初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ新型エスクード|スペック・価格・口コミ評判総まとめ

大航海時代の男のロマン、冒険心などを重ねて製造された「エスクード」に新型が発表され、欧州ではすでに公開されています。今回は男のロマンが詰まった新型「エスクード」についてまとめました。

おすすめ関連記事

エスクードのマイナーチェンジ最新情報をチェック!

スズキ新型エスクードマイナーチェンジ情報|2017年秋に公式発表?価格と燃費は

新型エスクードは全く新しいコンパクトSUV

スズキは2014年10月2日にフランスパリモーターショーにおいて、新型ビターラを初公開しました。ビターラというのは欧州市場に投入された初代「エスクード」の現地名です。
現行モデルは全幅1810mmと大型化していたのですが、新型「エスクード」ではコンパクトSUVにモデルチェンジしておりエンジンも2,4Lから1,6Lにダウンサイジングを実現しています。

日本では2015年10月15日に発売されました。

価格は212万〜242万円となっています。
比較的、安価なSUVと言えますね。

スズキ ビターラ 2015年型

エンジンは直列4気筒でオールグリップという最新4WDシステムを搭載し、走行シーンや路面の状態いよってオート、スポーツ、スノー、ロックの4モードに切り替えて走行することができます。
燃費の種類はガソリンとディーゼルの2種類があり、ガソリン車では5速MTと6速ATが選べます。ディーゼル車では6速MTだけになります。
国産コンパクトSUVでディーゼル車は珍しく、この車にはスズキの技術が詰まった1台といえますね。

デザイン、走行性能、安全性能、環境性能など、あらゆる面で進化させた全く新しいコンパクトSUVである。卓越した走行性能を追求しただけでなく、ユーザーのライフスタイルを反映できるクルマとして開発した。

出典:http://www.suzuki.co.jp/

エスクードのエクステリアは流行りのバイカラー

スズキ ビターラ 2014年型

美しい光沢感のある塗装を使用しておりカジュアルでもありますが高級感もありますね。色合いはスズキハスラーに似ていて非常に人気のデザインが採用されています。
見た目はデザインに凝ってもいますが流行りのバイカラーなので女性にも人気が出てくる色使いだと思います。
国内で発売されるのが待ち遠しいです!

色は単色から2トーンカラーが選択できるため自分にあった色を探すのもおもしろそうです。
気に入った色の「エスクード」でドライブにいきたいですね!

新型「エスクード」のスペックは?

スズキ ビターラ ハンガリー

ボディサイズは全長4175mm、全幅1775mm、全高1610mmで、スズキSUVの伝統を継承したデザインです。
ガソリン車とディーゼル車がありともに直列4気筒でガソリン車最大出力120ps、最大トルク15,9kbmとなっています。

軽量化やダウンサイジングにより優れた燃費性能や新世代4WDシステムALLGRIPや、衝突被害軽減システムレーダーブレーキサポートや、前の車両との距離を測って自動で加速したり減速するアダプティブクルーズコントロールなどの先進技術が詰まっている一台です。
これぞスズキSUVの集大成といえる一台ですね!

新型「ビタ­ーラ」は、コンパクトクロスオーバーSUV、新世代SUVと位置付けているようだ。「SX4クロスオーバー」に近いスペックとなるので「SX4クロスオーバー」の後継モデルと思っても良いかもしれませんね。

出典:http://news.happy-affiliate.com/

新型エスクードの走りはとても安定していますし、上り下りも安心できますね。
この車なら雪道や、険しい道や、急な登り坂も安心して運転を楽しむことができそうです。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社