交通事故の減点点数や罰金(反則金)はいくら?事故の種類別にざっくりまとめてみた

交通事故を起こしたときの減点点数は?罰金、反則金はいくらになる?事故の種類ごとにわかりやすくまとめたダイジェスト版です。この記事をお読みになられると、安全運転への意思が高まりのではないでしょうか?事故の原因も併せてご紹介しています!

最も多い交通事故の原因は安全運転義務違反?

交通事故

交通事故の原因として最も多いものを列挙すると次のようになります。

・居眠り運転
・漫然運転(ボーッとした運転)
・脇見運転
・運転操作ミス
・前方不注意
・安全不確認


これらは交通事故の9割以上を占めている要因といって過言ではありません。
上で挙げた交通事故の原因は、道路交通法では「安全運転義務違反」にひとくくりにされています。
この違反による交通事故以外においては、飲酒運転、大きな事件となるような危険運転が要因となります。

今回のまとめ記事では、

・安全運転義務違反での交通事故
・飲酒運転での交通事故
・悪質、危険運転での交通事故


について取り上げてご紹介します。

「交通事故」の定義

この記事では便宜上、「交通事故」とわかりやすく表記していますが、道路交通法上で点数や罰金などの処分が科される交通事故は、人身事故のみとなります。
建物や相手の車にぶつけて壊したのみなどの対物事故、電柱や壁などにぶつかった単独事故は含まれません。

交通事故を起こしたときの処分の決まり方

交通事故を起こした後、警察は事故状況を検分して、検察に書類送検をします。このとき、事故を起こした運転者の過失が軽く、被害者の怪我も軽いときは起訴されません。

起訴されなければ、行政処分(点数・反則金)のみとなりますが、起訴されれば特殊なケースを除いて、刑事処分(罰金・懲役)となります。

行政処分、刑事処分の違いについて詳しくは下記のまとめ記事をご参照ください。

起訴されなかった時の罰金や点数は?

前項でご説明しましたとおり、事故を起こした運転者の過失が少なく、被害者が軽症の場合は行政処分(点数加算・反則金)のみとなります。

この場合の事故は、冒頭でもう少しあげたような「安全運転義務違反」に該当する違反がほとんどとなります。起訴されずに済む交通違反の場合は、次項で説明する安全運転義務違反の違反点数、反則金となります。

安全運転義務違反での交通事故の点数と罰金

安全運転義務違反で交通事故

出典:http://www.koutsujikosos.com/

安全運転義務違反は、

・違反点数:2点
・反則金:9,000円


となっています。

前歴(過去の免停)がない場合や累積点数が少ない場合は、この違反のみで免停になることはありません。

免停について詳しくは下記のまとめ記事をご覧ください。

一般違反行為での交通事故の点数一覧表

安全運転義務違反での交通事故は、飲酒運転や悪質・危険運転とは区別される「一般違反行為」での点数となります。被害者のケガの程度によって点数は変化します。

被害者の状況一方的に加害者となった場合相手にも非がある場合
死亡2013
重症後遺障害あり139
治療期間:3ヶ月以上139
治療期間:30日以上3ヶ月以下96
軽症治療期間:15日以上30日未満64
治療期間:15日未満32
建造物の損壊あり32

人身事故の刑事処分・刑罰一覧表

刑事処分も被害者のケガの状況で刑罰内容が変化します。

被害者の状況刑罰
死亡懲役7年以下
もしくは禁錮刑
重症後遺障害あり懲役7年以下
もしくは禁錮刑
もしくは罰金50万
全治:3ヶ月以上
全治:30日以上3ヶ月以下 罰金30〜50万円
軽症全治:15日以上30日未満罰金15〜30万円
全治:15日未満罰金15〜30万円
建造物の損壊あり罰金10〜15万円

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す