初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

パワーウェイトレシオとは?国産車&外車ランキングTOP10を一覧で発表!

エンジン性能と車重のバランスによりクルマの性能を計るひとつの方法として、いかにパワーウェイトレシオが少ないクルマが素晴らしいかという事に関して、調べてみましょう。そのパワーウェイトレシオとは何か知っていますか。自動車雑学を学んでみましょう。実際には試乗してみないと分からない事ですが、パワーウェイトレシオの少ない車TOP10をランキング形式で紹介します。

パワーウェイトレシオとは?

車の速さの判断基準

自動車関係の本や試乗インプレッションなどで、パワーウェイトレシオという言葉を聞いた覚えがありませんか?
クルマのエンジン性能による速さの違いをスペックなどから、この車は何回転で、何馬力の最高出力を持っている、また出足の力を最大トルクの数字によって判断する人が多くいると考えます。
けれど、このエンジン性能はエンジン単体の情報になりまして、クルマの全ての速さを語るには目安にしかなりません。

そこで、もうひとつのクルマの速さの判断基準になるのが、パワーウェイトレシオになります。
最大出力と車両重量の関係になるパワーウェイトレシオについて、よく聞くけど意味がわかりにくいクルマ用語になるパワーウェイトレシオを解説します。

1馬力あたりの車重は軽い方がいい?

パワーウェイトレシオでわかるのは「馬力あたりの重量」になります。試乗インプレッションでも、よく1馬力あたりの車両重量で現されています。「出力荷重比」と言われる場合もあるようです。

日産 エルグランド

日産 エルグランド 内装 イメージ

1馬力で負担する重さは、軽ければ軽いほど動力性能が高く加速が有利になります。
では、見た目からも分かりそうな重さの異なる2台の車を比較してみます。
例えば国内メーカーでも分かりやすい日産のコンパクトカーとミニバンで確認してみます。

上記写真の日産エルグランドでは、2種類のエンジンがありますが、控えめな2.5L DOHC直列4気筒のエンジンを積んで、最高出力125kWに対して車両総重量2350kgになっています。
パワーウェイトレシオは、18.8kg/kWになる事が分かります。

続いてコンパクトカーになる日産マーチの中でも高性能モデルのニスモSというグレードがあります。

日産マーチ

日産 マーチ リスモ

日産マーチも、2種類のエンジンがありますが、高性能な1.5L DOHC直列4気筒のエンジンを積んで、最高出力85kWに対して車両総重量1285kgになっています。
パワーウェイトレシオは、15.1kg/kWになる事が分かります。

あえて比較しやすいモデルやグレードをあげてみましたが、パワーウェイトレシオで、比較した場合に、マーチの方が、早いクルマである事が見えてきます。

排気量や馬力の数字だけを見るのではなく、パワーウェイトレシオも計算してみると意外な数値が出てくることに気付かされます。

パワーウェイトレシオの計算方法

シボレー コルベット

最近の自動車では色々な性能をもったモデルが多いです。たくさんの車種が販売されていますので、一概には言えませんが、一般的な大衆車で1500ccクラスの排気量だとした場合のパワーウェイトレシオを考えてみます。
たとえば、最大出力100kWのエンジンを搭載している車両総重量1000kgのクルマで、パワーウェイトレシオは「車重1000kg÷出力100kW」、10kgのkg/kWになります。
これは、1kW(馬力)あたり、10kgの重さを運ぶことになります。

あくまで分かりやすい計算式ですので、車重が影響するという事は、ドライバー1名乗車時や、家族4人で乗っている時、ミニバンクラスであれば、もっと多人数乗車も考えられます。実は人の体重も人数が増えるとパワーウェイトレシオに大きな違いが出て来ます。

今回はあくまでクルマの重さだけで考えた場合に、どれだけのパワーウェイトレシオを持ったクルマなのか?というバランスだけで計算してみたものが「馬力」vs「車重」の関係で、1kW(馬力)で何キロの車重を運ばなければ行けないかの数字になるものがパワーウェイトレシオ(車重/馬力)になります。馬力が分母、車重が分子なので、割り算により1kW(馬力)で運ばなければいけない重さが分かります。

結果、最大出力に対してクルマの重さが少ない方が早く走れる事になります。また、最大出力の馬力は高回転域での伸びを示します。静止状態から走り出す瞬間には、最大トルクの方が重要になってきます。

もう一つ、エンジンの力をタイヤに伝える時にタイヤの大きさや太さによっても、その単体の重量が変わってきます。これをバネ下重量と言います。バネ下重量が重いとエンジンが伝えているエネルギーを受け取るのに時間が必要になります。

ここまでのパワーウェイトレシオの情報をまとめると?

