初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

中古車・新古車とは?その違いやお得な探し方と値引方法を紹介!

ナンバー登録をされていない車を「新車」と故障するのであれば、何らかの理由でナンバー登録だけされた後に手放され、所有者のいない孤独な未使用車、すなわち「新古車」。近年よく耳にするこの「新古車」とは一体どういう車を指すのか?特徴から探し方、購入の仕方などくわしくまとめてみました!

新古車ってなあに?

新品に近い、未使用の中古車

中古車市場でよく耳にする「新古車」。
ナンバー登録をしただけで何らかの理由でオーナーから手放された車で、販売表示では「未使用車」と表記されています。

自動車以外でも、例えば電子機器や家電製品または玩具などで未使用で保管している間に新製品などの発表により、生産が終了したものが「新古品」として中古市場に出回る事があるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

走行中の白い車

十分に使用されてから市場に出回る「中古品」と比べ「新古品」は新品同様なので、中古車市場でも人気があります。

しかし新古車の中には
『少し使用したけど大人の事情で新古車として扱われてるもの』と
『一度も誰も乗っていない未使用車』の
大きく分けて2パターンが存在し、気を付けないと「新車の方がよかった」「中古車で十分だった」と後悔しかねません。

それ以前に、まずは新古車が「新車」及び「中古車」と比べ本当にお得なのかチェックしてみましょう。

新古車は本当にお得?新古車を選ぶメリット&デメリット

単純な話、新古車はひらたく言えば
「新品同様で新車より安く購入可能な状態の車」
を指します。

それだけだと誰がどう考えても
「新古品を選んだほうが良い。新車を買う意味がない」
と思いますよね。

実際、メリットはたくさんあります。

新古車を選ぶメリット

1)中古価格で新品同様の状態で購入出来、車種によっては車両本体価格が新車と比べ大幅に値下がりする。
2)自動車重量税が免除に。
3)その年の4月1日以降に購入すると購入年度の自動車税が免除に。
4)扱い自体は中古車の為、納期が早い。
5)自動車取得税が減価償却分減額される。
6)販売店で点検を受け、メーカー保証が継承されている場合がある。
7)車検が長期間残っている場合がある。
8)ナンバー登録料が掛からない

主なメリットを箇条書きしてみましたが、なかでも最大のメリットは各種自動車税が掛からない事です。

車両本体が安く購入できる上に余計な税金が掛からないので、人気の理由も頷けます。

新古車 中古車 イメージ

新古車を選ぶデメリット

メリットしかないように思う新古車ですが、デメリットも勿論あります。

1)あくまで扱いは中古車な為、在庫からの選択を余儀なくされる。
2)グレードやオプションなどは特になし。
3)欲しい車種に限って無い場合が多い。
4)使用されてなくとも、目立つ個所に傷があったりする。
5)実質2人目のオーナーとして登録される。
6)登録から時間がたっている場合がある。
7)どういう訳だかカラーはシルバー系や白系が多い。

一言でいえば、新古車として自動車を購入する場合、それなりの「妥協」が必要となります。

中古車

出典 :©Shutterstock.com/Pincasso

新古車・未使用車の最大の魅力は、新品同様の車が新車より安く購入できて余計な税金が掛からないこと。

したがって車に対し、確固たる理想やこだわりを持っている人は新車を購入した方が無難です。

しかし逆にデメリットさえクリアできれば、余計な税金が掛かりすぎる新車や、故障や不具合が出やすい中古車と比べたら断然お得であるといえるでしょう。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す