨される交換時期が決まっています。その時期を守らずに汚れたエンジンオイルでエンジンを回し続ければ、エンジン内部に汚れが堆積するリスクは高まります。

エンジンオイルにはエンジンを綺麗に保つための添加剤が含まれているものが多いのですが、オイルの劣化とともにそちらの添加剤の酸化が進み効果が薄れてしまう為です。エンジンオイルの交換を怠ってエンジン内部に汚れが堆積してしまっているエンジンにはフラッシングの効果が期待できます。

ただし、汚れが酷すぎる場合はエンジンを分解して洗浄しなければ落ちません。
この場合では、エンジンフラッシングはほぼ意味がありません。

以上、エンジンフラッシングの効果の有無ついてまとめると、「エンジンフラッシングで落ちる程度の汚れがエンジンに溜まっている場合のみ効果が期待できる」という事になります。
逆に、エンジンが汚れていない場合、もしくは、エンジンフラッシングでは落ちないほどの汚れがたまっている場合はエンジンフラッシングの効果は期待できません。

実際に動画でフラッシングの様子を見てみましょう!

エンジンフラッシングで見えない所にも気遣いを!

愛車と長く付き合うにはメンテナンスが大切

出典:www.yamashin-grp.co.jp

カー用品店などで理解もしないまま作業メニューを提案されそのまま作業を行われてしまうことはしばしばあるかと思います。

愛車とうまく付き合っていくためには自分の愛車の状態を常に把握してあげることが大事です。

エンジンフラッシングに関してももどうしようもない状態になってから行うのではなくトラブルを未然に防ぐ予防策として行うのがベストでしょう。
マメにオイル交換をしていてフラッシングをしても汚れが出ない、というのが理想と言えます。

車のメンテナンスをこまめに行うことは大変ですが、自慢の愛車に長く乗りたいなら手間を惜しんで入られませんよね。
エンジンフラッシングだけではなく、車にメンテナンスを施す場合はまずその内容を理解すること、それによって得られるメリットやデメリットを知っておくことも大切かもしれません。

愛車と長く付き合う知恵や技術は沢山あります。それらを上手に使いこなしてより良いカーライフを作っていきましょう!

エンジンのメンテナンスについての関連記事はこちら

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す