MOBY

事故以外にも証拠に!ドライブレコーダーで警察の誤認検挙を撲滅!

ドライブレコーダーが役立つのは交通事故のときだけではありません。自然と安全運転を心がけ、事故防止につながったり、旅行先での思い出として記録を残すことができます。 しかし、今回は警察の誤認検挙というあまり知られていない活用法をご紹介をご紹介します。

ドライブレコーダーとは?

トラックやタクシー業界から普及してきた「ドライブレコーダー」は近年、一般ドライバーにも大きく注目されている車載アイテムです。略して「ドラレコ」と呼んだりもしますね。

「ドライブレコーダー」は皆さんご存知の通り、運転中の映像と音声を記録する装置です。

一般的な認識では、事故の証拠として利用するというのが定説でしょうか。

ドライブレコーダーの役割

出典:http://traffic-accident.biz/

交通事故の場合、当事者同士や目撃者の証言に食い違いがあり、事実を判断するのが難しい時もあります。
場合によっては自分は悪くないのに、加害者となる相手側の理不尽な証言により、過失割合が変わってしまうこともあるのです。

相手が最もらしい事を言っていれば、いくら自分が正論を言っていても証拠がなければ、警察も保険会社も正しい判断は出来かねてしまいます。

そういったときに活躍してくれるのが「ドライブレコーダー」という訳ですね。実際の映像以上に証拠となるものは存在しません。

また、ドライブレコーダーは安全運転を促す役目もあるようで、事故そのものの防止にもなるというデータもあります。

自分の運転を映像として残すことができるので、楽しいドライブの思い出や、自分の運転を見直すような使い方も出来ます。

事故だけではないこんな場面にも

まずは下記の、動画をご覧ください。

婦警さん危うく誤検挙! しっかりしてね~。

踏切一時停止 これ止まってる?止まってない?

これは、警察による誤認検挙の瞬間の映像です。
ひとつ目の「警察による誤認検挙の瞬間!」では、婦警さんがここぞとばかりにドライバーに詰め寄り、違反切符を切ろうとしています。
しかし、「ドライブレコーダー」の一言で態度が急変し、見逃してもらっています。

ふたつ目は踏切の一時不停止を指摘しています。
見ると一目瞭然ですが、しっかり踏切の前で一度、停止しています。
おそらく、この車の前を走っていた車と見間違ったものと思われます。
動画は途中で終わっていますが、ドライブレコーダーの映像が動かぬ証拠となり見逃してもらえたものと思います。

どちらの映像も、ドライブレコーダーがなかったらと思うと、ぞっとしますね。

精神衛生上のためにも、ドライブレコーダーの使用は有効と言えそうです。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す