初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型スープラは10月東京モーターショーで発表?性能や価格・発売日まで予想

トヨタがかつて販売していたスポーツカー「スープラ」が、2018年に復活するようです。「スープラ」の商標再登録も進んでおり、復活の信憑性を高めています。この記事では、復活されると噂される新型スープラについての情報をまとめています。

往年の名車 トヨタ・スープラが復活?

生産開始は2018年か?

トヨタ スープラ 初代

トヨタが欧州において「スープラ」の名称を再び商標登録したことが明らかになりました。
2014年には米国でも「スープラ」の商標を再登録しているので、これによりスープラ復活の可能性がより高まったと言えます。
また、スープラの名称は2018年に生産開始が予定されているBMWと共同開発のスポーツカーに与えられると考えられています。

新型スープラの兄弟車「BMW Z5」について詳しくはこちら

トヨタ・スープラってどんな車?

A80型 4代目スープラ 1993-2002

スープラは、トヨタが2002年まで販売していたスポーツカーです。
初代モデルは1978年に発売されましたが、この時の国内名称は「セリカXX」であり、スープラという名称は海外仕様でしか使われていませんでした。
国内でスープラという名称に変更されたのは1986年に発売された3代目からで、国内で初代スープラといえば、3代目モデルのことを指します。
1993年には4代目(国内では2代目)にモデルチェンジし、その人気は最高潮に達します。
4代目スープラの高いボディ剛性や280馬力の強力なエンジンは、チューニングベースとしても最適で、各社から多くのアフターパーツが発売されました。
そのため、2002年に販売が終了されてからも、海外を中心にカスタムが楽しまれています。

発売当時新車価格:284~474万円

トヨタ新型スープラの発売日は2018年か

トヨタ FT-1 コンセプト

トヨタ FT-1 コンセプト 外観

トヨタ FT-1 コンセプト

トヨタ FT-1 コンセプト 外観

新型スープラと新型BMW Z4(発売時にはZ5に名称を変更するという噂もありました)の発売日は2018年になると予想されます。

生産に関する予定に関する公式発表はありませんが、新型スープラと新型BMW Z4が同じ工場で生産される可能性があり、生産地は欧州またはアメリカが適していると言われています。
また、トヨタとBMWのモデルとしての住み分けは、トヨタスープラがクーペモデルのみ、BMW Z4がオープンタイプのみになるようです。

新型車に関する記事はこちら

トヨタ新型スープラの外装(エクステリア)デザイン

新型スープラ予想画像

トヨタ 新型 スープラ 外観 予想

新型スープラはBMWとの共同開発になるため、デザインについても同じくBMWとの共同開発である「FT-1 コンセプト」が元になるとみられています。
新型スープラは、トヨタ86の兄貴分という立ち位置にもなるため、86より大きくより高級感・重厚感のあるデザインになると思われます。
また、「新型C-HR」「新型プリウスPHV」はかなり「攻めた」デザインで投入されました。
今回の新型スープラもその流れに乗り、これまでのトヨタ車にはないようなデザインで発表されるかもしれません。

【最新情報】トヨタ新型スープラのヘッドライト・テールライトデザインが明らかに!

新型 スープラ スクープ
新型 スープラ スクープ
新型 スープラ スクープ

トヨタ新型スープラの最新スクープ画像を入手しました。
全体的なカモフラージュは重くデザインの詳細は分かりませんが、今回のスクープで初めてヘッドライト・テールライトデザインが明らかになりました。

スクープ画像から、ヘッドライトには3連ヘッドライトが採用され、デイタイムランニングライトとして機能するLEDのストリップライトが装着されていることが分かります。また、テールライトにはスリムなLEDテールライトが採用されていることが分かります。

開発はかなり最終段階まで進んでいると思われます。

トヨタ新型スープラ ニュルブルクリンクテスト動画が流出!

新型スープラのテスト車両がドイツのニュルブルクリンクを走行する様子をとらえた動画も、Youtubeで公開されています。
新型スープラのデザインはカモフラージュが前面に施されていて確認することができませんが、エンジン音や走行の様子などはある程度認識することができます。
動画に映されている新型スープラは挙動の乱れもなく、安定した走行をしています。
爽快なエンジン音を鳴らしながら走行する様子は、新型スープラの登場を待つ人々をさらにワクワクさせます。

トヨタ新型スープラのスクープ画像

トヨタ スープラ スクープ 外装
トヨタ スープラ スクープ 外装
トヨタ スープラ スクープ 外装
トヨタ スープラ スクープ 外装

トヨタの新型スープラの最新画像がリークされました。
画像の新型スープラは恐らくプロトタイプのものと思われます。
テスト走行中にドイツのガソリンスタンドで給油している時に発見されました。

リークされた新型スープラはカモフラージュが施されているので、詳細なデザインは残念ながらわかりません。

米国ミシガン州でもテスト車両のスクープ!

トヨタ 新型スープラと思われるテスト車両

2016年8月には、トヨタ新型スープラと思われる開発車両がアメリカのミシガン州で目撃されました。
画像は後方からのアングルのみで全貌を捉えることはできませんでしたが、自動車専門誌「Automobile Magazine」によれば、「トヨタ 86より大きく、レクサス LCより小さなボディサイズ」であったそうです。
また、フロントグリル形状はレクサスの象徴「スピンドルグリル」ではなかったことから、レクサスモデルではなく、トヨタモデルであったと予想されます。
画像から、マフラー形状は左右2本出しのように見えます。
またボディのシルエットはFT-1コンセプトよりも直線的で、リアウイングはかなり小さくなっています。前回スクープされたZ4のテスト車両と比較すると、2台のエクステリアデザインは大きく異ると予想されます。

公道走行中のスパイショット&スパイ動画が流出!

トヨタ 新型 スープラ

2016年9月、新型スープラのさらなるスパイショットとスパイ動画が流出しました。
公道を走行中に撮影されたもので、いよいよ発売が間近に迫っていることを感じさせられました。
ただ、まだまだカモフラージュの範囲も広く、デザインの詳細を確認することはできません。
しかし不自然に盛り上がるフロントノーズからコンセプトモデルであった「Toyota FT-1 Concept」の面影を感じることのできる外観となっていることは確かなようです。
また、クーペスタイルのボディは同社の人気スポーツカー「86」に近いものがあり、上位モデルであることがより印象付けられます。

トヨタ新型スープラのパワートレイン

【最新情報】新型スープラMTモデル・ハイブリッドモデルも追加か

今まで新型スープラはATのみでMTの設定はないと噂されていましたが、新たにMTがオプションで設定される可能性が高いとの情報が入ってきました。
その場合のオプションが有料になるのかは明らかになっていません。

また新型スープラにはバッテリー搭載スペースの都合上、ハイブリッドの導入は見送られるだろうと噂されていましたが、ラインアップに加わる可能性のあるとのことです。
ハイブリッドモデルが追加される場合のスペックは以下になると予想されいます。

■トヨタ
直噴2.5L 4気筒ターボエンジン+ハイブリッド 最高出力400p

【最新情報】新型スープラにハイエンドモデル追加か

新型スープラのパワートレインに関してはさまざまな予想がされていますが、今回新たにハイエンドモデルに3LのV6ツインターボエンジンが搭載されるとの情報が入ってきました。
400ps以上の最高出力を発揮するだろうと予想されています。

新型スープラにはBMW製エンジンが搭載?

新型スープラのパワートレインには、主にBMW製のエンジンが搭載されると予想されます。

■BMW
2.0L 4気筒ターボエンジン 最高出力190hp/245hp/270hpの3種類
3.0L 6気筒ターボエンジン 最高出力425hp

新型スープラにはレクサス製エンジンが搭載?

海外メディアの報道によれば、新型スープラのエンジンには、新型レクサス LSに搭載予定の3.0L V型6気筒エンジンが採用され、最高出力は約340psを発生すると可能性もあるとのことです。
またエントリーグレードには2.0L 直列4気筒ターボエンジンが用意される可能性があると報じています。

こちらには200psと255psの2種が用意されるとも報じています。

トヨタ・TS050 HYBRIDのハイブリッド技術を利用?

欧州トヨタCEOによれば、新型スープラにはハイブリッドシステムが搭載され、それはトヨタがFIA 世界耐久戦用に開発したTS050の技術を反映して製造される可能性があるようです。
しかしながら現時点では可能性の話に留まり、確実性のある案ではないようです。

TS050には、過去にル・マン24時間耐久レースでレース終盤までトップを走るも、ファイナルラップに突入するホームストレートでポルシェに抜かれて優勝を逃したという悲劇的な逸話があります。
しかし、トヨタのハイブリッドシステムが高性能であることを示した素晴らしい成績であることは間違いありません。
新型スープラのハイブリッドモデルの登場の可能性は低いですが、この技術が反映されたモデルがあれば高い走行性能を誇ることは間違いないでしょう。

エレクトリックスーパーチャージャーが採用?

トヨタがエレクトリックスーパーチャージャーの特許を出願し開発していることが判明しました。
トヨタの新型スープラにエレクトリックスーパーチャージャーが採用されるかもしれません。

エレクトリックスーパーチャージャーとは、既存のスーパーチャージャーを電力で補助して速度をブーストする新技術です。
トヨタは未だに公式発表を行っていませんが、このエレクトリックスーパーチャージャーはスープラ以外にもレクサスLCにも採用される可能性があります。

新型レクサスLCに関連する最新おすすめ記事はこちら

スクープから読み取れるパワートレインは?

ダッシュボード上の紙には「S20i」、「145kW/320Nm」そして「1400」と書かれています。
恐らくS20iとはグレードを表し、145kW/320Nmはそれぞれ最大出力と最大トルクを指しているようです。
最後の数字は1400に当たるのではないでしょうか。
これはあくまでBMWの新型2ドアオープンスポーツのスクープ画像ですが、スープラも似たスペックになるのではないでしょうか。

トヨタ新型スープラはのパワートレインはBMWのガソリンエンジンになると思われます。

トヨタ新型スープラの新車価格

自動車 金額 価格 円

気になる新型スープラの価格ですが、400万円台前半からになるという予想があります。
しかし、現行モデルのBMW Z4の価格が500万円台からとなっており、実際の価格は450万円以上からになると予想します。
また新型Z4の上級グレードは700万円以上で販売されるでしょう。

トヨタ新型スープラは東京モーターショー2017で公開が濃厚!

モーターショー 会場

©shutterstock.com/ Alexander Chaikin

2017年10月には、東京モーターショーが開催されます。
新型スープラの開発状況を考えると、早ければ2017年10月開催の東京モーターショー、遅くても来年1月のデトロイトモーターショーで発表されるでしょう。
日本で公開されるとなればぜひ見に行きたいですね。

日本で新型スープラが目撃される!


関東で新型スープラ、もしくはBMW 新型Z4らしきテスト車両が目撃されています。

こちらのスクープは千葉県とのことですが、芝公園付近でも目撃されており、そちらはBMW 新型Z4より新型スープラらしい丸みを帯びたデザインが確認できます。

この時期に日本でのテスト走行が行われるということは、東京モーターショー2017での発表に期待できるかもしれません。

東京モーターショーの最新情報はこちら

トヨタ新型スープラに早くもライバル車が登場?

新型ZSX

ホンダ ZSX レンダリングCG

日本の誇るスーパーカーNSXの復活が噂されていますが、ホンダは新たに「ZSX」という商標を登録したようです。
ベイビーNSXとして噂されていますが、予想されるスペックや価格から新型スープラのライバル筆頭と目されています。
ZSXについては以下のリンクで詳しくご紹介していますので、気になった方はぜひご確認ください。

新型スープラのスクープカタログがリーク?



モーターマガジンのホリデーオートに新型スープラ・スクープカタログが別冊付録になっていたそうです。
このスクープカタログはホリデーオートが完全に独自で作ったもので、本物のスクープカタログだと勘違いする海外メディアが続出しました。
海外メディアが先走ってしまうほど新型スープラには期待がされているようです。

トヨタ新型スープラの取扱店は「GAZOO」になる?

GAZOO(ガズー)とは?

トヨタ Gazoo レース ロゴ

2016年10月の最新情報によれば、新型スープラの販売はGAZOOが取り扱う可能性があるとのことです。以前86が発売された際には86専売用に「エリア86」を設置しましたが、新型スープラの発売においても同様の試みがなされるようです。
GAZOO(ガズー)とは、トヨタメディアサービスが運営するポータルサイトです。
スポンサーとして、トヨタのモータースポーツ事業にも積極的に取り組んでいます。
これから、メルセデスとってのAMG、BMWにとってのMといったように、トヨタ専用のスポーツブランドとして確立することを目的としているようです。
新型スープラのみならず、トヨタが新開発を行うS-FRもGAZOOが取扱いになる可能性があるようです。

トヨタ新型スープラはBMWとの共同開発

新型スープラといわれたトヨタ「FT-1 コンセプト」

新型スープラといわれたトヨタ「FT-1 コンセプト」

トヨタ FT-1 コンセプト 外観

トヨタが2014年のデトロイトモーターショーで発表したコンセプトカー「FT-1」が、新型スープラになるのではないかと考えられています。
「FT-1」はBMWとの共同開発で、BMW側は新型「Z4」(「Z5」に変更予定だった)として開発を進めていました。

「FT-1」A80スープラ新型スープラ(予想)
全長4,5004,5204,380
全幅1,8301,8101,850
全高1,3501,2751,275
ホイールベース2,5002,550-
車両重量1,4501,5101,350~1,450
乗車定員-4-
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

BMW・新型Z4のスパイ動画も流出!

