初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アストンマーティンの現行車種って?全モデル一覧でスペックと価格もご紹介!

イギリスで100年の歴史を持つ高級自動車ブランド、アストンマーティン。本記事では、アストンマーティンの現役モデル4車種を一挙にご紹介します!アストンマーティンに興味のある方は是非ご覧ください。

アストンマーティンとは?

アストン マーティン ロゴ 2010年撮

アストンマーティンは、イギリスで1913年に設立された自動車メーカーです。
正式社名はアストンマーティン・ラゴンダと言います。
一貫して品質を重視した車作りを手がけており、熟練した職人によって、叩き出し、塗装、内装、組み立てなど殆どの生産工程が行われています。

新車の製造販売の他に、過去に製造出荷された自社車両の修復事業にも力を注いでいます。
多くの旧型車両を購入した富裕層がこの修復事業を利用しています。
そのため、2014年時点では、歴代全出荷台数の内、実働車として現存している割合が9割という驚異的な数字になっています。

サーキットレースにて好成績を残した過去もあり、映画007シリーズでは、何度も主人公の車として登場しました。
設立して100年が経ちますが、今もなお根強いファンがいます。

それでは、イギリスの自動車ブランド、アストンマーチンの現役モデル車種の価格や燃費、スペックをご紹介いたします!

アストンマーティン・ラピードS

ラピードS

アストンマーチン・ラピードS

前行モデル ラピード

ラピードE

アストンマーチンラピードE

ラグジュアリーで洗練されたアストンマーチン・ラピードをスポーツカーとして極めたのがこのラピードSです。
パフォーマンスの向上にラピードのデザインでは不十分と判断したアストンマーチンは、デザインを白紙に戻す決心をしました。
5ドアが4ドアに、エンジンの位置が従来より19mm低い位置に配置されるなどといった大きな変更を経て、ラピードSの最高出力はラピードから18%向上しました。
また、アストンマーチン初のEVラインが開発されているのもラピードです。

■価格:24,450,000円

■諸元
全長:5,020mm
全幅:2,140mm
全高:1,360mm
車両重量: 1,990kg
乗車定員:4名

アストンマーティン・ヴァンキッシュ

アストンマーティン ヴァンキッシュ 2017年型
アストンマーティン ヴァンキッシュ 外装 2017年型
アストンマーティン ヴァンキッシュ 内装 2017年型

現行モデルの最上位に君臨するアストンマーチン ヴァンキッシュ。
アストンマーティン100年の歴史上の量産車の中で、最速の称号を手に入れた、まさに世界一級品のスポーツカーです。
アストンマーティン史上最強のエンジンを搭載しており、最高出力568bhp、最高速度323km/h、0-100km/h加速わずか3.8 秒で成し遂げます。
2000年に発売され、2007年に生産中止となりましたが、2012年に待望の復活を遂げました。
グレードは標準モデルのほかに、588PSを誇るハイパフォーマンスモデルのヴァンキッシュSと、アストンマーチン初のフルカーボンボディを持ち、クーペと同じだけのパフォーマンスをヴォランテにも持ち込むという大きな挑戦に成功したヴァンキッシュヴォランテがあります。
ほかにも2018年にはヴァンキッシュザガートが発売される見込みです。

■価格:35,680,000円

■諸元
全長:4,728mm
全幅:1,912mm
全高:1,294mm
車両重量:1,844kg
乗車定員:4名

アストンマーティン・V8ヴァンテージ

V8ヴァンテージ

アストン マーティン V8 ヴァンテージ 2014年型

V8ヴァンテージロードスター

アストンマーチン V8 ヴァンテージ ロードスター

サーキットのような走りを可能にするスポーツカー、V8ヴァンテージ。
アストンマーティンに引き継がれてきたレーススピリットを原点に作られました。
レースで培われたパフォーマンスを走行性能に反映し、アストンマーティンの職人によって極上のスタイリングが施されました。
現役モデルは、歴代の V8 Vantage の中でもドラマチックの頂点を極めていると言われています。
グレードは標準モデルのほか、スポーティさをより強めたV8ヴァンテージS、特別仕様車のN430があります。