●パワーウェイトレシオの数字は少ない方が早いクルマである。

●乗る人数や家族の体重などに左右されるのがパワーウェイトレシオなので
 あくまで目安にしかならない。

●走り出しの速さはパワーウェイトレシオでは分からない。

●タイヤの重さによって、またディスクブレーキ板の重さなどによって出足が遅くなる。

となるため参考にはなりますが、ヨーロッパなどでは、走り出しの速さが重要と考える事も出来るために、静止状態から、時速100km/hに達する時間にて速さを表していたりもします。ドイツのアウトバーン等、最高速度無制限の道があるからなのでしょう。

最初の写真はアメリカのシボレーコルベットです。

【シボレーコルベット Z51 3LT エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:343kW(466PS)/6,000rpm
最大トルク:630N・m (64.2kg・m) /4,600rpm
車両重量 :1,570kg
パワーウェイトレシオ:4.578kg/kW

シボレーコルベット Z51 3LT 新車車両価格

価格:11,750,000円(税込)

【2014 CORVETTE STINGRAY 3LT Z51 本国ではスティングレー! 動画】

シボレーコルベットZ51 3LTでは、すでに、日産エルグランドや日産マーチの3分の1以下の軽いパワーウェイトレシオを誇っている事が分かります。

それではパワーウェイトレシオが小さいクルマを国内外合わせて現在でも新車で買える車として定評のある車をランキング形式でご紹介します。

【第10位】 トヨタ マークX 350S“Gʼs”

トヨタ マークX 350S“Gʼs”のエクステリア

トヨタ マークX G's
トヨタ マークX G's リア

トヨタ マークX 350S“Gʼs”の内装

トヨタ マークX 350RDS 内装

トヨタ マークX 350S“Gʼs”は、FRセダンのハンドリング性能の魅力に大排気量の3.5LになるNAエンジンをトヨタのガズーレーシングの最高度のチューニングにより本物のスポーツカーブランドの技術を托したグレードになっています。

フロント54:リヤ46の理想的な重量バランスを生み出すことにより、俊敏なハンドリングや卓越したコーナリング性能に磨きをかけて、あらゆる走行シーンでも高次元の操縦安定性を見せつけたドライブが楽しめます。

こちらでも1kW(馬力)あたり7.799kg/kW というパワーウェイトレシオになっています。

【トヨタ マークX 350S“Gʼs” エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:234kW(318PS)/6,400rpm
最大トルク:380N・m (38.7kg・m) /4,800rpm
車両重量:1,825 kg
パワーウェイトレシオ:7.799kg/kW

【トヨタ マークX 350S“Gʼs” 外寸とエンジン種類等】

全長:4,795mm
全幅:1,795mm
全高:1,420mm
ホイールベース:2,850mm
乗車定員:5名

エンジン種類:V型6気筒DOHC
トランスミッション:6AT
総排気量:3,456 cc
燃料供給装置:筒内直接+ポート燃料噴射装置〈D-4S〉
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:71 L

【トヨタ マークX 350S“Gʼs” メーカー希望小売価格】

価格:4,320,000円(税込)

【トヨタ マークX 350S“Gʼs” 試乗インプレッション】


中古車情報
システムメンテナンス中


【第9位】 スバル WRX STI Type S

スバル WRX STI Type Sのエクステリア

スバル WRX STI 2014年型 フロント
スバル WRX STI タイプS 2014年型

スバル WRX STI Type Sのコックピット

スバル WRX STI 2014年型 コックピット

スバル WRX STI Type Sはスバルのフラッグシップスポーツカーですが、今回比較してみる中ではカジュアルなスポーツモデルになります。それでもスバル独特の水平対向エンジンにツインスクロールターボを組み合わせて、とても早い走りが出来ます。

