MOBY

エクストレイル裏情報!実燃費や悪い口コミと評判、値引き目標額は?

日産の代表的なSUV「エクストレイル」の裏情報をまとめました。メーカーからの情報だけでは分からない実燃費や悪い口コミと評判、値引き目標額といった裏情報を交えて日産エクストレイルを紹介します。実際に日産エクストレイルに乗った人にしか分からない意外な不満とは!?

日産エクストレイルはどんな車?

「日産エクストレイル」は「大人4人が快適に過ごせる、実用的で手頃な四駆車」というコンセプトでデビューし、3代目となる現行モデルもそのコンセプトは変わっていません。

ラグジュアリーなオンロード重視のSUVが増える中、「エクストレイル」は実用車のスタイルを貫いています。

日産には同クラスのSUVに「デュアリス」というモデルがありました。
「エクストレイル」に比べると、オンロード走行を重視したモデルで、欧州市場を狙った戦略車のため、ユーロピアンなテイストが取り入れられています。

2013年、この「デュアリス」と「エクストレイル」の統合が決まり、これまでのボックス型のフォルムから大幅にデザインを変更することとなりました。

今回は、カタログとの燃費差やマイナスポイントなどオーナーのリアルな声を元にエクストレイルをご紹介していきます。

人によって車の評価は異なります。オーナーの口コミがすべてではありませんが、デメリットを事前に把握しておくことで購入後のギャップが、少しでも小さくなればと思います。

日産エクストレイルの外装(エクステリア)

上記でお伝えしたように、3代目の「エクストレイル」は「デュアリス」との統合により、それまでのボックス型のデザインから、曲線を意識したフォルムに変更されました。

現代のトレンドを取り入れたデザインは高評価を得ていますが、一方でこんな意見もあります。

かっこいいと思います、

ただ、いままでの型と路線変更されていますので、以前の型が気にいっている人にとっては不満があるエクステリアデザインになっているのではと感じます

私は以前のデザインも今のデザインも好きです

出典:http://review.kakaku.com/

ただ、フロント・サイド・リアと、それぞれのデザインは悪くないと思いますが、組み合わせて全体を見ると、若干バランスがとれていないような…
あと、サイドから見ると、少し間延びして見えます。

出典:http://review.kakaku.com/

歴代のエクストレイルからかけ離れたスタイルでガッカリです。どうせならデュアリスの後継モデルなら良かったのに、どう間違って路線変更したのか理解できません。
 正面から見た感じは悪くないですが、ホイールのデザインがカッコ悪すぎて、バランスも悪いです。ブランドスーツ着て、履いてるのは便所サンダルって感じです。

出典:http://review.kakaku.com/

やはり、エクステリアの大幅なデザイン変更は評価が分かれるところです。
もちろん、洗練され先代よりカッコよくなったという意見もあります。
デザインは人それぞれ好みがあるので、こればかりは仕方ないのかもしれません。

日産エクストレイルの内装(インテリア)

エクストレイルのシートの座り心地は?

シートやトランクは防水処理が施され、アウトドアシーンで大活躍してくれそうです。後部座席のスペースも十分なので、ファミリーユースも得意としています。

前席カップホルダーの保温保冷機能などの細かい配慮もうれしい装備です。

気になる内装の質感やシートの座り心地はどうなのでしょうか?




ダッシュボードのソフトパッド面積が意外と狭かったり、合皮部分の手触りだったり、エアコンダイヤルのタッチなど、よく観察すると全体的に少し安っぽい感じ。コストの厳しさを感じさせます。

出典:http://review.kakaku.com/

とにかくエンジン音がよく進入してきていました。
軽く踏み込んだだけで、エンジン回転数が3000回転近くまで上がることが多く、それ以外でも終始回転数が上下に落ち着きませんでした。

段差やコンディションの良くないアスファルトを通った時の、落ち着きの無い揺れも気になりました。
揺れがこまめに起き、収まるのも少し時間がかかる感じ。

出典:http://review.kakaku.com/

ロードノイズやエンジンが車内に響くという意見のほか、サスペンションの硬さ、目に見えるコストダウン、段差での突き上げが指摘されています。

しかし、このあたりは個人差があるので、一度試乗して確かめられることをおすすめします。

次のページ