セルシオの年間維持費まとめ!車検費用や税金や修理費や保証や燃料費など

トヨタが世界に誇る最高級セダン、セルシオの年間維持費を試算しまとめました!10年〜20年も前の車ではありますが、当時の技術、走行性能は今でもまったく引けを取らず中古車市場でも無数に取扱がある人気車種となっています。ただ、自動車重量税、自動車税は重課税といって割高になる制度があることや修理費など注意点があります。その注意すべきポイントとは?

セルシオってどんな車?~概要と中古車価格〜

初代 セルシオ F10型 (1998-1994年)

セルシオ F10

出典:http://gazoo.com/

トヨタ・セルシオはバブル景気の真っ最中、1989年に誕生した高級セダンです。
初代セルシオ(F10型)は、国内トヨタ販売系列店より先に、北米市場をターゲットにした高級ブランド「レクサス LS」でデビューしていました。
当初は日本で販売は見送られていたのですが、折からのバブル景気で国内販売が決定されたようです。

トヨタは、アメリカ車の高級セダン、キャデラックやリンカーン、ドイツ車のメルセデスベンツ、BMWといった世界的に名高い高級車と肩を並べるべく、グローバルスタンダードカーとして開発しました。
特に、静粛性と走行性能は徹底した開発がされ、北海道に専用のテストコースを作ったまほどでした。

北米でのレクサスLSは発売以来、その卓越した静粛性と走行性能が高く評価され、他の高級車メーカーを驚愕するほどとなり、販売台数も勢いよく伸びてデビューから最も早くブランドを確立した高級車の1台となりました。

初代 セルシオ F10型 の中古車市場価格

初代モデルは、1989年~1994年式となり、20万~100万円で販売されています。
最多販売価格帯は20~50万となりますが、20年以上前の車で在庫数が非常に少なくなっています。

初代セルシオの購入を考えていらっしゃる方は、改造車に注意してください。(暴走族が好む車で、違法改造や車に大きな負担のかかる改造をしてあった可能性があります。)

2代目 セルシオ F20型(1994-2000年)

2代目 セルシオ F20

出典:http://gazoo.com/

初代セルシオのデビューから5年後、2代目セルシオ(F20型)にモデルチェンジしました。
初代セルシオは世界最高レベルの高級車の座を獲得し、当時はモデルチェンジはまだ先かと思われていましたが、トヨタはさらなるブラッシュアップが必要と考え、フルモデルチェンジをしたのでした。
フルモデルチェンジではありますが、デザインとパワートレインの大幅な変更はなく、より完成度を高めた正常進化系といえるものでした。

2代目 セルシオ F20型の中古車市場価格

2代目セルシオは、1994-2000年式となり、20万~30万円台が最多販売価格帯となっています。
初代に比較すると在庫数は増えますが、中古車の初代セルシオと同じく、改造歴がないかどうかが購入時の注意点の1つとなります。

3代目(最終)セルシオ F30型(2000-2006年)

セルシオ F30型

出典:https://gazoo.com/

2000年にセルシオはフルモデルチェンジされ、F30型となりました。
このモデルチェンジでは外装に大きな変化があり、曲面が多用されたデザインが特徴的です。
エンジンはV8・4.6Lへと変更されました。
空力面では進化し、世界最高レベルの Cd値:0.25 となりました。
内装は、世界有数の高級ホテルチェーン、リッツカールトンの客室を、シートはブリティッシュエアラインズと日本航空のファーストクラスシートを参考にしたという、世界レベルの高級車にふさわしい仕上がりになっています。

2003年のマイナーチェンジでヘッドライト、ボンネットなどのデザイン変更を受け、ATは5速から6速になりました。

2005年からレクサスブランドが日本にも上陸、展開することとなり、セルシオの名はこの3代目で終わり、レクサスLSへとバトンが渡りました。

3代目 セルシオ F30型の中古車市場

2000~2003年式の前期型で、50万円台が平均的な価格帯となっています。
2003~2006年式の後期型では50万から70万台が多い価格帯となっています。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す