MOBY

トランスミッションの意味と仕組み全種類まとめ!AT・MT・CVT・DCT・AMTとは?

トランスミッションの意味はご存知でしょうか。MT・AT・CVT・DCTなどさまざまなトランスミッションの意味や仕組みを1種ずつわかりやすくご紹介!車選びの参考に。仕組みや機構を知ることで、運転技術の向上、安全運転にもよい参考となります。

トランスミッションの意味とは?

トランスミッションとは日本語に直訳すると、自動車の分野で言えば「変速機」の意味です。
車の分野以外の意味はというと、伝達(すること・されること・されるもの)、伝染、メッセージ、伝導、伝動装置と訳されることもあります。

この記事では自動車で日常的に使われるトランスミッションのさまざまな種類について、まとめて解説させていただきます。

目次

■MT・マニュアルトランスミッションとは?
 ∟MTの歴史
 ∟フルシンクロメッシュ・トランスミッションとは?
 ∟「スリーブ」がギアチェンジの要!
■AT・オートマチックトランスミッションとは?
 ∟ATの仕組み
 ∟ATのギアチェンジ
■CVTとは?
 ∟CVTの仕組み
■DCTとは?
 ∟DCTの仕組み
■AMTとは?
 ∟AMTの仕組み

MT・マニュアルトランスミッションとは?

マニュアル車

マニュアルトランスミッションとは、手動(マニュアル)でギアチェンジを行う変速機(トランスミッション)のことをいいます。
通称、マニュアル車・MT車、単に「ミッション」などと呼ばれています。

マニュアルトランスミッションの歴史

クラッシックカー

自動車の歴史に関して詳しくはこちら!

この世に初めて自動車が誕生してから長い間は、マニュアル車だけでした。
また、そのマニュアル車のギアチェンジ操作は「ダブルクラッチ」と呼ばれるギアを入れ替える際にはクラッチを二度踏む操作が必要な機構でした。

※ダブルクラッチの操作方法などについては下記の記事をご参照ください。

マニュアル車のギアチェンジを簡単にした画期的な仕組みが誕生

現在のマニュアル車(MT車)は、ギアチェンジのとき1回クラッチを踏むだけの操作ですが、この操作が可能となったのは、「フルシンクロメッシュ・マニュアルトランスミッション」という機構が発明されたからです。

フルシンクロメッシュ・トランスミッションとは?

フルシンクロメッシュトランスミッションとは、常時噛み合い式歯車のこととなります。
古い車では、「1-2速シンクロメッシュ」という方式のものがあります。
これは、1速と2速がシンクロメッシュ機構でダブルクラッチ操作は不要、という意味になります。
すべてのギアでシンクロメッシュ機構が働くものを「フルシンクロメッシュ」といいます。
現在のマニュアル車は、フルシンクロメッシュとなります。

シンクロメッシュの機構をもう少し詳しく解説

フルシンクロトランスミッション

上の図のポイントは、

・1速から5速まですべてのギア同士が噛み合った状態
・スリーブが各ギアの間にある

こととなります。

「スリーブ」がギアチェンジの要!

フルシンクロトランスミッション

上の図は、2速にギアが入っている状態を示しています。
スリーブが2速ギアに、はめ込まれてエンジンの回転をタイヤ側に伝えています。

マニュアル車のギアチェンジというと、歯車と歯車を繋げたり離したりするイメージが強いですが、実際には、スリーブというものでギアチェンジをしていたわけです。

前述しましたが、高速で回転する歯車と歯車を入れ替えるのは、エンジン側の歯車とタイヤ側の歯車をタイミングよく噛み合わせないと、ギアが入ってくれません。
歯車を常時噛み合わせたままにしておき、スリーブで回転の伝達経路を変更させることで、スムーズにギアチェンジができるようにしているのです。

MT車の運転を思い出したいならこちら!

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す