MOBY

チャイルドシートの着用義務は何歳まで?法律違反の罰則などまとめ!

チャイルドシートの着用義務は何歳まで?違反したときの罰則は?…などのチャイルドシートに関わる法律についてわかりやすく解説します。年齢条件や免除される場合はきちんと把握されていらっしゃいますか?難しい道路交通法ですが、正しく理解しましょう。

チャイルドシートに関する法律とは?

道路交通法では、「幼児用補助装置」つまりチャイルドシートの使用が定められています。

自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置 [中略])を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。

出典:http://law.e-gov.go.jp/

チャイルドシート使用義務は何歳まで?

前述の道路交通法でチャイルドシートは「幼児」に使用義務があるとしています。

道路交通法で幼児は「6歳未満」となります。
つまり、5歳までがチャイルドシートの使用が義務付けられています。

道路交通法第14条第3項で幼児の年齢が定義がされています。

児童(六歳以上十三歳未満の者をいう。以下同じ。)若しくは幼児(六歳未満の者をいう。以下同じ。)

出典:http://law.e-gov.go.jp/

4歳からのチャイルドシート!ジュニアシートに関して詳しくは以下の記事

チャイルドシートの使用義務に違反したときの罰則とは?

罰則

チャイルドシートを付けないで幼児を乗せて運転した場合、座席ベルト着用義務違反となり、1点の罰則となります。
反則金はありません。

尚、次の場合は、チャイルドシート使用義務が免除されます。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す