初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型シボレーコルベットC8最新情報!発売日は2018年でミッドシップ&ハイブリッドか

ゼネラル・モータズ傘下のシボレーブランドが販売するアメリカンスポーツカー「シボレー・コルベット」。60年以上の歴史と伝統のV8エンジンで高い人気を誇ります。そんなシボレー・コルベットの新型が、2018年のデトロイトモータショーで初公開されるという情報を入手しました。この記事では、新型シボレー・コルベット“C8”の最新情報について紹介しています。

シボレーコルベットの新型が2018年に初公開!?

シボレー コルベット

ゼネラル・モーターズがシボレーブランドで販売するスポーツカー「シボレー・コルベット」の新型が、2018年のデトロイトモーターショーで公開されるということをアメリカの自動車専門誌「Car and Driver」が報じました。

シボレー・コルベットとは?

シボレー・コルベットは1954年に登場したアメリカンスポーツカーです。
現在までに6回のフルモデルチェンジを行っており、現行モデルは2014年に発売された7代目に当たるC7型となっています。

初代が1957年に登場してから現行7代目モデルに至るまで、強力なV型8気筒エンジンを伝統的に搭載しており、レースにおいても高いパフォーマンスを発揮する車として長年愛されてきました。

現行モデルのC7型には、最新技術を用いて製作された6.2L V型8気筒エンジンが搭載されており、最高出力は466馬力を発揮、僅か3.7秒で96.5km/hまで加速することが可能となっています。

この記事では、新型シボレー・コルベットについて現時点でわかっている最新情報を紹介しています。

アメ車についてはこちら

新型シボレー・コルベットC8型はミッドシップになる!


新型シボレー・コルベット“C8型”は、伝統のFR(後輪駆動)レイアウトからミッドシップレイアウトに変更されるようです。

昨年にはミッドシップレイアウトのコルベットのテストタイプと思われる車両も目撃されており、この情報の信憑性を高めています。

スクープ画像のコルベットC8は、現行型の「C7」のボディを被せて走行しているようですが、リアに見える2つの支えのようなものと、フラットな形状のリアセンター部から、ミッドシップレイアウトとなる可能性が推測されています。

新型シボレー・コルベットのコードネームは「ZERV」

C8型コルベットは「ZERV」というコードネームで開発が進められています。
このコードネームは過去に発表された「Chevrolet CERV Concept」と呼ばれるミッドシップスポーツカーのコンセプトモデルを由来としていることからも、C8型がミッドシップレイアウトになる可能性はかなり高いと思っていいでしょう。

コルベットのミッドシップ化は、2008年にシボレー社内で上がったようですが、リーマン・ショックの影響で白紙に戻されたそうです。

新型シボレー・コルベットがスクープ!エクステリアデザイン(外装)はどうなる?

2017年10月のスクープ

シボレー 新型コルベットの新たなスクープがSNSに投稿されて話題になっています。
米ミシガン州にてスクープされたこの段階では、まだまだしっかりとカモフラージュが施されていますが、それでも後ろに伸びたリアのデザインからミッドシップであることや、より短くなったオーバーハングなどにより、空力への影響も改善されていると見られます。
また、末広がり型のヘッドライトなども確認できます。

新型シボレー・コルベットのパワートレインは?ハイブリッドも?

(参考)マリブハイブリッドのエンジン

シボレー マリブハイブリッド エンジン

新型シボレー・コルベットは、2018年に最高出力450hp~500hpのOHV V型8気筒エンジンを搭載したベースモデルが登場し、2019年にはDOHC V型8気筒エンジン搭載モデル、そして2020年にはハイブリッドシステムを搭載した「E-Ray」と呼ばれるモデルが登場するとされています。

これが事実なら、歴代モデルで初のハイブリッド仕様のコルベットが誕生することになります。

最近のセレブは環境に優しい車を好み、ポルシェやフェラーリといったライバルメーカーもハイブリッドスポーツカーを続々と市場に投入しているので、コルベットのハイブリッド車の登場は当然の流れだと言えるでしょう。

初代から現行型までのシボレー・コルベットを振り返ってみよう

1957年式 初代コルベット C1

初代コルベット C1型の生産は、1954年から1962年です。

1962年式 初代コルベット C2 “コルベット・スティングレイ”

エイ(魚類)の一種アカエイ「スティングレイ」の名がついたコルベットです。
写真は1965年式で、2代目 C2型の生産は1963年から1967年でした。

3代目 コルベット

3代目シボレーコルベット C3型の生産は、1968年から1982年でした。
1969年式から「スティングレイ」の名称が復活しました。

4代目 コルベット C4型

4代目コルベットC4型の生産は、1983年11月から1996年です。
これまでのデザインを大きく変更しました。

5代目コルベット C5型

5代目コルベット C5型の生産は、1997年から2004年でした。
全モデルのデザインコンセプトを継承しています。

6代目 コルベット C6型

6代目コルベット C6型の生産は、2005年から2014年でした。

現行型 シボレーコルベット C7型

シボレー コルベット C7

現行型コルベット C7型は2014年にフルモデルチェンジしました。

シボレー・コルベット C7型の試乗動画

新型シボレー・コルベットの新車価格は?

お金 ドル 価格

新型コルベットの価格について、公式の情報はまったく出てきていませんが、大体65,000~95,000ドルからになると言われています。

なお、シボレーの車を日本で購入する場合、驚くほどの差額が付いてしまいます。
たとえばアメリカの現行型Z51パフォーマンスモデルは51,995ドル(574万円ほど)からですが、それに対して日本のZ51は価格は994万円と、本国に比べるとかなり割高です。
新型C8も本国よりかなり割高になる可能性が高いですが、少しでも求めやすい価格になってくれることを願いましょう。

新型シボレー・コルベットの発売日は?

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

新型コルベットの発売日についてわかっていることは、2018年のデトロイトモーターショーにて発表されるということのみです。

デトロイトモーターショーは2018年の1月から開始なので、もう間もなく新型コルベットを見ることができますね。
年明けを楽しみに待ちましょう。

新型シボレー・コルベットC8型に期待大!

(参考)コルベットカーボン65

新型シボレー・コルベットC8型の最新情報はいかがでしたでしょうか?

誕生から60年以上の歴史があるシボレー・コルベットは、モデルチェンジの度に新たな驚きを持って迎えられてきました。
今回のフルモデルチェンジで、一体どのような姿を私たちに見せてくれるのでしょうか?
2018年1月のデトロイトモーターショーが今から楽しみですね!

MOBYでは新型シボレー・コルベットの最新情報を今後も追っていくので、どうぞご期待ください!

スポーツカー・コンセプトカー関連の記事はこちらがオススメ!

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK