初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

カーオーディオ&カーステレオおすすめランキングTOP10!【2016年最新版】

車を持っている人のほとんどが装備しているカーオーディオとカーステレオ。もしくはカーナビを装着していると思いますが、最近はどのようなものが人気なのでしょうか?スマートフォン全盛期ということもあり、ほとんどのものがスマホ対応のものとなっています。それではランキング形式でご覧ください。

カーオーディオ&カーステレオとは?

「カーオーディオ&カーステレオ」とは名前の通り、車で音楽を聴くためのものです。

様々なメーカーから販売されていますが、種類は大きく分けて2つ。
音楽専用の1DINサイズのものと、カーナビのように比較的大きなディスプレイでワンセグやDVDが見れる付加機能のあるものに分けられます。

今回は人気の「カーオーディオ&カーステレオ」トップ10をランキング形式でご紹介します。

【10位】ケンウッド DDX6016W

特徴

こちらはディスプレイを搭載した多彩な機能が特徴のモデルです。
7インチディスプレイでDVDの再生、バックカメラとしての利用することもできます。iPhoneに入れた音楽やUSBメモリに保存した音楽の再生も可能です。

口コミ・評判

以前もKENWOODを使ってました。(安いので)
この値段でこの音質はお買い得です。
イコライザーはフラットの設定ですが、臨場感が出ます。(設定次第になります)

出典:https://www.amazon.co.jp/

価格

メーカー希望小売価格:オープン
価格(税込):27,800円(2016年5月現在)

こちらのカーオーディオの現在のAmazon最安値はこちら!

【9位】パイオニア DEH-4200

特徴

こちらは従来のカーステレオのようなシンプルなモデルですが、人気の秘密はスマートフォンとのリンクにあります。

「マルチディスプレイモード」でスマートフォンを接続すれば、シャッフルやリピート、曲戻し・曲送りもスマートフォンから操作することができます。
例えば、ラジオを聴きたいときもスマートフォンから局の設定もできます。

口コミ・評判

純正オーディオのCDが壊れて買い換えましたが、音質が良くなりました。
ワイドFM対応で、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送がFMで聞けます。
今まで聞きなれたAM放送局の番組をFMで聞くと、こんなにも音が良いのかと感動物です。
操作性については慣れが必要で、純正オーディオのようにボリュームつまみを押すと電源オン・オフになってくれると直観的に操作し易くありがたいのですが・・・ 
でもSRCボタンというのが電源オン・オフやソースの切替なので一度覚えれば問題ありません。
イルミネーションの色も青と赤を選べます。
圧縮オーディオをCD並みの音で楽しめる「アドバンスド・サウンド・レトリバー」も良いですね。
しかし、音質もよくなり多機能で、今やこの値段で買えるのですから満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp/

価格

メーカー希望小売価格:オープン
価格(税込):7,730円(2016年5月現在)

こちらのカーオーディオの現在のAmazon最安値はこちら!

【8位】 パイオニア MVH-5200

特徴

第9位の「DEH-4200」と大まかな機能は同じですが、「MVH-5200」はBluetooth対応でワイヤレス接続が可能なので煩わしいコードが不要な点が人気の秘密です。

さらにBluetoothのメリットを活かしてハンズフリー通話にも対応。運転中の電話も可能です。

口コミ・評判

もうCDは使っていないのでこれで十分。
iPhoneを使っていますが、エンジンをかけるだけで勝手にでBT接続されるので、音楽が簡単に聞けます。しかもiPhoneも勝手に再生を始めます。
ちゃんと続きから始まります。超便利。
ハンズフリーも問題ないです。

それからリモコンが付いているんだけど、最初は使わないと思っていましたが、ストーリミングで聞いている時など曲を頻繁に飛ばすので、ドアやハンドルにくっつけておくと便利。

かなり満足度高いです。

出典:https://www.amazon.co.jp/

価格

メーカー希望小売価格:オープン
価格(税込):9,700円(2016年5月現在)

こちらのカーオーディオの現在のAmazon最安値はこちら!

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す