MOBY

MINIワールド炸裂?ミニの遊び心溢れる内装6選が超おしゃれ

ミニは楽しさは車に乗り込んだ瞬間から、始まっています。こんなにも乗員をワクワクさせてくれる魅力はどこにあるのでしょう?走っても納得のミニですが、今回はミニワールドが炸裂する、こだわりの空間をご紹介致します。

ファンの心を掴んで離さないMINI

たくさんの種類がある車の中で「ミニ」は独自の世界観を持った車です。
それは外観を見れば一目瞭然ですが、乗り込んでみるとさらに実感することでしょう。

今回はファンの心を掴んで離さない、ミニの遊び心溢れる内装をご紹介します。

「MINI」ってどんな車?

「クラシックミニ」と呼ばれていた2000年代以前は、数多くのメーカーに買収が繰り返されてきましたが、現在はドイツの自動車メーカー「BMW」に落ち着いています。
2001年にはBMW初代ミニが登場し、現在は第3世代となっています。

コンパクトな車体にパワフルなエンジン、ゴーカートのようなドライブフィールは乗ってみるとなお、他の車とは一線を画す魅力を持っているが分かります。

MINIの遊び心溢れる内装① 徹底的に円と楕円にこだわった内装

出典:http://minicooper-sketch.com/

センターディスプレイのトリム、エアコンのルーバー、ドアハンドルにドアトリム、ミニの内装はあらゆるものが円と楕円で統一されています。

これは初代BMWミニから現行モデルまで一貫されたコンセプトがあり、デザインは変わっても一目でミニと分かる統一感があります。

MINIの遊び心溢れる内装② 七色の「インテリアライトパッケージ」

出典:https://clubmini.jp/

出典:http://minicooper-sketch.com/

間接照明のLEDライトはスイッチひとつで様々なカラーに変更することができます。
カラーはその日のあなたのお好みで設定。夜間のドライブをムーディに彩ります。
ミニにはこのライトパッケージが標準またはオプションで設定されています。

MINIの遊び心溢れる内装③ センターメーターに液晶モニター

出典:http://www.thetruthaboutcars.com/

大きなセンターメーターがアイデンティティのミニ(第3世代では廃止)ですが、ナビの後付けが難しく、実用性はいまひとつでした。

しかし、第2世代では、メーターの内側に液晶モニターを装着できるオプションが設定されました。(MINIビジュアルブースト)
スピードメーターとディプレイを融合することで、より機能性の高いデザインになりました。

この液晶モニターは音楽プレイヤーやバックカメラの映像を映したり、iPhoneのアプリと連動したりと、より運転が楽しくなる機能が、搭載されています。

さらに、現行のミニクロスオーバーではオプションでカーナビとして利用できる機能も追加されました。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す