名前からしても世界のラリーに通用するほどのスペックを持ち合わせて、S#モードによりスポーティな走りが楽しめます。

こちらでも1kW(馬力)あたり6.520kg/kW という優秀なパワーウェイトレシオになっています。

【スバル WRX STI Type S エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:227kW(308PS)/6,400rpm
最大トルク:422N・m (43.0kg・m) /4,400rpm
車両重量:1,480kg
パワーウェイトレシオ:6.520kg/kW

【スバル WRX STI Type S 外寸とエンジン種類等】

全長:4,595mm
全幅:1,795mm
全高:1,475mm
ホイールベース:2,650mm
乗車定員:5名
エンジン種類:水平対向4気筒DOHC ツインスクロールターボ
トランスミッション:6速MT
総排気量:1,994cc
燃料供給装置:電子制御燃料噴射装置(EGI)マルチポイントインジェクション
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:60 L

【スバル WRX STI Type S メーカー希望小売価格】

価格:4,114,800円(税込)

【スバル WRX STI TypeS 試乗インプレッション 走行編】


中古車情報
システムメンテナンス中


【第8位】 レクサス RCF “カーボンエクステリアパッケージ”

レクサス RCF “カーボンエクステリアパッケージ”のエクステリア

レクサス RC F
レクサス RC F リア

レクサス RCF “カーボンエクステリアパッケージ”のコックピット

レクサス RC F コックピット

レクサス RCF “カーボンエクステリアパッケージ”は、気持ち良く走れる最高性能の5.0L V8エンジンを組み合わせて、1kW(馬力)あたり5.071kg/kWというパワーウェイトレシオになっています。レクサスのLFAが3.592kg/kWというポルシェ 911 GT3 RSを上回る驚異的なパワーウェイトレシオを記録していますが、現在では、販売終了になっています。

【レクサス RCF “カーボンエクステリアパッケージ” エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:351kW(477PS)/7,100rpm
最大トルク:530N・m (54.0kg・m) /4,800~5,600rpm
車両重量:1,780kg
パワーウェイトレシオ:5.071kg/kW

【レクサス RCF “カーボンエクステリアパッケージ” 外寸とエンジン種類等】

全長:4,705mm
全幅:1,850mm
全高:1,390mm
ホイールベース:2,730mm
乗車定員:4 名

エンジン種類:V8気筒DOHC
トランスミッション: 8速SPDS
総排気量:4,968cc
燃料供給装置:筒内直接+ポート燃料噴射装置(D-4S)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:66 L

【レクサス RCF “カーボンエクステリアパッケージ” メーカー希望小売価格】

価格:10,310,000円(税込)

【レクサスの主任技術者による開発のストーリー】

【第7位】 ジャガー Fタイプ

ジャガー Fタイプのエクステリア

ジャガー Fタイプ フロント
ジャガー Fタイプ リア

ジャガー Fタイプのコックピット

ジャガー Fタイプ コックピット

ジャガー Fタイプは、ダウンサイジングを実現したスーパーチャージャーを採用しています。 高性能でありながら燃費を向上させるアイドリングストップも装備されています。 そして、クロスレシオの8速クイックシフトオートマチックトランスミッションで瞬間的なシフトチェンジによる最も効率的なエンジン回転数域をキープしつづけるドライブが楽しめます。

こちらでも1kW(馬力)あたり5.058kg/kW というパワーウェイトレシオになっています。

【ジャガー Fタイプ エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:340kW(250PS)/6,500rpm
最大トルク:450kg・m /3,500rpm~5,000rpm
車両重量:1,720 kg
パワーウェイトレシオ:5.058kg/kW

