テスラの新機能サモンとは?リモート自動駐車機能のやり方を徹底解説

アメリカの新興電気自動車メーカーであるテスラモーターズは、2016年5月18日に新型モデルSの先行試写会を行いました。その際に、スマートフォンでモデルSを自動駐車できる驚きの新機能「サモン」のデモンストレーションを行いました。今回は、そのスマートフォン自動駐車というテスラらしい先進的な機能サモンをご紹介します。

テスラ新型モデルSの試写会で新機能サモンを公開!

新型モデルSを公開!

2016年5月18日、テスラモーターズの日本企業であるテスラモーターズジャパンはマイナーチェンジを行った新型テスラモデルSの試写会を行いました。

フェイスリフトを刷新したり、様々な進化を遂げたモデルSの詳細は以下をご確認ください!

テスラの驚くべき新機能「サモン」を公開!

出典:http://www.engadget.com/

テスラは同試写会で、モデルSを使った新機能サモンのデモンストレーションを行いました。

サモンとは英語で「召喚」するという意味。
サモンはその名の通り「車を召喚する」自動駐車機能となっているようです。

また、テスラは車としては革新的なソフトウェアを更新することによって新機能を追加できる仕様になっているので、現在のテスラモデルSでもこの新機能サモンを利用することができます。

どうやってテスラを「SUMMON」するの?

自動駐車機能サモンの使い方を解説

出典:http://goo.gl/

新機能サモンはの使い方としては、専用のスマートフォンアプリをダウンロードし、そのアプリを操作することで車外から人の乗っていないモデルSを動かし入出庫を行います。
ただ、動かすことのできる方向や範囲は決まっていて、前後12mのみとなっています。

入庫の際には、車庫の近くに車を止めパーキングにしてから車外に出て、スマートフォンを操作します。出庫の際には逆に、車に乗らずに出庫できるという訳です。
ドアの開閉ができないほど狭い駐車スペースなどでは非常に便利そうですね。

スマートフォン上では「前進」「後進」のボタンがあり、そのボタンを長押ししている間、車が動きます。
また、障害物や壁は自動で検知し停車するようになっています。

SUMMONを使った自動駐車の様子を動画でチェック!

人が乗ってないのに動いてる!




実際にサモンによって、モデルSが駐車されている様子です。
分かってはいても、無人の車が動くというのは奇妙ですね。

前進と後進しかできないとのことなので、駐車がうまくいかないのではないかと心配された方もいらっしゃるかもしれませんが、動画を見る限り自動でハンドルが動いていますので、スペースに合わせた微調整は可能なようです。

BMWの自動駐車についてはこちら!

未来の機能を続々と実現していくテスラ!

サモンでさらに一歩未来へ!

テスラモーターズのロゴ

テスラの新自動駐車機能「サモン」はいかがでしたでしょうか。

サモンのデモンストレーションを実施した、モデルSの試写会で、日本法人の社長であるニコラ・ヴィレジェ氏は「家からオフィスまで、車を呼び出すという夢が実現する日もそう遠くはない」と語ったそうです。

長距離走行が可能な電気自動車や、自動運転など革新的なことを次々と実現させていくテスラには毎回驚かされます。

自動車業界の未来を切り開いていくテスラから、今後も目が離せませんね。

おすすめの関連記事

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す