S2000の年間維持費まとめ!車検費用・税金・修理費・保証、ガソリン代など

ホンダの2シーター・オープン、S2000 の1年間の維持費総合計を試算しました!自動車税、自動車重量税などの税金とクリーン税制特例税率による維持費変動はいくらになるのか、 車検費用、修理費はどうなるのか?中古車で買うときの保証についての注意点、燃料費まですべてまとめています!

ホンダ S2000とはどんな車?

ホンダS2000の画像

ホンダS2000の画像

出典:http://www.honda.co.jp/

ホンダ S2000 は1998年に、ホンダ設立50周年を記念して設計、発売された2ドア2シーターのオープン・ピュアスポーツ車です。
ホンダでは約30年ぶりとなるFR車として高い注目を集めました。
2005年11月にマイナーチェンジし、AP2型 となり、(初期型はAP1型)2009年8月に販売が終了しました。
デビューの1998年から2009年の販売終了まで、日本国内では約21,000台の販売台数となっています。

前期型のエンジンは、直4 2.0L でホンダお家芸のVTEC(可変バルブシステム)で250psを出し、最高回転は9,000rpmという市販車では類まれなスペックとなっています。
マイナーチェンジ後の後期型のエンジンは、前期型のネックだった低回転域でのトルク不足などを改良し、2.2Lへ排気量をアップしました。

S2000 はエンジンを縦置きし前後輪の重量バランスを50:50にしたミッドシップFRに6速MTが組み合わされ、高い運動性能が発揮されています。

ホンダ S2000 の新車価格

338万~339万円

ホンダ S2000 の中古車価格

S2000の中古車市場は変わった傾向があります。
最多販売価格帯が300万円以上と130万円以下の2パターンとなっています。
中古車平均価格は220万円前後となるのですが、この価格帯の台数が非常に少ない状況です。
在庫数が多い程度の良い車は高価格となっているだけでなく、新車で購入し未登録のまま保管していたコレクターやプレミアを狙った投資目的のオーナーがいた背景があります。
安い価格帯のS2000は、事故歴や改造歴があるものが多いと推測されます。

※2016年6月時点での情報を元にしています。S2000 は相場価格の変動が比較的大きいので注意してください。

「中古車相場」のボタンを押すと、わかりやすい価格分布表が出てきています。

※S2000 は中古車相場価格の変動が大きくなっています。価格は参考としてご覧下さい。

ホンダ S2000 の自動車税 ※重課税に注意

ホンダ S2000 AP1型(前期型)

ホンダ S2000 AP1型

出典:http://img.favcars.com/

S2000は前期型と後期型で排気量が異なり、自動車税の排気量区分に相違が発生します。
また、「グリーン化税制による特例税率」によって初年度登録から13年以上が経っていると、税法上、15%の重課税が課され税金が割り増しとなります。
また、S2000はエコカー減税対象車ではないので、税金の減額はありません。

初年度登録からの経過年数13年未満13年以上(重課税)
2.0L AP1型(1998-2005年)39,50045,400
2.2L AP2型(2005-2009年)45,00051,700 

平成28年度の自動車税は、車検証の初年度登録「平成15年3月」までの車が重課税対象となります。(2016年6月時点では、AP2型のS2000は重課税対象外となります)

次のページ