初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ロールスロイスを所有する芸能人・有名人まとめ!【芸能人の愛車】

ロールスロイス ファントムドロップヘッドクーペを所有している芸能人・有名人

ロールスロイス ファントムドロップヘッドクーペ

2004年にジュネーヴで発表された、ロールスロイス ファントム・ドロップヘッド・クーペは、ロールスロイス創立100周年記念のコンセプトカー「100EX」の市販バージョンです。

ロールスロイスファントム・サルーンをベースにした世界最大級のコンバーチブルカーです。

【ファントム・ドロップヘッド・クーペのスペック】
エンジン:6.8L V型12気筒
最高出力:453bhp/5350rpm
最大トルク:73.4kg・m/3500rpm
トランスミッション:8速AT
乾燥重量:2,630kg
Co2排出量:347g/km
0-100km/h加速:5.6秒

デビット・ベッカム

デイヴィッド・ベッカム選手はイングランド出身の元サッカー選手(MF)です。
サッカー界の貴公子的な存在として愛され、モデルとしても活躍したイケメンアスリートの代表格でした。
1996年から2009年に渡ってイングランド代表に選出され。スターティングメンバーとして100試合目の出場を果たしました。
1999年にスパイス・ガールズのヴィクトリアさんと結婚、三男一女に恵まれています。

ロンドン中心部から車で1時間ほどの高級住宅地に、敷地面積の約97,000m²の「ベッキンガム宮殿」と呼ばれる邸宅を所有しています。

2015年のフォーブス(アメリカの経済誌)の発表では、2014年のベッカム選手の年収は約5080万ポンド(約91億円)、前年から1500万ポンド(約29億円)も増収しており、引退後にこれだけの巨額の富を得られているのは、マイケル・ジョーダン選手とベッカム選手だけであり、アスリートのトップであると言われています。

ロールスロイス以外に、BMW、ポルシェ、キャデラック、フェラーリなどの多数の愛車を所有しているそうです。

ロールスロイス ゴーストを所有している芸能人・有名人

ロールスロイス ゴーストは、2009年のサロン・アンテルナショナル・ド・ロトで、コンセプトモデルの「ロールス・ロイス・200EX」として公開されました。
ファントムを一回りほどダウンサイズしたモデルであり、日本でも2009年から発売されています。

2014年のマイナーチェンジにより、シリーズIIとなり、2013年からエンジン出力が引き上げられたクーペモデルのレイスも販売されています。

車名 Ghost Series Ⅱ SWB / Ghost Series Ⅱ EWB
乗車定員 5名
ホイールベース 【SWB】3,295 mm 【EWB】3,465 mm
エンジンタイプ 60°V型12気筒 / 48バルブ
最高出力 420kW(570PS(DIN)) @ 5,250 rpm
駆動形式 後輪駆動
全長/全幅/
全高 【SWB】5,400 mm / 1,950 mm / 1,550 mm
    【EWB】5,570 mm / 1,950 mm / 1,550 mm
最高速度 250 km/h
ハンドル 右 / 左
タイヤ 前:255/50 R19 103Y
後:255/50 R19 103Y
排気量 6,591cc
最大トルク 780Nm @ 1,500rpm
ミッション形式 電子制御8速AT
車両重量 【SWB】2,480kg 【EWB】2,580kg
0-100km/h 【SWB】4.9秒 【EWB】5.0秒
車両本体価格 (消費税込み) 【SWB】¥32,050,000 【EWB】¥37,950,000

出典:http://www.cornesmotor.com/

クリスティアーノ・ロナウド 

レアル・マドリード所属のクリスティアーノ・ロナウド選手は、世界最高のサッカー選手と評されるフォワードです。

母国のポルトガル代表チームでは主将を務め、同国代表チームの歴代最多得点記録の保持者です。
UEFA欧州選手権の通算最多得点記録も持っています。
3度のバロンドールを受賞など数々の栄誉を手にしています。

2014年のフォーブスの発表ではロナウド選手の年収は91億円を超えており、約60億円が所属クラブのレアル・マドリードから年俸、残りの約32億円がスポンサー収入と言われています。
同誌によると2015年の年収はさらに上回り、7960万ドル(約98億4000万円)、サッカー選手としてはトップ、アスリート全体でも3位になっています。

ロナウド選手が、かつて代理人だったホルヘ・メンデス氏への結婚祝いとしてギリシャのとある「島」(値段はおよそ4億円〜70億円)をプレゼントしたことが話題にとなりました。
リッチのスケールが違いますね!

ロールスロイス以外にも、ランボルギーニ アヴェンタドールなどを所有していることが知られています。

パリス・ヒルトン

世界的なホテルチェーン、ヒルトンホテルの創業者一族の令嬢であるパリス・ヒルトンさんは、モデル、デザイナー、女優、歌手、作家と多岐にわたって活動されています。

仕事よりも破天荒な私生活やトラブルで話題になることが多く、ゴシップ誌や新聞などを賑わせる「パーティ・ガール」「バッドガール」として知られています。
ラスベガスの地元紙「レビュージャーナル」の2006年版「ベストオブラスベガス」では「最悪なセレブ」に選ばれています。

車に関しては事故や酒気帯び運転などのトラブルが多く、飲酒運転では3年間の保護観察処分を命じられました。
その数ヵ月後には、免停中にも関わらず無灯火で走行して保護観察違反に問われ、ロサンゼルス郊外の刑務所で45日間の禁固刑を受けました。

この方は、運転手付きの車に乗るのが無難だと思います。

ロールスロイス(車種不明)

北島三郎


北島三郎さんは「函館の女」「兄弟仁義」など、数多くのヒット曲を持つ、演歌の大御所です。
長期間の座長公演からは引退されましたが、俳優、作詞家、作曲家としても活躍されています。
多くの競走馬を所有する馬主としても知られています。

過去には、フォード・ファルコン、ムスタング、キャデラックなど、外車を中心に乗用車を購入された、大の車好きだそうです。
一番のお気に入りはクレネのカスタムカーで、旅行先のラスベガスで見かけて惚れこみ、日本に輸入されたものを購入されたそうです。

ロールスロイスの品格にひかないオーナーたち

アラブの王族もロールスロイスを特注

ロールスロイスを所有している芸能人、有名人のまとめ、いかがでしたか?
ちなみに、この画像はアラブの王族が別注で作らせた「ロールスロイス ゴーストレッドダイヤモンド」です。

単にリッチだというだけでなく、名前を連ねている方のほとんどが、相応のステータスや強い自負心を感じさせる方々でした。

ロールスロイスは、その品格に向き合える自分を持たない人間には似つかわしくない、特別な車のひとつだということを感じられますね!

合わせて読みたいおすすめ記事!