初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

チャイルドシートの着用義務は何歳まで?法律違反の罰則などまとめ!

チャイルドシート使用義務が免除されるのは、どんな場合?

物理的にチャイルドシートが付けられない場合

具体的にいうと次のような場合となります。

・古い車などで、座席にシートベルトが装備されていない場合
・4点式、5点式など多点式シートベルトが装着されている場合

道路交通法施行令の一部を改正する政令(平成11年政令第229号)「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」第二六条三の二の3の一で次のように定められています。

その構造上幼児用補助装置を固定して用いることができない座席において幼児を乗車させるとき

出典:http://www.houko.com/

たくさん子供を乗せる場合

乗車定員数の範囲内であるが、子供の数が多く人数分のチャイルドシートを物理的に付けられない場合が免除となります。

例えば、7人乗りのミニバンで子供が9人乗る場合です。

道路交通法施行令の一部を改正する政令(平成11年政令第229号)「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」第二六条三の二の3の二で次のように定められています。

運転者席以外の座席の数以上の数の者を乗車させるため乗車させる幼児の数に等しい数の幼児用補助装置のすべてを固定して用いることができない場合において、当該固定して用いることができない幼児用補助装置の数の幼児を乗車させるとき。(以下略)

出典:http://www.houko.com/

子供が病気やケガでチャイルドシートの使用が適当ではない場合

ケガ

例えば、骨折や脱臼などのケガ、アトピー性皮膚炎などチャイルドシートを使用すると療養上問題が発生する場合となります。

道路交通法施行令の一部を改正する政令(平成11年政令第229号)「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」第二六条三の二の3の三で次のように定められています。

負傷又は障害のため幼児用補助装置を使用させることが療養上又は健康保持上適当でない幼児を乗車させるとき。

出典:http://www.houko.com/

子供の体型がチャイルドシートが合わない場合

太った

例えば、身長が平均より著しく低いか高い場合、肥満などでチャイルドシートの仕様上の適正身長と合わない場合となります。

道路交通法施行令の一部を改正する政令(平成11年政令第229号)「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」第二六条三の二の3の四で次のように定められています。

著しく肥満していることその他の身体の状態により適切に幼児用補助装置を使用させることができない幼児を乗車させるとき。

出典:http://www.houko.com/

一時的な子供の世話のとき

授乳

例えば、授乳、おむつ替えのとき、一時的にチャイルドシートから子供を降ろして子供の世話をする場合が免除対象となります。
原則として、チャイルドシートを装着していることと、チャイルドシートから降ろさないとできない世話に限定されます。

道路交通法施行令の一部を改正する政令(平成11年政令第229号)「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」第二六条三の二の3の五で次のように定められています。

運転者以外の者が授乳その他の日常生活上の世話(幼児用補助装置を使用させたままでは行うことができないものに限る。)を行つている幼児を乗車させるとき。

出典:http://www.houko.com/

緊急の場合

ケガ 子供

他人の子などの病気やケガで緊急事態で病院へ搬送する場合、事件などで警察へ搬送する場合がチャイルドシート使用が免除されます。
当たり前といえば、それまでですが法律で定められています。

道路交通法施行令の一部を改正する政令(平成11年政令第229号)「座席ベルト及び幼児用補助装置に係る義務の免除」第二六条三の二の3の八で次のように定められています。

応急の救護のため医療機関、官公署その他の場所へ緊急に搬送する必要がある幼児を当該搬送のため乗車させるとき。

出典:http://www.houko.com/

その他チャイルドシートが免除される条件

■バス・タクシーに乗るとき
■特別な許可を受けたドライバーの運転する車に乗せるとき

チャイルドシートは子供の命を守る大切な装置

着用義務は絶対守りましょう!

チャイルドシートに関する法律や義務はいかがでしたか?

今回は、チャイルドシートの着用義務、何歳まで着用しないといけないのか、違反と罰則はどうなっているのかについてご紹介しました。
子供の年齢や罰則などの法律だけにとらわれないで、子供の安全のためにチャイルドシートやジュニアシートを適切に使用するようにしましょう。

関連するおすすめ記事

春は特に厳しく取り締まられます

この記事の執筆者

サトー・ルノーこの執筆者の詳細プロフィール

自動車専門のライターをしています。愛車遍歴はシボレー・カマロから近所の自動車修理工場で放置されていた3万円のカローラ2まで多岐に渡ります。自動車整備から保険まで幅広い経験を持っています。最も愛する車は1960〜70年代のシトロエンDSとシボレー・インパラ。...