車検証の住所変更のやり方まとめ!必要書類&手続きの手間と費用は?

仕事や結婚、様々なことで引っ越しや転居が行わた際には、所有している車の住所変更も必要になります。面倒で難しいと感じてしまいがちですが、手順を理解すれば意外と簡単なものです。本記事では、車の住所変更をする時に用意するべき書類や費用、住所変更のやり方などを分かりやすくご紹介します。

車の住所変更時の必要書類「自分で行う場合」

出典:http://zeirishi-go.com/

所有者と使用者が同一名義

・住民票
発行日から3ヵ月以内のもの
・委任状
所有者の認印が押してあるもの
・車検証
・車庫証明書
発行日から大体1ヵ月以内のもの
・手数料納付書
・自動車税・自動車取得税申告書
・申請書

手数料納付書
自動車税・自動車取得税申告書
申請書
は、住所変更当日に用意して下さい。
住民票は車検証に書いてある住所から今の住所までの繋がりが分かる住民票が必要です。
何度もお引越し等をされている場合は、繋がりの確認ができる複数枚の住民票か、住所の変更履歴が記載された籍謄本の附票が別に必要となります。
2の委任状は、所有者本人が申請を行う場合には省略することができます。但し、認印の持参が必要となります。

所有者・使用者が違う名義で使用者の住所を変更

・使用者の住民票
発行日から3ヵ月以内のもの
・使用者の委任状
使用者の認印が押してあるもの
・所有者の委任状
所有者の認印が押してあるもの
・車検証
・使用者の車庫証明書
発行日から概ね1ヵ月以内のもの
・手数料納付書
・自動車税・自動車取得税申告書
・申請書

手数料納付書
自動車税・自動車取得税申告書
申請書の書類は、住所変更当日に用意して下さい。
使用者と所有者の委任状は、 申請を使用者か所有者本人が行う場合は、その方の委任状を省くことができます。
認印の持参が必要となります。
また、車検証記載の使用者の氏名をあわせて変更する場合も、こちらの書類で行うことができます。

所有者・使用者が違う名義で、所有者の住所を変更

所有者と使用者が同じ名義の場合の必要書類と同じです。

車検証記載の氏名も併せて変更

所有者と使用者が同一名義の場合

・戸籍謄本
発行日から3ヵ月以内のもの
が別途追加となります。
自動車の名義を変える場合は、こちらの変更登録ではなく、名義変更、正式には移転登録が必要になります。

引越しの際には、運転免許証の変更手続きも必要です!

車の住所変更時の必要書類「代行などお店に依頼をする場合」

紙とペン

出典:http://goo.gl/

所有者と使用者が同一名義

住民票
発行日から3ヵ月以内のもの
委任状
所有者の認印の押印があるもの
車検証
車庫証明書
発行日から1ヵ月以内のもの

住民票は、車検証記載の住所から今の住所までの繋がりが分かる住民票が必要です。複数回の引越lし等をしている場合は、繋がりの確認ができる複数枚の住民票か住所の変更履歴が記載された戸籍謄本の附票が別途必要となります。
車庫証明書は、併せてお店に依頼される場合は不要です。

所有者・使用者が違う名義で、使用者の住所を変更

・使用者の住民票
発行日から3ヵ月以内のもの
・使用者の委任状
使用者の認印が押してあるもの
・所有者の委任状
所有者の認印が押してあるもの
・車検証
・使用者の車庫証明書
発行日から1ヵ月以内のもの

車庫証明書は、併せてお店に依頼される場合は不要です。
また、車検証記載の使用者の氏名を併せて変更する場合も、こちらの書類で行うことができます。

所有者・使用者が違う名義で、所有者の住所を変更

所有者と使用者が同一名義の場合の必要書類と同じです。

運転そのものを代行してくれるサービスもあります!

住所変更費用

お金

変更登録手数料・350円
申請書の用紙代・100円位
ナンバープレートに変更がある場合・1,500円位
住所変更代行料などは依頼するお店やによって異なる料金となります/。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す