MOBY

お笑い界の大御所、志村けんさんの愛車まとめ【芸能人の愛車】

「アイーン」や「だっふんだ」などのギャグでお馴染みのコメディアン・志村けんさん。伝説のコント番組「8時だョ!全員集合」で人気を掴み、現在ではお笑い界の大御所として、活躍を続けています。そんな志村さんは、一体どんな車に乗っているのか?この記事では、志村けんさんの愛車についてまとめています。

アイーンでお馴染みの志村けん

志村けんの画像です。

出典:http://goo.gl/

「アイーン」や「だっふんだ」「バカ殿」などで有名な、お笑い界の大御所、志村けんさん。
故いかりや長介さんがリーダーを務めていた伝説のコントグループ「ザ・ドリフターズ」のメンバーとして「8時だョ!全員集合」などに出演し、お茶の間の子ども達から絶大な人気を得ていました。

「8時だョ!全員集合」の終了後もお笑いの第一線で活躍し続け、現在では萩本欽一さんやビートたけしさんなどに次ぐ、お笑い界の大御所として、老若男女に親しまれています。

そんな大御所である志村さんは、当然お金の方もたくさん稼いでおり、その年収は3億7,000万円を超えるそうです。
お金がある大物芸能人は、大体高級な外車に乗っているというイメージがありますが、果たして志村さんの愛車は、一体どんな車なのでしょうか?

キャデラック・エスカレード

4代目 キャデラック・エスカレード

キャデラックエスカレードの画像です。

「キャデラック・エスカレード」は、アメリカの自動車メーカー・ゼネラルモーターズがキャデラック・ブランドで販売している大型高級SUVです。
1999年に発売された初代モデルは、頑丈なラダ―フレームを採用し、強力なV型8気筒エンジンを搭載していました。

また、初代以降もラダ―フレームとV8エンジンは引き継いでおり、頑丈でパワフルな高級車として、セレブから根強い人気があります。
志村さんが愛車にしているモデルは不明ですが、とってもパワフルなキャデラック・エスカレードは、志村さんのエネルギッシュなイメージにピッタリの愛車だと言えますね!

現行型キャデラック・エスカレード新車価格:1249~1349万円

キャデラック・エスカレード 試乗動画

キャデラックの歴史を紹介!

メルセデス・ベンツ V350

2代目 メルセデス・ベンツ・Vクラス V350

次に紹介する志村さんの愛車は、ドイツの自動車メーカー・メルセデス・ベンツが販売しているミニバン「メルセデス・ベンツ・Vクラス」です。
Vクラスは、商用車の「Vito」を乗用車に仕様変更したモデルで、1998年に発売されました。
また、ベンツで唯一のミニバンでもあります。

志村さんが所有しているモデルは、2代目VクラスのV350で、エンジンは3.5LのV型6気筒エンジンを搭載しています。
V350の室内空間には、7人乗り3列シートや対座シート、電動スライドドアなどの装備も充実しており、ベンツの名に相応しい快適性と高級感を備えています。

付き人や友人も多い志村さんにとって、7人乗りのミニバンであるV350は、とっても実用的な愛車だと言えるでしょう。

メルセデス・ベンツ・Vクラス V350新車価格:430~710万円

“V”の名称が復活したM・ベンツ製ミニバン
1ボックススタイルの3列シートをもったマルチパーパスビークル「ビアノ」の名称が、他のM・ベンツ同様にアルファベットで表される「Vクラス」へと変更された。同時にエンジンや装備も見直されている。エクステリアでは、17インチアルミホイールや、2~3列目サイドウインドウとリアウインドウにプライバシーガラスを採用したのが変更点。さらに、ルームミラー内のモニターに、クルマの死角(車体左前)を映す、サイドビューカメラも標準装備とした。車体のリアオーバーハングを延ばし、ラゲージスペースを拡張したロングを含む3グレードを用意。V6エンジンは3.2Lから3.7Lへと排気量アップされる。いずれも右ハンドルのみの設定。

出典:http://www.isize.com/

現行モデルのVクラスはこちら!

ベンツの歴史はこちら!

ロールスロイス・ファントム

出典:http://www.goo-net.com/

最後に紹介する志村さんの愛車は、イギリスが世界に誇る高級車メーカー・ロールスロイスが販売する最高級サルーン「ファントム」です。

2003年に発売されたファントムは、ロールスロイスがBMW傘下に入ってから、初めて発売されたモデルです。
強力なV型12気筒エンジンを搭載し、特徴的なコーチドア(観音開き)を採用したファントムは、車体の隅々に至るまで、徹底的に贅を尽くしたつくりになっています。

志村さん以外でファントムを所有している日本の芸能人が、ビートたけしさんや美川憲一さんといった超大物クラスであるということからも、ファントムが一般庶民の手には届かない車だということが分かります。

そんなファントムですが、2016年内をもって生産を終了してしまいます。
そうなると、新車で手に入れる機会はもう来ないかもしれませんので、ファントムが気になっているお金持ちの方は、お早めにどうぞ!

ファントム新車価格:5,167~5,995万円

最新の素材を使った最高級モデル
世界最高級のクルマを作ることで知られる伝統的な自動車メーカーがロールスロイス。本来は英国の会社だったが、経営が悪化したため90年代からドイツBMWの傘下に入った。グッドウッドを拠点に再スタートを切った後で登場した最新モデルがファントムで、4ドアセダンのボディは全長が6m、全幅が2m、全高は1.7mに達する堂々たるサイズをもつ。ボディパネルの90%をアルミ化しているが、それでも車両重量は2600kgに達する。エンジンはBMW製の6.7LのV12で、6速ATと組み合わされる。インパネの全面をウッドパネルで覆うなど独特の高級感が演出されている。

出典:http://www.isize.com/

ロールスロイス・ファントム 試乗動画

ロールスロイスの歴史を紹介!

ロールスロイスの現行車種を紹介!

実は免許を持ってない!?お笑い界の大御所・志村けん

出典:http://goo.gl/

すごい高級車を所有している志村けんさんですが、実は運転免許証を持っていないそうです。
なんと、車の運転は専属の運転手(付き人も兼任?)がやってくれるそうなので、自分で運転する必要がないとのこと。
さすが、志村けんさん。最後にオチを用意してくれていましたね。

こんな所でも大御所らしさが出ている志村さんは、今年で66歳になりましたが、決して衰えてはおらず、生き生きした姿をテレビで見ることができます。
健康オタクとして、自身の健康にも非常に気を使っているそうなので、これからの活躍も益々楽しみになりますね!

他の大御所芸能人の愛車はこちら!