【ジャガー Fタイプ 外寸とエンジン種類等】

全長:4,470 mm
全幅:1,925 mm
全高:1,315 mm
ホイールベース:2,620 mm
乗車定員:5名

エンジン種類:V型6気筒DOHC スーパーチャージャー
トランスミッション:6AT
総排気量:3,456 cc
燃料供給装置:筒内直接+ポート燃料噴射装置〈D-4S〉
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:71 L

【ジャガー Fタイプ メーカー希望小売価格】

価格:8,870,000円(税込)

【ジャガー Fタイプ 動画】

【第6位】 日産 GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモ

日産 GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモのエクステリア

日産 GT-R track シルバー フロント
日産 GT-R track シルバー リア

日産 GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモのコックピット

日産 GT-R track シルバー interior

日産 GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモは、ボディと足回りを主にニスモのレーシングテクノロジーが注ぎ込まれています。

レースで鍛え上げた接着剤で剛性を高める「ボンディングボディ」により高精度なボディチューンがおこなわれています。サスペンションやスタビライザーも専用にチューニングされたことにより、アグレッシブなドライブが楽しめます。

こちらでも1kW(馬力)あたり4.332kg/kW というパワーウェイトレシオになっています。

【日産GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモ 専用装備】

●専用ボンディングボディ(車体剛性向上)
●専用拡幅フロントフェンダー(アウトレットダクト付)
●専用拡幅フロントプロテクター
●専用スタビライザー(フロント・リヤ 高バネレート)
●専用サスペンション
●専用レイズ製アルミ鍛造ホイール(NISMOレーシングブラック)
 (フロント20×10J、リヤ20×10.5J、サイズアップ高剛性ハブボルト、専用タイヤ)

【日産GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモ エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:404kW(550ps) / 6,400rpm
最大トルク:632N・m(64.5kg・m)/ 3,200~5,800rpm
車両重量:1,750kg
パワーウェイトレシオ:4.332kg/kW

【日産GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモ 外寸とエンジン種類等】

全長:4,670 mm
全幅:1,895 mm
全高:1,370 mm
乗車定員:2+2名

エンジン種類:V型6気筒DOHC
トランスミッション:デュアルクラッチトランスミッション
総排気量:3,799cc

【日産GT-R トラックエディション エンジニアード バイ ニスモ メーカー希望小売価格】

価格:11,700,720円(税込)

【日産GT-R 加速を体験した人のエピソード】


中古車情報
システムメンテナンス中


【第5位】 ホンダ NSX

ホンダ NSXのエクステリア

2015年 ジュネーブモーターショー ホンダ NSX
2015年 ジュネーブモーターショー ホンダ NSX

ホンダ NSXのコックピット

ホンダ NSX 2015年型 インパネ

ホンダ NSXは、ツインターボエンジンと3基のモーターとの組み合わせにより強烈な発進性能とすばらしい加速性能を持ち合わせています。2つのモーターで後輪それぞれにプラスの動力をあたえてオン・ザ・レール感覚のハンドリングがポイントです。

そして3つのモーターで充電もするので低燃費にも役立つ「SPORT HYBRID SH-AWD」のシステムで走りが楽しめます。こちらでも1馬力あたり4.092kg/kW というすごいパワーウェイトレシオになっています。

【ホンダ NSX エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:373kW(507PS)/6,500rpm~7,500rpm
最大トルク:550N・m (56.81kg・m) /2,000rpm~600rpm
前モーター最高出力:27kW(37PS)/4,000rpm
前モーター最大トルク:73N・m (7.4kg・m) /0~2,000rpm
後モーター最高出力:35kW(4.8PS)/3,000rpm
前モーター最大トルク:73N・m (7.4kg・m) /0~2,000rpm
車両重量:1,780 kg
パワーウェイトレシオ:4.092kg/kW

【ホンダ NSX 外寸とエンジン種類等】

全長:4,490 mm
全幅:1,940 mm
全高:1,215 mm
ホイールベース:2,630 mm
乗車定員:2名

エンジン種類:V型6気筒DOHC 24バルブ
トランスミッション:9AT
総排気量:3,492 cc
燃料供給装置:電子制御燃料噴射式(ホンダ PGM-FI)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:59 L

【ホンダ NSX メーカー希望小売価格】

価格:23,700,000円(税込)

