初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型メルセデスベンツSLクラスにフルモデルチェンジか!発売日と価格やスペックと最新画像をお届け!

2016年6月にメルセデスベンツSL(R231型)をマイナーチェンジされた記憶が新しいですが、モデルチェンジし次期型となるメルセデスベンツSLクラスの予想レンダリングCG画像を入手しました!新型SLはどのような進化を遂げるのでしょうか。メルセデスベンツSLクラス新型の価格、発売日とスペックを予想!

次期新型メルセデスベンツSL 予想レンダリングCG!

メルセデスベンツ 新型SL レンダリングCG 2017-04-23

メルセデスベンツのフラッグシップ2ドア オープンカー「SL」がモデルチェンジするようです。
その新型メルセデスベンツSLの予想レンダリング画像をご覧ください!現在のメルセデスベンツは、SUVやセダン、2ドアクーペなどのスポーツモデルまですべて共通性のあるデザインのヘッドライトが採用されていますが、次期新型メルセデスベンツSLクラスでは、吊り目の精悍な目つきに変わるようです。

新型メルセデスベンツSLクラスのスペック予想

パワートレインがどうなるのか情報や噂はありませんが、ボディは今までの歴代のSLクラスで採用されていた2シーターから、2+2シートの4人乗りオープンスポーツとなると予想されます。
プラットフォームについては、メルセデスベンツのスポーツモデル「MSA」(モジュラー・スポーツ・アーキテクチャー)が採用され従来のSLより大幅な軽量化と低燃費化がされる可能性が出てきています。

新型メルセデスベンツSLクラスの車両価格

メルセデスベンツSLクラスがモデルチェンジされても現行の1,200万円〜1,650万円の車両価格のレンジは継続されるのではないかと予想されます。

新型メルセデスベンツSLクラスのモデルチェンジ時期と発売日

予測としては早くて2018年秋頃にワールドプレミア、モデルチェンジ・発売は2019年上半期となります。もしかすると2017年秋の東京モーターショーで新型メルセデスベンツSLクラスが見れるかも知れません。今後の情報に期待しましょう。

2016年6月 メルセデスベンツ新型SL(R231)マイナーチェンジ

メルセデス ベンツ SL 400 2016年型

メルセデス・ベンツ日本は6月2日、マイナーチェンジされた新型SLの販売を開始しました。SLシリーズの伝統を引き継ぎながら、上質で俊敏な走りを追求したことで、より進化した「新型SL」。新型SLは今回のモデルチェンジで外装・内装含め多くの点で進化しました。

メルセデスベンツ「SL」とは?

車で初めて直噴エンジンを搭載した初代SL

メルセデス・ベンツのSLは、最高峰2シーターオープンスポーツカーです。
「SL」の名前の由来は、軽量スポーツカーを意味するドイツ語「Sport Leicht (シュポルト・ライヒト)」の頭文字からきています。
SLは1954年に発売され、メルセデス・ベンツが販売する車種の中で最も長い歴史をもっています。初代SLは、直噴エンジンを自動車で初めて搭載し、現在でもなお名車と評価されています。独ダイムラー社でエクステリアデザイン シニアマネージャーを務めるアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥヴナー氏は、新型SLについて「発展し続ける伝統」と述べています。強大な伝統を踏襲することで、高い性能のSLを実現しているのです。また、SLは名前の通り軽量でありながらも、高い剛性と最高のレベルの安全性を兼ね備えています。
SLの上質で俊敏な走りは、強大な歴史と高い技術によって作り出されているのです。

現行型メルセデスベンツSLクラス(R231型)のエンジン

現行型メルセデスベンツSLクラス(R231型)の精錬された外装

メルセデス ベンツ SL 65 2016年型
メルセデス ベンツ SL 65 外装 2016年型

高品質のインテリア

メルセデス ベンツ SL 65 2012年型

追加された3LV型6気筒直噴ツインターボエンジン搭載モデル

新型SLは、軽量で高い剛性のフルアルミニウムボディシェルを採用し、トップレベルの動力性能と環境性能を持ち合わせています。
ダイナミックな加速や、正確で俊敏なハンドリング特性、燃費性能の向上が実現されました。

トランスミッションは、電子制御9速オートマチックトランスミッション『9G-TRONIC』を採用。
アクティブ・ボディ・コントロールサスペンションに、2輪車のようにコーナーで車体を内側に傾けるダイナミックカーブ機能を新たに搭載しました。

新たに3リットルV型6気筒直噴ツインターボエンジン搭載モデルを追加し、下記4車種のラインアップとなっています。

■SL 400(3.0lV型6気筒直噴ツインターボエンジン)
■SL 500(4.7lV型8気筒直ツインターボエンジン)
■AMG SL 63(5.5lV型8気筒直噴ツインターボエンジン)
■AMG SL 65(6.0lV型12気筒ツインターボエンジン)

安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」

SLに搭載されている最新の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」。
別名「インテリジェントドライブ」。
レーダーセーフティパッケージとは、安全性と快適性を高次元で融合させたものです。
ドライバーの疲れを最小限に抑える快適性が安全なドライブに貢献するという思想に基づいています。

自転車や歩行者などをキッチリ見分けられる高性能のセンサーをフル活用し、クルマの周囲360°をカバーします。
それによって、状況を判断し、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストしてくれる仕組みになっています。

進化したバリオルーフシステム

ルーフの開閉を開始できるのは停車時のみですが、ルーフの開閉を走行速度が約40km/hまで継続して行うことが可能になりました。

さらに、ルーフを開ける際にトランク内のカバーが自動で動くようになり、いつでもワンアクションでバリオルーフを開閉できるようになりました。

現行型メルセデスベンツSLクラス(R231型)の車両価格

価格は、1,265万円〜3,383万円となっており、ベンツの車種の中でも高価格帯です。
詳細は以下のようになっています。

■SL 400(3.0lV型6気筒直噴ツインターボエンジン)
1,265万円

■SL 500(4.7lV型8気筒直ツインターボエンジン)
1,698万円

■AMG SL 63(5.5lV型8気筒直噴ツインターボエンジン)
2,277万円

■AMG SL 65(6.0lV型12気筒ツインターボエンジン)
3,383万円

新型メルセデスベンツSLクラスはどう進化する?

メルセデス ベンツ SL 550 2016年型

新型メルセデス・ベンツSLクラスのモデルチェンジ最新情報はいかがでしたでしょうか。
スタイリッシュに磨きが掛かった外装・内装に、高い走行性能や安全性能を兼ね備えたメルセデスベンツSLクラスは今後どう進化していくのか注目されます。
続報をお楽しみに!

同時に発売されたベンツSクラス・SLCクラスはこちら!

その他関連記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK