MOBY

日産180SX(ワンエイティ)の歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

ワンエイティSXはシルビアを北米市場で売るためにアレンジされたスペシャリティモデルですがシルビア以上に女性的でカッコイイスタイルは今も尚、人気のモデルとして実は世界中で走っています。あらためて乗って見たくなる程スマートで高性能なのです。180SXの歴史と中古車価格を紹介します。

日産180SXってどんな車?

初期型180SX

出典:https://www.japancar.fr/

出典:https://www.japancar.fr/

1989年にシルビアの姉妹車としてデビューしました。

その頃アートフォースシルビアというキャッチフレーズでとても人気が出たシルビアですが何やらヘッドライトの低い位置関係とやらで北米市場で売れないシルビアを助けるために登場したリトラクタブルヘッドライトを持つモデルなのです。

せっかくですからクーペを気取っていたシルビアの使い勝手を良くするハッチバックモデルとして登場しました。

また日産の901運動という技術世界一をかざして出来たモデルでもあります。

1980年代、日産自動車の販売シェアが落ち始め、日産社内も対策を練っていた。そこで浮上したのが901運動である。この計画は「1990年代までに技術世界一を目指す」という名の下、1990年代まで開発された全車種を対象にシャシー、エンジン、サスペンション、ハンドリング、そして品質向上などの技術開発に力を注いだ。

出典:https://ja.wikipedia.org/

その洗練したスタイルは今でも引けを取らない程に美しくまとまっています。

ですが一部では、ガラス面積が多いために重たいシルビアとか言われてしまう場面もあり、現在では、ゲームなどに登場した事もありドリフトカーの様な言われかたもしていますが、2代目シルビアの秘書の乗るプライベートカーのような美しいスタイリングを持つ素晴らしいFRスポーツとして心に刻まれています。

名車、日産シルビアの長い歴史を全て振り返りたい方はこちら

2代目シルビアの美しいシルエット

出典:http://car-l.co.jp/

エンジンは1.8L直列4気筒ターボのみで発売されました。

またハイキャスという後輪でもハンドルを切るシステムがこんな昔からオプション採用されていたモダンなモデルなのです。

ハンドルを切るとは言ってもほんの僅かで小回りをしたい時は反対にわずかに向けて小回りをあっせんしたり、高速走行では前輪と同方向にわずかに切る事により車線変更の時に水平移動がしやすいなど、その後、その技術は、運転がしにくいなど無くなってしまいましたが安全性能として当時優れたものでした。

初期型180SX(RS13)CM

中期型180SX

出典:http://www.boostcruising.com/

1991年から中期型に移行されましてバンパーのデザインなどが変わりました。
エンジンは2.0Lターボになりました。またシートはヘッドレスト一体型から分割式になりました。

中期型180SXをちょっとチューニングすると

出典:http://www.favcars.com/

ちょっぴりアレンジすると益々美しい!姉妹車として誕生しましたがやはり女性的です。

出典:http://www.favcars.com/

チンスポイラーやサイドアンダーカバーにレーシングドアミラーカバーにリヤスポイラーも合わせて、これからの日本にも必要な美しさが輝いていました。
ここまで美しいグラスキャノピーを持つ、ライティング次第ではオープンカーに見えてしまいそうなシルエットを低く抑えてトップを飛ばすデザイン!マフラーエンドもシンプルに太く最高のサウンドを聴かせてくれそうなスタイルが出来るモデルなのです。

中期型180SXの内装

出典:http://www.favcars.com/

出典:http://www.favcars.com/

内装はサクッとシンプルに、中期型では、まだエアバッグハンドルとか無い時代でした。
当時でイタリアのハンドルなどに交換が流行したりしていました。
空間もシンプルに大きなヘッドレストがセクシーです。

販売期間 1989年-1996年
乗車定員 4人
ボディタイプ 2ドア ハッチバック

180SXのエンジン

出典:http://www.favcars.com/

2種類のエンジンスペックは、

エンジン CA18DET型:1.8L 直4 DOHC ターボ
最高出力 175PS/6,400rpm
最大トルク 23.0kg·m/4,000rpm
変速機 フロア5速MT/フロア4AT
駆動方式 FR
サスペンション 前:ストラット
後:マルチリンク
全長 4,540mm
全幅 1,690mm
全高 1,290mm
ホイールベース 2,475mm
車両重量 1,120kg

中期型からグレードアップして
エンジン SR20DET型:2.0L 直4 DOHCターボ
最高出力 205PS/6,000rpm
最大トルク 28.0kg·m/4,000rpm
変速機 フロア5速MT/フロア4AT
駆動方式 FR
車両重量 1,270kg

※中期型180SXのノーマル

出典:http://www.favcars.com/

出典:http://www.favcars.com/

カッコイイ180SXばかりでしたが、中期型のノーマルでは、いたってシンプルな外装です。
シンプルなデザインとは裏腹に、基本スタイルがあって初めて作れる美しさがあり、シャープでスポーティーなラインが特徴的です。
また、昨今のクルマではあまり見ることのできない低いボディサイズも魅力の一つと言えるでしょう!

日産 180SX CM

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す