初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ日本未発売車 パイロット・シビック・アコードクーペ【特選逆輸入車】

ホンダ車のうち日本では販売されていない海外専売モデルをご紹介します。USホンダ(アメリカ)、UKホンダ(イギリス)ではラインナップが異なっているのはご存知でしたか?SUVのパイロット、シビックのセダン、ハッチバック、クーペの3モデル、アコード・クーペの3車種の外装、内装、スペックをまとめました。

ホンダの名車が海外専用モデルに?日本未発売の理由とは?

ホンダ ロゴ

1980年代から1990年代前半には、ホンダには、シビック、アコードクーペなどといった大人気の車がありました。
この時代を知っている方は、この記事のタイトルを見て懐かしいと思いつつも、海外専用モデルとなっていたことを知らなかったという方がいらっしゃるのではないでしょうか?

日本の自動車市場は、ミニバン・SUV・軽自動車・コンパクトハッチバックといったカテゴリーが中心となり、クーペなどの2ドアスポーツモデル、セダンは売れなくなり、ラインナップから消えていった名車が無数に出てきました。

ホンダもこの市場の変化に対応し、スポーツタイプ、セダンは日本国内では販売されず、北米を中心とした海外専用モデルとして販売されました。

この記事では、それら海外専用モデルをご紹介します。

2017年1月13日東京オートサロン2017で発表された新型シビックの記事

USホンダ シビック・セダン/ CIVIC Sedan

ホンダ・シビック4ドアセダンは、USホンダ(アメリカ)のみのモデルとなっています。
ハイブリッドエンジンを搭載したモデルは、CIVIC HYBRID 、ガソリンエンジンは、CIVIC Sedan とカーラインナップ上は分けています。

シビック・セダンは、最高出力174馬力の直4 ターボ 1.5L エンジンに、CVT のパワートレイン、最高出力158馬力の、直4 2.0L i-VTEC には、CVTと6速MT のパワートレインの構成となっています。

シビックが国内販売されていたときのボディサイズは5ナンバー枠におさまる小型自動車でしたが、アメリカ仕様のシビックは、日本では3ナンバーの普通自動車よりも大きめのサイズです。
しかし、アメリカでは小さい方のサイズとなります。

米国仕様 ホンダ・シビックセダン 2015年型

上の写真は、シビック・セダン、下の写真は、シビック・ハイブリッドです。
グリルのデザインが異なっています。

USホンダ シビックハイブリッド 2015年型
米国仕様 ホンダ・シビックセダン 2017年型
米国仕様 ホンダ・シビックセダン 2017年型 インパネ 内装デザイン
米国仕様 ホンダ・シビックセダン 2017年型 インパネ 内装デザイン

USホンダ シビック・セダンのスペック

車名HONDA CIVIC SEDAN
グレード構成ガソリンエンジン:5
ハイブリッドエンジン:2
エンジン直4 ターボ 1.5L ガソリン 174hp
直4 2.0L i-VTEC ガソリン 158hp
ハイブリッド i-VTEC 1.5L 110hp
トランスミッション6速MT
CVT
駆動方式FF
ボディサイズ全長 4.630 mm
全幅 1,798 mm
全高 1.414 mm
乗車人数5人

ホンダ シビックセダン 2015年

USホンダ シビック・セダンの新車価格と中古車価格

米国現地価格では、
18,640ドル(約205万円)〜 26,500ドル(約291万円)
となっています。
※カッコ内の日本円換算は2016年5月19日時点の為替レートに基づく。

日本での中古車市場では、シビック・セダンは非常に希少な車となっており、参考となる情報がない状況です。

UKホンダ シビック・ハッチバック

ホンダ シビックハッチバック 欧州仕様 プロトタイプ

シビックのハッチバックは、UKホンダ(イギリス)のみで販売されるモデルとなっています。
USホンダでは、ハッチバックの販売がありません。

シビック・ハッチバックは、「typeR」の日本国内限定販売が大きな話題となりました。
このUKホンダのシビック・ハッチバックは、typeR のベースとなっているモデルでもあります。

パワートレインは、最高出力100ps を発生する、1.4L ガソリンエンジンとMTの組合せと、最高出力142ps を発する1.8L ガソリンエンジンにMTとAT、1.6L ディーゼルエンジン+MTの3タイプとなっています。

UKホンダ シビック・ハッチバックの新車価格と中古車価格

イギリス現地価格では、
16,470ポンド(約265万円)〜 26,390ドル(約425万円)
となっています。
※カッコ内の日本円換算は2016年5月19日時点の為替レートに基づく。

日本国内での中古市場では滅多に出てないモデルとなっています。
このため、価格帯は不明な状況です。

次のページ

この記事の執筆者

サトー・ルノーこの執筆者の詳細プロフィール

自動車専門のライターをしています。愛車遍歴はシボレー・カマロから近所の自動車修理工場で放置されていた3万円のカローラ2まで多岐に渡ります。自動車整備から保険まで幅広い経験を持っています。最も愛する車は1960〜70年代のシトロエンDSとシボレー・インパラ。...