■価格:15,710,000円

■諸元
全長:4,382mm
全幅:1,866mm
全高:1,255mm
車両重量:1,610 kg
乗車定員:2名

アストンマーティン・V12ヴァンテージS

アストンマーチン V12ヴァンテージS フロント
アストンマーチン V12ヴァンテージS 内装

アストンマーチンは前行モデルのV12ヴァンテージの時点でパフォーマンスに自信を持っていたのですが、そのV12ヴァンテージのクオリティをさらにアップしたのがV12ヴァンテージSです。
15kgの軽量化に加え、出力、トルクも10%程度の向上、さらにスポーツ特化のトランスミッションSportshift Ⅲがその潜在能力を引き出します。
無駄を省いたストイックな出で立ちも大きな魅力のひとつです。
グレードは現行モデルのほか、V12ヴァンテージS ロードスターモデルがあります。

■価格:23,470,000円

■諸元
全長:4,385mm
全幅:2,022mm
全高:1,250mm
車両重量:1,665 kg
乗車定員:2名

アストンマーティン・DB9

DB9

DB9 GT リア

DB9 ヴォランテ 内装

2003年に誕生した、クーペまたはオープンタイプ恒久自動車DB9。
内装には、革、木、金属などが使われており、竹をスライスして造られたウッドパネルをセンターコンソールに装着することもできます。
アストンマーティンの職人技によって高い品質が作り出されています。
標準グレードのDB9のほかに、6.0L V12エンジン(最高出力547PS)を搭載したスポーツグランドツアラーのDB9 GTと、外装にカーボンを使用したより先鋭的なカーボンエディション(クーペ、ヴォランテ)があります。

■価格:¥27,400,000

■諸元
全長:4,710mm
全幅:1,875mm
全高:1,270mm
車両重量: 1,710kg
乗車定員:4名

アストンマーティン・DB11

アストンマーチン DB11 外装

アストンマーティン・DB11はDB9の後継車として誕生しました。
大胆な外装とエレガントな内装も魅力でありながら、注目すべきは「DB史上最速かつ最強」と言われているエンジンで、その最高出力は608PS、最大トルクも700Nmというモンスターマシンで、前述のヴァンキッシュに負けないパワーを誇ります。
また、メルセデス・ベンツ AMGとの業務提携で初めて結果を出した車種でもあり、AMGエンジンを搭載した新たなグレードが追加されます。

■価格:23,800,000円

■諸元
全長:4,739mm
全幅:1,940mm
全高:1,279mm
車両重量:1,770kg
乗車定員:4名

後継車はDB10ではないのか

DB10

アストンマーチン DB10

アストンマーティン・DB9の後継車が10ではなく11なのには理由があります。
実際、DB10という車種は存在します。
しかし、DB10は007のボンドカー用に作られた劇中車、公道を走ることはできません。
このDB10がオークションに出品された際には、ドライブを楽しむことができないにも関わらず3億9千円で落札され、世間の話題をさらいました。

アストンマーティン・ヴァルキリー(未発売)

アストンマーチン ヴァルキリー

アストンマーティンがフェラーリを超えるレーシングモデルを目指し、レッドブルと共同開発を進めてきたのがこのヴァルキリーです。
アストンマーティンがポテンシャルの高いモデルに付けるというVを冠しており、その名の由来は北欧神話の戦女神です。
最高出力912PSという驚異的なパワーを持つV12エンジンを搭載しており、タイヤはミシュラン、電装品はボッシュなど各分野の名門メーカーのパーツを盛り込んでいます。
予想されている価格は4億円という震え上がるような高額ですが、それに見合うスーパーカーとなることでしょう。

レースで培われた技術と職人による高品質を誇るアストンマーチン

アストンマーティンの現行モデル一覧はいかがでしたか?

細部にまでこだわるアストンマーティンの職人技がとても魅力的ですよね。
設立してから100年以上の長い歴史で培われた技術は、アストンマーティンの強みです。

高性能でラグジュアリーな紛れもない高級車で、簡単に購入することはできませんが、いつか手に入れてみたいものですね。

関連するおすすめ記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社