スズキ ラパン攻略|実燃費と口コミ、最新値引き価格やライバル車比較など

アルトの派生車でありながらも、独自のスタイリングと世界観を持つ「ラパン」は、その可愛らしさが受けて、若い女性から絶大な支持を集めています。そんな「ラパン」の燃費と口コミ、最新値引き価格やライバル車比較を徹底的に調べてみました。

スズキ ラパンの歴史

同社の主力車種「アルト」は、男性や高齢者のユーザーが増え、女性層が減ってきたことが課題になっていました。そこで、改めて若い女性層にターゲットをターゲットに開発された「ラパン」の歴史を振り返ってみましょう。

初代 2002年~2008年

出典:http://www.suzuki.co.jp/

初代のラパンは弁当箱をモチーフとした丸みのある箱型の外観デザインが特徴。家電・家具・雑貨などを連想させるデザインのパーツを採用し、若い女性層にターゲットにして開発されました。

歴代モデルの中でもクラッシックなイメージが非常に強いモデルで、女性だけでなく男性でも乗れる車種として人気がありました。

低価格路線に進む「アルト」に抵抗感があるユーザーにとって、個性的な初代「ラパン」は、いつまでもあきないデザインと相まって、長く乗り続けられるモデルでもありました。

2代目 2008年~2015年

出典:http://www.suzuki.co.jp/

初めてのフルモデルチェンジモデルとなった2代目ラパンのデザインは、初代よりレトロ感を弱め、モダン指向のデザインとなりました。女性専用車種としてのイメージが確立したモデルに。

車内の各所にうさぎをモチーフとしたキャラクターを描いているほか、グッズ販売などエンターテイメント性を付加した商品訴求を行うなど、今までの軽自動車と異なる販売促進も行われています。

3代目 現行モデル 2015年6月~

出典:http://www.carsensor.net/

ラパンの現行モデルでは、女性ユーザーをより取り込むために「女性ワーキンググループ」を立ち上げ、企画・マーケティング段階だけではなく開発の各段階において女性ワーキンググループが携わることとなったモデルとなっています。

その結果、クラッシック路線は薄れ、こだわりの女性向けデザインと女性にうれしい機能を採用した女性目線を意識した車になりました。

女性を意識したことによって流行や雰囲気に左右されるという難点が出てきます。良い情報も悪い情報も一気に拡散されるので、女性ユーザーからの評判を上げることできれば、ラパンの人気は一気に出るでしょう。

スズキ ラパン車名の由来

出典:http://www.carsensor.net/

ラパン「Lapin」とはフランス語で「うさぎ」のこと。

正式車名は「アルトラパン」ですが、販売戦略上「アルト」とは別車種扱いになり、各種CMでは単に「ラパン」の表記になっていて、webサイトでも「ラパン」として別枠になっています。

しかし「アルト」シリーズであることは間違いなく、軽自協発表の販売統計でも「アルト」に合算されています。

スズキ ラパン現行モデルの概要

女性目線の車造りに徹したラパン

ラパンは購買層の中心となる若い女性をターゲットとした方向性がさらに明確になりました。シンプルでありながらよりオシャレ度が増して、もはや男性は乗ることの出来ない域に達しています。

ラパン現行モデルのイメージは2代目の上級モデルである「ラパンショコラ」に近く、「ショコラ」の人気が出たことを受けての開発となっています。

また軽量ボディと最新のパワーユニットを採用した8代目「アルト」をベースにしたことにより、女性仕様という見かけだけでなく、軽自動車にとって最重要事項である低燃費性能も手に入れることになりました。

女性仕様だからといって低燃費性能が劣っていては、いずれ見放されてしまいますが、「アルト」が徹底した低燃費性能を手にしたことで、派生車である「ラパン」もお財布に厳しい女性ユーザーが購入しやすくなりました。

スズキ ラパンの特徴 

エクステリアのデザイン

出典:http://www.suzuki.co.jp/

ラパンは初代から引き続き箱型フォルムは継承していますが、角を丸くしたBOX型でありながらも、まるみを感じるプロポーションを追求したデザインコンセプトとし、またヘッドランプやリアコンビランプは丸型に変更したことでよりかわいらしさが強調されたものとなっています。

さらに豊富なカラーバリエーションのボディカラーも女性が好む淡い色合が多く、ルーフがホワイトのツートンカラーと相まって、スタイリングの可愛らしさをより強調するものになっています。

内装のデザイン

出典:http://www.suzuki.co.jp/

ラパンのエクステリア以上に女性らしさ全開なのが内装で、ブラウンのテーブルをイメージして、ファブリック調のカラーパネルを採用した「シンプル」と、白木目調のカウンターをイメージし、光沢のあるカラーパネルを採用した「ナチュラル」の2種類のインパネデザインを設定、もはや車の内装を超えたデザインです。

さらに、ラパンの内装には文字盤と置時計のようなフォルムとした一眼タイプの盤面発光メーターを採用するなど、女性のアパートの一室という感じになっています。

ラパンのシートはモノトーン仕様のベージュ内装に加え、一部グレードでは2トーンシートも設定し、ボディカラーに応じてキルティング柄のキャメル内装やチェック柄のブラウン内装を用意するなど、男性陣は出入り禁止状態の女性の部屋そのもの!

低燃費性能

出典:http://www.suzuki.co.jp/

出典:http://www.suzuki.co.jp/

ラパンは「アルト」同様エンジンをR06A型に変更、アイドリングストップシステムもアイドリングストップ時間を拡大し、「エネチャージ」と「エコクール」も搭載し、さらに大幅な軽量化を行ったことで、JC08モード燃費を2WD車で35.6km/L、4WD車で33.2km/Lにそれぞれ向上しています。

重量は「アルト」よりあるので弱冠燃費は下回りますが、これなら十分なレベルといえるでしょう。

《JC08モード燃費率》
5AGS車 27.4~29.6㎞/L 
CVT車 33.2~35.6㎞/L

《車両価格》
1,077,840~1,492,560円

使い勝手

出典:http://www.suzuki.co.jp/

出典:http://www.suzuki.co.jp/

ラパンは前席のヒップポイントが高く、開口部の地上高が低いので、洋服を気にせずに乗り降りでき、フロントドアに中間2段ストッパーを採用したことで狭い駐車場でもスムーズに乗り降りできます。

また、低いダッシュボードのため前方の見晴らしがよく、ボンネットの見切りもいいため車両感覚がつかみやすく運転しやすくなっています。

ラパンは運転席と助手席のバニティーミラーでメイク直しも完璧、さりげなく身だしなみがチェックできます。「X」と「S」は照明付きなので、夜間でも使用可能です。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す