【ホンダ NSX 発表会】


中古車情報
システムメンテナンス中


【第4位】 ポルシェ 911 GT3 RS

ポルシェ 911 GT3 RSのエクステリア

ポルシェ 911 GT3 RS フロント
ポルシェ 911 GT3 RS リア

ポルシェ 911 GT3 RSのコックピット

ポルシェ 911 GT3 RS interior

ドイツの名門であるポルシェの中でも4.0Lで500馬力を誇るGT3 RSはとても魅力的なグレードになります。いつかは乗って見たいクルマ・ランキングなどでも人気の高いポルシェです。

ポルシェ 911 GT3 RSは、1kW(馬力)あたり3.859kg/kWという驚異的なパワーウェイトレシオになっています。アウトバーンに似合いそうなグレードのポルシェです。また0-100kg/hをわずか3.3秒の記録も持っています。

【ポルシェ 911 GT3 RS エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:368kW(500PS)/8,250rpm
最大トルク:460N・m(46.9kgm)/6,250rpm
車両重量:1,420kg
パワーウェイトレシオ:3.859kg/kW

【ポルシェ 911 GT3 RSの100km/hチャレンジ】

0-100km/h 加速:3.3秒

【ポルシェ 911 GT3 RS 外寸とエンジン種類等】

全長:4,545mm
全幅:1,900mm
全高:1,290mm
ホイールベース:2,455mm
乗車定員:2名

エンジン種類:水平対向6気筒 24バルブ
トランスミッション:PDK
総排気量:3,996cc
燃料供給装置:ダイレクトフェールインジェクション(DFI)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:64 L

【ポルシェ 911 GT3 RS メーカー希望小売価格】

価格:25,300,000円(税込)

【ポルシェ911 GT3 RS国際試乗会】


中古車情報
システムメンテナンス中


【第3位】 シボレー コルベット Z06

シボレー コルベット Z06のエクステリア

シボレー コルベット Z06 フロント
シボレー コルベット Z06 リア

シボレー コルベット Z06のコックピット

シボレー コルベット Z06 インテリア

シボレー コルベット Z06は、ル・マン24レースに出場するレーシングカー「シボレー コルベット C7.R」と同時に開発されたハイ・パフォーマンス・スーパースポーツカーです。

新たに開発されたスーパーチャージャー、アクティブ・フューエル・マネジメント(気筒休止)、可変バルブタイミングシステムの最先端テクノロジーで、コルベット史上最強のモデルになる走りが魅力的です。こちらでも1kW(馬力)あたり3.319kg/kW というすごいパワーウェイトレシオになっています。

【シボレー コルベット Z06 エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:485kW(659PS)/6,400rpm
最大トルク:881N・m (89.8kg・m) /3,600rpm
車両重量:1,610 kg
パワーウェイトレシオ:3.319kg/kW

【シボレー コルベット Z06 外寸とエンジン種類等】

全長:4,515 mm
全幅:1,970 mm
全高:1,230 mm
ホイールベース:2,710 mm
乗車定員:2名

エンジン種類:V型8気筒 OHV スーパーチャージャー
トランスミッション:8AT
総排気量:6,153 cc
燃料供給装置:電子式燃料噴射(筒内直接噴射)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:70 L

【シボレー コルベット Z06 メーカー希望小売価格】

価格:14,420,000円(税込)

【シボレー コルベット Z06 試乗インプレッション】


中古車情報
システムメンテナンス中


【第2位】 フェラーリ 488GTB

フェラーリ 488GTBのエクステリア

フェラーリ 488GTB
フェラーリ 488GTB

フェラーリ 488GTBのコックピット

フェラーリ 488GTB

イタリアの名門であるフェラーリは、いつも跳ね馬のイメージで憧れの的です。フェラーリ 488GTBは、過去に栄光を手にした308GTBをイメージさせたニューモデルです。
空力特性を向上させて、より一層進化したフェラーリ 488GTBでは、もっと理想的なコーナリングを駆け抜ける技術を備えたモデルとなっています。

