MOBY

貼らないと罰則?車検シールの見方と貼り方「フロントガラスの位置」再発行の方法も

車検を受けたら、必ずフロントガラスに貼りつける必要のある「検査標章(車検シール)」。車検シールを貼らないと罰則を科せられてしまいます。この記事では、車検シールの見方や貼り方、貼っていない場合の罰則や再発行の方法まで紹介しています。

車検シール(車検ステッカー)の貼り方、貼る位置に規定はあるの?

車検シールの貼り方、動画でも確認しよう

1.ステッカーのない半分(説明が記入されている方)を「きりとり」の部分で半分にする。
2.下にある「青シール」の上側半分を台紙からはがし、上にある「透明シール」の上側に貼りつける(透明シールの点線に沿って貼りつける)。
3.残り半分の「青シール」も台紙からはがして「透明シール」に貼る。
4.「青シール」を貼り合わせた「透明シール」ごと、台紙から剥がします。
5.車内のフロントガラス中央の、ルームミラーの根元あたりにシールを貼ります。これでシール貼りは完了です。

出典:http://www.goo-net.com/

車検シールを貼る位置は?

車検シールの貼る位置画像です。

出典:http://www.mlit.go.jp/

①:バックミラーを有する通常の車はバックミラーの裏、図Aの位置に車検シールを貼ります。

②:①に該当しない場合、運転席から最も離れた位置の上部、図Bの位置に貼りましょう。

③:フロントガラスの上部が着色されている場合、着色されていない部分、図Cの位置に貼ります。

車検シールを貼っていない車は違反!その罰則は?

車への車検シールの貼り付けと自動車検査証(車検証)の車載は道路運送車両法第66条で定められており、これを守らなかった場合、道路運送車両法第109条によって【50万円以下の罰金】が科せられます。

車検シールを貼っていない車が警察に見つかった場合、車検証を見せれば注意だけで済むことがほとんどですが、警察によっては罰金を課してくることもあるので、車検シールは必ず貼っておきましょう。

また、車検シールを貼っていないばかりか、車検すら受けていない車で公道を走ると、以下の罰則が科せられますので車検は必ず受けましょう。

・違反点数6点
・30日間の免許停止
・6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

道路運送車両法の条文

第六十六条  自動車は、自動車検査証を備え付け、かつ、国土交通省令で定めるところにより検査標章を表示しなければ、運行の用に供してはならない。

出典:http://law.e-gov.go.jp/

第百九条  次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。

出典:http://law.e-gov.go.jp/

八  第六十六条第一項(第七十一条の二第四項において読み替えて適用する場合を含む。)の規定に違反して、自動車検査証若しくは限定自動車検査証を備え付けず、又は検査標章を表示しないで自動車を運行の用に供した者

出典:http://law.e-gov.go.jp/

車検シールを再発行する方法は?

書類を書く

車検シールの再発行に必要な書類

車検シールを再発行する場合、以下の書類と手数料、印鑑が必要になります。
このとき、車検シールの再発行を受ける車を一緒に持っていく必要はありません。

≪普通自動車≫
1.車検証
2.検査標章(車検ステッカー)または理由書(紛失届)
3.検査標章再交付申請書(OCR第3号様式)
4.申請手数料(印紙代必要)
5.使用者の印鑑(認印)
6.委任状(本人以外が申請に行く場合)

≪軽自動車≫
1.車検証
2.検査標章(車検ステッカー)
3.検査標章再交付申請書(OCR軽第3号様式)
4.申請手数料
5.使用者の印鑑(認印)

出典:http://www.goo-net.com/

車検証は車検シールの再発行を受ける車両のものを用意し、車検シールの一部分でも残っている場合、それも提出する必要があります。

車検シールが一部分も残っていない場合は、紛失の理由を書いて提出しましょう。
車検シールを再発行するための申請書は各地方運輸支局の用紙販売所で入手でき、記入に要する時間も5分ほどです。

手数料の納付書も用紙販売所で入手できるので、それに登録印紙を貼り付けます。

車検シール再発行の手順

①車検証と印鑑、車検シールを持って最寄りの運輸支局に行き、申請書などを入手します。
②書類に必要事項を記入して、窓口に提出します。
③窓口で新しい車検シールと車検証を受け取りましょう。
④フロントガラスに新しい車検シールを貼りつけ、車検証も車に搭載して終了です。

※車検シールの再発行をすると車検証も新しくなります。

車検シール(車検ステッカー)は必ず貼ろう!

車検シールの見方や貼り方、再発行の方法はいかがでしたでしょうか?

車検シールを貼ることは愛車の安全を示す上でも大事なことですが、それ以前に重要なのが車検を受けることと、定期点検を行うことです。
中身の安全をしっかり確保した上で、車検シールを貼りつけましょう。

間違っても、古いシールを貼ったままにしたり、シールの偽装なんてしないで下さいね!

現在のお得な車検情報はこちらで確認

安心!確実!低価格!ホリデー車検

車検に関するこちらの記事もおすすめ!

車検に関係のない車のステッカーはこちら!

この記事の執筆者

しんどうこの執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す