こちらの動画は、FT-1と共同開発されたというBMWの新型Z4を捉えたスパイショットです。
外観の印象は大きく異なりますが、エンジンなどの車の根幹部分をFT-1と共有しています。
共同開発というからには、当然トヨタとBMWでそれぞれ担当する部分があり、トヨタ側はデザインや足周りを担当し、BMW側はプラットフォームやシャシー、車両の生産を担当するようです。

BMWとプラットフォームを共有するメリットとして、その汎用性が挙げられます。
BMWはラインナップの特性上、一つのプラットフォーム、ボディに様々な大きさのエンジンを搭載します。
新型スープラにBMW製のプラットフォームを採用することで、スープラに搭載できるパワーユニットの幅が広がります。

新型Z4(予想)現行Z4
全長4,3804,250
全幅1,8601,790
全高1,3001,290
ホイールベース-2,495
車両重量-1,500
乗車定員-2
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ドイツで新型スープラのテスト走行が目撃される

BMW 新型 Z4 スクープ画像
BMW 新型 Z4 スクープ画像
BMW 新型 Z4 スクープ画像

2016年にトヨタとBMWが共同開発をしている新型スポーツカーがドイツの市街地でテスト走行をする様子が捉えられました。今回のテスト車両はBMW Z4の後継にあたる新型Z4のようです。
画像を見る限り、現行Z4よりも長いフロントノーズで、よりスポーツカーらしいシルエットになっています。
画像の車両はソフトトップを採用していますが、トヨタから発売される場合も同様にソフトトップが用意されるのかは未発表です。

BMW Z4の生産が終了!新型の生産準備中!

2016年、BMW Z4のレーゲンス上場での生産が終了しました。
現行型であるBMW Z4は2009年にデビュー。先代モデルよりシャークノーズのデザインが優れており、格納式ハードトップを装備しています。エンジンも直列6気筒エンジンを採用していました。
Z4の生産が終了していましたが、後継車種であるZ5の生産がが準備されていると言われています。

BMW 新型Z4コンセプトモデルが2017年8月に公開

BMW Z4 コンセプト

新型トヨタ スープラの兄弟車であるBMW 新型Z4のコンセプトモデルが2017年8月、ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて発表されました。
人目を引くようなダイナミックさと先進性を持つ新型Z4コンセプトモデルのデザインは、今後発売される製品版だけではなく、新型スープラのデザインにも影響を及ぼすことが考えられます。
一体どのような部分がスープラに影響してくるのでしょうか。
楽しみですね!

トヨタ新型スープラとBMW Z5の関係性はどうなる?

一説では、BMWがZ5にハイブリッドシステムを搭載し販売するのは、米国カリフォルニア州におけるZEV規制をクリアするためだと言われています。
2018年から、同地での販売において、排気ガスゼロのZEV(EVやFCV)と、プラグインハイブリッド車が全体販売台数の4.5%に達しなければなりません。
この基準をクリアするためにBMWはZ5をハイブリッド車として販売するのではないかと言われています。

BMWはガソリンエンジンのみで新型スープラはハイブリッドシステムを採用するとも言われていましたが、このような事実から両車のパワートレインが発売時にどうなるのかは確定していません。

トヨタ新型スープラに期待!

トヨタ FT-1 コンセプト 外観

前述したように新型スープラのワールドプレミアは、Z4と同時の2017年の10月の東京モーターショーという説が濃厚になっています。
これまで幾度となく復活が噂されてきたスープラですが、数々のスパイショットが出回っており今回の噂については真実の可能性がかなり高いです。

かつてスープラに乗っていた人も、スープラに乗ったことは無いけど憧れているという人も、きっと満足できる車になって復活するはずです。
2018年以降とされる発売日が、今から待ちきれませんね!
MOBYでは今後も新型スープラの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

愛車の現在の買取査定額を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

スポーツカーの最新情報に関してはこちら

おすすめの中古車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す