フェラーリ 488GTBは、1kW(馬力)あたり2.785kg/kWという驚異的なパワーウェイトレシオになっています。

また0-100kg/hが、わずか3.0秒の記録を出しています。

【フェラーリ 488GTB エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:492kW(670ps)/8,000rpm
最大トルク:760N・m(77.5kg・m)/ 3,000rpm
車両重量 :1,370kg
パワーウェイトレシオ:2.785kg/kW

【フェラーリ 488GTBの100km/hチャレンジ】

0-100km/h加速:3.0秒

【フェラーリ 488GTB 外寸とエンジン種類等】

全長:4,568mm
全幅:1,952mm
全高:1,213mm
ホイールベース:2,650mm
乗車定員:2名

エンジン種類:V型8気筒ターボ
トランスミッション:7速F1デュアルクラッチ
総排気量:3,902cc
燃料供給装置:電子制御燃料噴射式
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン

【フェラーリ 488GTB メーカー希望小売価格】

価格:30,700,000円(税込)

【フェラーリ 488GTB 公式動画】

【第1位】 ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーベローチェ

ランボルギーニ アヴェンタドール LP750-4 スーパーベローチェのエクステリア

ランボルギーニ アヴェンタドール LP750 フロント
ランボルギーニ アヴェンタドール LP750 リア

ランボルギーニ アバンタドール LP750-4 スーパーベローチェのコックピット

ランボルギーニ アヴェンタドール LP750 コックピット

スーパーカーの頂点に位置するランボルギーニは、中でも12気筒の6.5Lを誇る電子制御付き4WDであるスーパーベローチェが今回、栄光の第一位です。スーパーベローチェと言うその名前自体が「とても早い」と言う意味ですから、いつまでも頂点に立つほどの憧れの的です。

ランボルギーニ アバンタドール LP750-4 スーパーベローチェは、1kW(馬力)あたり、2.763kg/kWという驚異的なパワーウェイトレシオになっています。

【ランボルギーニ アバンタドール LP750-4 スーパーベローチェ エンジン性能と車重から分かるパワーウェイトレシオ】

最高出力:552kW (750ps) / 8,400rpm
最大トルク:690N・m (70.1kg・m) / 5,500rpm
車両重量:1,525kg
パワーウェイトレシオ:2.763kg/kW

【ランボルギーニ アバンタドール LP750-4 スーパーベローチェの100km/hチャレンジ】

0-100km/h加速:2.8秒

【ランボルギーニ アバンタドール LP750-4 スーパーベローチェ 外寸とエンジン種類等】

全長:4,835 mm
全幅:2,030 mm
全高:1,136 mm
ホイールベース:2,700 mm
乗車定員:2名

エンジン種類:V型12気筒DOHC 48バルブ
トランスミッション:7速ISRハーデックスジェネレーション4
総排気量:6,498 cc
燃料供給装置:電子制御燃料噴射装置(LIE)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量:90 L

【ランボルギーニ アバンタドール LP750-4 スーパーベローチェ メーカー希望小売価格】

価格:43,173,000円(税込)

【ランボルギーニ アバンタドール LP750-4 スーパーベローチェ 動画】


中古車情報
システムメンテナンス中


パワーウェイトレシオも重視してクルマ選びしましょう!

パワーウェイトレシオの低い車はハイスペック!

ポルシェ918スパイダー

写真は、ハイブリッドモデルになるポルシェの918スパイダーです。
ランボルギーニを上回る0-100 km/h加速:2.6 秒を記録している事からスゴイ性能の高いモデルでしょう。

パワーウェイトレシオの低いクルマ=早いクルマのランキングTOP10は、いかがでしたか?TOP10にエントリーしたクルマは、いずれもハイエンドなプライス設定になっています。特に高速道路などでの加速感ある運転を楽しもうとしたら最高のパートナーになるモデルです。

スカイラインやビーナスラインのようなワインディングロードで走る喜びを存分に味わえる楽しい生活に憧れて、一度は所有してみたいクルマ達ですね。

速い車をランキング形式でまとめました!

ハイスペックな車種に関連するおすすめの記事

パワーウェイトレシオが低い車を買おう!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK