MOBY

効果絶大?パワステオイルの交換・補充方法や時期、費用から漏れの原因まで

ハンドル操作において重要な役割を担っているパワーステアリング。パワステオイルとは、パワーステアリングに必要なオイルのことをいいます。本記事では、パワステオイルの意味や交換・補充方法や時期、費用から漏れの原因をご紹介します。運転をする方はぜひ一読ください。

パワステオイルってなに?

https://www.amazon.co.jp/dp/B00AE0H78E/ref=cm_sw_r_tw_dp_vaNwxbA2RD2W6

出典:https://www.amazon.co.jp/

パワステとは、ハンドル操作をする上で欠かせないパーツです。正式名称はパワーステアリングといいます。
ハンドルを操作した時にパワステが補助してくれることによって、軽い力で操作できるようになっています。

また、キックバック現象を軽減する役割もあります。
キックバック現象とは、タイヤが何らかの衝撃を受けた際に、運転手にも衝撃が及ぶことをいいます。

近年では、ほとんどの車に搭載されています。
搭載されていない車を、「重ステ」・「ノンパワ」・「ニュアルステアリング」と呼びます。

パワステには、電動式と油圧式の2種類があります。
電動式は、モーターなど電気の力によってハンドル操作を補助します。
油圧式は、オイルの力によってハンドル操作を補助します。

この油圧式で使用するオイルのことを、パワステオイルといいます。
別名パワーステアリングフルードと呼ばれます。

パワステオイルは使用していく内に劣化してしまいます。
劣化すると、オイル漏れなどのトラブルにつながる恐れがあります。
トラブルを避けるために、パワステオイルの交換時期などを知っておきましょう!

パワステオイルの交換時期

パワステオイルの交換時期の目安は、走行距離5万kmから10万kmの間といわれています。
頻繁に左右折をする場合は、目安より早めにメンテナンスした方が良いでしょう。

また、下記のいずれかの症状が現れた時はメンテナンスしてください。
・パワステオイルに汚れが目立つ
・ハンドル操作時に異音がしたり、引っかかりなどの違和感を感じる

パワステオイルの色は本来赤色ですが、劣化すると真っ黒になります。
汚れ具合をチェックしてみてください。

パワステオイルの交換・補充方法

車 メンテナンス

パワステオイルの交換方法は「全量交換」と「新しいパワステオイルを入れて汚れを薄めていく方法」の2通りがあります。
全量交換はオーバーフローやポンプの焼きつきなどのリスクがあるため、本記事では後者の方法をご紹介します。

1.道具を揃えましょう

パワステオイルの交換をする際に必要な道具が5点あります。

■廃油を入れるための容器
■サクションガン(オイルポンプ)
■計量カップ(ペットボトル)
■新しいパワステオイル
■車体を持ち上げるジャッキ

使いやすくリーズナブルなもので十分です。
ジャッキで車体を持ち上げておくと、作業途中にハンドル操作をしやすくできます。
パワステが機能していない時のハンドルは重く操作しにくいため、おすすめです。

2.パワステオイルのキャップを外しましょう

ジャッキで車体を上げてから、パワステオイルのキャップを外しましょう。

3.オイルを抜きましょう

エンジンをかけて、オイルを抜いていきます。
パワステオイルのタンクの近くに、ゲージがあるかと思います。
ゲージのLOWを下回らない程度まで、オイルを抜き取ります。
抜き取ったオイルの量は計測しておきます。

4.新しいオイルを注入しましょう

抜いたオイルと同量のオイルをゲージのMAXまで注入します。

5.オイルを循環させましょう

ハンドルをゆっくり左右に数回切ります。
目一杯切ってください。

こうすると、タンクのオイルが循環されます。

6.オイルキャップをしめましょう

最後にオイルキャップをしめ、車体をおろせば作業完了です!
お疲れ様でした。

パワステオイルの交換費用

自動車の税金 お金・お札 イラスト

パワステオイルの交換工賃は、一般的に5,000円ほどが相場です。
パワステオイル本体の価格は、安いもので1,000円未満、高いもので5,000円ほどします。

パワステオイルの漏れの原因

エンジントラブル 故障 オーバーヒート

出典 :©shutterstock / Ersler Dmitry

パワステオイルには圧力が掛かっているため、パワステ付近のパーツには負担がかかっています。
そのため、漏れてしまう可能性が高いのです。

漏れてしまう原因は、ホースの損傷、繋ぎ目からの漏れ、ポンプ本体からの漏れ、オイルシール不良による漏れなど、様々なことが挙げられます。

パワステオイルを交換してスムーズなハンドル操作を!

パワステオイルの意味や交換・補充方法や時期、費用から漏れの原因をご紹介しました。

最近では、電動パワステが主流になりつつあるため、パワステオイルの交換は不要である傾向にあります。
ですが、油圧式パワステの車はパワステオイルのメンテナンスが必要です。
メンテナンスは素人でも手軽にできるので、ぜひご検討してくださいね。

楽しいカーライフを送ってください!

エンジン・点検おすすめの関連記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す